スタッフ対談

スタッフ対談「放射線科における女性医師の役割」

放射線科を選んだ理由

●杉村教授
皆さんはなぜ放射線科を選んだのですか?
●Hさん
もともと血管造影が大好きで循環器内科や脳外科などを考えていたのですが、細々とでもずっと続けていきたいと思ったときに、放射線科ならいろんな血管造影ができるかな、と思って選びました。
●Nさん
最初は内科系と思っていたのですが、麻酔科や放射線科も回ってみようと思って最初に放射線科に来たところ、放射線科は内科的な面もたくさんあって麻酔科よりも自分に合っていると思って選びました。
●Wさん
私は学生の時に実習で放射線学会を見学し、女性が結構活躍しているところを見て選びました。神戸大学出身なので、学生の頃から放射線科の先生にもよくしていただいたのと、ここで研修したこともあり、こちらの医局に入局しています。
●Sさん
私は学生のときにポリクリで回って、画像診断が一番面白そうだなと思ったのがきっかけですね。
●杉村教授
Sさんは学生時代から放射線科医を目指して勉強して、国際学会にも6年生のときから参加するぐらいネイティブな放射線科医ということで(笑)

医局に入ってみての印象

●杉村教授
医局に入ってみての印象はどうでしたか?
●Hさん
すごく活気があるな、というのが第一印象です。医局員の人数が多いので、いろんな分野でそれぞれ活躍されている先生がいるというのが魅力的でした。
●Nさん
Hさんと同じで活気があって大きくて、女性の先生もいらっしゃって色々な働き方があるんだな、と感じました。
●Wさん
ささいなことでも気軽に相談できて、快く教えていただける雰囲気です。
●Sさん
いろんな先生がいらっしゃるのですが、専攻医の面倒を見てあげようと思ってくださる先生もたくさんおられるので、毎日勉強がやりやすいなと感じています。
●杉村教授
いじめるような人はいませんもんね。
●Wさん
そうですね。すごく良い雰囲気だと思います。

ページトップへ戻る

神戸大学医学部付属病院放射線科医局

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-2
TEL:078-382-6104 FAX:078-382-6129
交通アクセス