スタッフ対談

スタッフ対談「当教室の研修内容について」

今後の目標・展望

竹中先生
それでは、将来的にはどのような方向を考えていますか?
Yさん
何よりもまずは、今研修させていただいている病院で放射線科医として合格レベルの仕事ができるようになりたいです。今はすべて上司にカバーしていただいているので…。
その先は、まだ漠然としているのですが、PETの診断ができるようになりたいです。
今研修中の病院にはPETがなく、PETが必要な患者さんは他の病院に検査に行ってもらっているのですが、 CTやMRIではわからなかった病変がPETでは明瞭に描出されていたということが何回もあり、PETのある病院とない病院の両方を経験し、PETの重要性を再認識しました。
Hさん
私は、上の先生方がカンファレンスなどで、「こういう治療もあるのではないか」という提案をしているのをよく見かけます。治療やIVRなどの放射線科関連の治療だけでなく、診療科に縛られず全部を含めた上で提案できるのは放射線科だからこそと思います。
また、先生方が培ってきた信頼があるからこそ、そういった提案ができて受け入れられるのだと思います。ですので、もっと勉強してそういった信頼が得られるようになりたいですね。
Tさん
今の目標は、こう放射線科医のミニマムというか、なにもかも身に付けられるわけではないけれど、あまり守備範囲が狭いと使えない人間になってしまうので、他科からの依頼でIVRにしろ、ある程度幅広い範囲で対応できるようにしたいとは思います。
それともうひとつは、IVR学会に付属してるのでIVRの専門医として症例なり経験なりを積んでいきたいと思っています。
竹中先生
いろいろな専門医がありますが、IVR専門医などはその中の代表の一つですから、そういった目標はしっかりと持って頑張って取っていってください。
Rさん
僕はまだ、外の人から見たら医者というよりは学生に近い扱いなので、まずは放射線科医としての常識というか、そういったことをしっかりと身に付けていきたいと思います。
将来的なことをいえば、IVRだったりなんらかの診断だけではなくて治療の方にも関わっていければと考えています。
なんというか、診断をつけて終わりではなくて、治すという行為に関わっていきたいな、と。
竹中先生
確かに、実際に手を下すかどうかに限らず、診断をして、治療に繋がって、そのフィードバックがあって治療の効果が見られるという、そういった濃いディスカッションは実現したいですね。

ページトップへ戻る

神戸大学医学部付属病院放射線科医局

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-2
TEL:078-382-6104 FAX:078-382-6129
交通アクセス