診療案内

調査研究に関して

「デュアルエネルギーCTを用いた組織血液量測定および組織解析に関する検討」について

神戸大学医学部附属病院放射線科では、研究期間中に撮影されたシーメンス社二管球CT(装置名Definition Flash)を用いて画像検査を行った患者さんを対象に「デュアルエネルギーCTを用いた組織血液量測定および組織解析に関する検討」という調査研究を実施しております。内容については下記のとおりとなっております。
尚、この調査研究についてご質問等ございましたら、最後に記載しております[問い合わせ窓口]までご連絡ください。

研究概要および利用目的

シーメンス社の二管球CT(Definition Flash)は撮影装置内に二つのX線管球と検出器を有する撮影装置です。二つのX線管球から異なる電圧のX線を照射することで、1回の撮影から異なる二つのエネルギーデータを取得することが可能で、得られた二つのエネルギーデータを解析することで、今まで描出できなかった画像情報を得ることが可能となりました。この撮影法をデュアルエネルギーCTと呼び、たとえば脳や心臓の循環血液量の推定や、腫瘍の造影効果の定量化、体内の種々の石灰化・結石などの組織の解析に応用することなどが期待されています。本CTを臨床応用することで、これらの病変に対する診断能の向上や、様々な疾患における病態のさらなる理解が深まることが期待されています。
本研究ではデュアルエネルギーCTの臨床的有用性を明らかにしたいと考えております。すなわち、1)脳や心臓をはじめとした各種臓器血液量の推定、2)腫瘍を有する患者さんでは腫瘍血液量の推定、および3)各種組織や石灰化病変(血管の石灰化や結石症、骨病変)などの組織解析におけるデュアルエネルギーCTの有用性についての研究を行います。

研究期間

この研究は、神戸大学大学院医学研究科長承認年月日から平成30年3月31日まで行う予定です。

取り扱うデータ(患者さんのカルテおよび検査画像から下記データを収集します。)

個人臨床データ:
年齢、性別、身長、体重、基礎疾患、採血(生化学検査、血算、腫瘍マーカーなど)、病理組織検査、心電図、超音波画像、血管造影画像、核医学検査画像、磁気共鳴検査画像
画像診断:
デュアルエネルギーCTデータ(日常臨床において撮影させていただいたCTのデータからデュアルエネルギーCTデータを取り出して解析に用いますので、新たな放射線被曝や検査費用が生じることはありません)

個人情報保護の方法

個人識別情報を含む資料等(個人臨床データならびにデュアルエネルギーCTデータ)は、本研究実施責任者(神戸大学医学部附属病院放射線科・助教:河野淳)が匿名化(患者さんの氏名、住所、生年月日、住所、患者IDなど、患者さん個人を特定できる情報を全て削除し、代わりに符号などを付します)した上で本研究に用いらせていただきます。なお、資料等と患者さん個人を結びつけることのできる対応表の管理については、他のコンピューターと切り離された専用のコンピューターを用い、コンピューターの外部記憶装置に保管して神戸大学大学院医学研究科放射線医学研究室において厳重に保管いたします。

研究参加による利益・不利益

  • 利益・・・本研究に資料等(個人臨床データならびにデュアルエネルギーCTデータ)をご提供いただいた患者さん個人には特に利益と考えられるようなことはございません。
  • 不利益・・・カルテや検査画像からのデータ収集のみであるため、特にありません。

研究終了後のデータの取り扱いについて

今回の研究に使われるデータが医学の発展に伴って、他の病気の診断や治療に新たな重要な情報をもたらす可能性があります。このため、データ等を研究終了後も保存させていただき、新たな研究等に使用させていただきたいと思っています。その場合にも、上記のように全ての患者さんの情報を匿名化してデータを扱い、データが使い切られるまで神戸大学大学院医学研究科放射線医学の研究室内で厳重に保管いたします。ただし、本研究終了後にデータを廃棄することを望まれていらっしゃる場合には、下記[問い合わせ窓口]までご連絡ください。この場合には、個人を特定できない状態で速やかに廃棄させていただきます。
なお、保存させていただいたデータを用いて新たな研究を実施する際には、その研究について、医学倫理委員会で再度、審査を受けることとなっております。

研究成果の公表について

研究成果が学術目的のために論文や学会で公表されることがありますが、その場合も、患者さんの個人情報の秘密は厳重に守られますので、第三者に患者さんの個人情報が明らかになることはありません。

研究参加の取り止めについて

いつでも可能です。参加を辞退されたい場合には、下記[問い合わせ窓口]までご連絡ください。参加辞退の希望を受けた場合、それ以降、患者さんのデータを本研究に用いることはありません。しかしながら、同意を取り消した時、すでに研究成果が論文などで公表されていた場合のように、結果を廃棄できない場合もあります。

問い合わせ窓口

この研究についてのご質問だけでなく、ご自身のデータが本研究に用いられているかどうかをお知りになりたい場合や、あるいはご自身のデータの使用を望まれない場合など、この研究プロジェクトに関することは、どうぞ下記の窓口までお問い合わせ下さい。

神戸大学附属病院放射線科 助教 河野 淳 
連絡先:078-382-6104

ページトップへ戻る

神戸大学医学部付属病院放射線科医局

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-2
TEL:078-382-6104 FAX:078-382-6129
交通アクセス