診療案内

診療内容

放射線科画像診断部門

医療における各種診断機器、手技の進歩は著しく、診療科別、臓器別の専門を超えた横断的な知識が必要となって来ました。放射線診断部門では、この要請に応える専門科として、X線写真、CT、MRI、RI、PET、PET/CTなどの最新診断機器を用い、癌をはじめとする各種の疾患の正確な画像診断を行う部門です。また近年、各臓器の働きを診る機能画像診断の開発にも力を注いでいます。

放射線科IVR部門

IVRとはインターベンショナル・ラジオロジー(Interventional Radiology)の略で、X線透視やCT、超音波などの画像診断機器を用いて、体内にカテーテルや針を入れて病気を治す体にやさしい低侵襲な治療法です。現在、当部門では、肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓療法(TACE)を中心に、各種臓器に対する塞栓術、門脈圧亢進症に対する経カテーテル的治療、末梢血管・透析シャントに対するPTA(血管形成術)などを、放射線科入院または外来手術として施行しています。また近年では、大動脈瘤に対するステントグラフト留置術(心臓血管外科と共同)や悪性骨腫瘍に対する経皮的椎体形成術など、最新の治療も積極的に行っています。

放射線腫瘍科

放射線治療部門は、放射線治療・粒子線治療を中心とした集学的治療についての診療を行っています。放射線治療は手術に比べ臓器機能温存に優れる治療であり、近年求められるQOLを重視した治療の中心的な治療法と考えられます。当科ではEBM(エビデンスベイスドメディシン)にそった治療を行いつつ、新しい治療法の開発にも力を入れています。

ページトップへ戻る

神戸大学医学部付属病院放射線科医局

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-2
TEL:078-382-6104 FAX:078-382-6129
交通アクセス