スタッフ対談

スタッフ対談「当教室の研修内容について」

研修で気に入っている・改善してほしい点

竹中先生
改善してほしい点やいいところなどはありますか?科全体以外でも、研修内容や人間関係などで何かあればどうぞ。
Yさん
うーん…。今は特に思いつかないです。とても親切にしていただいてます。
竹中先生
今の上司はどうですか?
Yさん
私のカバーも含めて、大量のレポートを一人でこなされていて、すごいなあ…と、尊敬しています。
他科の先生からの相談に、画像に関することはもちろん、その他のことも答えられ、 難しい小腸透視や、CT下生検などもこなされていて…。
他科の先生からの信頼も絶大で、上司を見ていると、優秀な射線科医は、本当に他科から必要とされる存在で あることを改めて強く感じます。
私も、他科の先生から信頼され、必要とされる放射線科医を目指してがんばりたいと思います。
Hさん
私も特にありませんね。人が多くて専門の先生とかもいらっしゃるので相談しやすいですし、向こうからも声をかけてきてくださって、明るい雰囲気です。
Tさん
僕もあまりありませんね。ただ、大学のときの研修もそうですし、今の研修させていただいているところもそうなのですが、後から振り返ると、自分のことを考えてくれてるんだなあ、というのは感じますね。
Rさん
僕の場合は、比較対象がないのでなんとも言えないんですが、特にはないですね。
強いて言うなら、病棟の看護師さんがちょっと恐い、くらいでしょうか(笑)
一同
(笑い)
竹中先生
なかなか優等生なコメントが多かったと思うのですが(笑)、本当になにか不満点だったり、こうしたら良いのでは、というのものはないですか?
Hさん
そうですね…。4~6年目の先生がいらっしゃるといいかなぁと思います。
竹中先生
近い、2つか3つ上ぐらいのところに誰かいれば、教えてもらいやすいですよね。
そういう年代というと、ここではTさんやYさんぐらいになりますが、その年代はもう大学を出てしまって他の病院に行ってしまっている形になるんですよね。
Tさん
その時に少し上の先生がいるかどうか、というのは運になってしまいますよね。
僕も今、下の後期研修医にずっと教えているのですが、確かにその後期研修医の役には立てているんじゃないかなとは思います。
竹中先生
教えられるのはもちろんですが、教えるのというのもすごく勉強になりますね。
Tさん
はい。自分一人だったら後で教科書を読んでなんとかしておこう、ということも、下に研修医とかがいたら、教科書読みながら説明するんじゃ格好悪いし、きっちり頭の中に入れとこうかなって…。
そういう風に、下がいれば上も勉強するようになると思います。
Hさん
最初はイロハさえも全くわからないので、自分より少し学年上の先生の横について勉強する機会があれば、お互いにプラスになるんじゃないかなと思います。

ページトップへ戻る

神戸大学医学部付属病院放射線科医局

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-2
TEL:078-382-6104 FAX:078-382-6129
交通アクセス