入局希望の方へ

初期研修

放射線科では、基礎的な読影力を身に付け、interventional radiology (IVR)や放射線治療に関する基礎知識を習得することを目的とした研修を行います。

また、多くの診療科とともに行っている症例検討会(カンファレンス)に出席し、診断から治療まで広範な知識の習得に努めます。

患者や家族、他科の医師や医療スタッフに対して、画像所見と検査・治療の概要について、分かりやすい言葉で説明する能力を身につけることも必須事項です。

→研修プログラム冊子を見る

1.放射線科の紹介

基礎的な読影力を身に付け、interventional radiology (IVR)や放射線治療に関する基礎知識を習得することを目的とした研修を行う。放射線科業務は多岐にわたるが、まず単純撮影やCT、MRIなど主な画像 検査の原理と読影の基礎を学ぶとともに、基本的な病棟管理について研修する。これら基本的な研修に加え、核医学検査、気管支鏡・CT下肺生検、血管造影・ IVR並びに放射線治療について、実際に携わりながら指導を受ける。さらに、各診療科と行っている治療前、並びに病理を交えた治療後のカンファレンスに出 席し、診断から治療まで広範な知識の習得に努める。

ページトップへ戻る

2.プログラムの目的と特徴

外来、病棟、検査部門(主として放射線部)における放射線科診療を通じて、画像診断学、interventional radiology (IVR)、放射線治療学の基礎的な知識と技術を習得し、その知識に裏打ちされた適切な検査計画、治療計画を立案できるようになることを目的とする。あわせて患者や家族、他科の医師や医療スタッフに対して、画像所見と検査・治療の概要について、分かりやすい言葉で説明する能力を身につけることも必須事項である。

外来業務

研修医は、診察補助員として外来医の手助けをしながら、各種悪性腫瘍や血管性病変などさまざまな疾患について、放射線科と各科との連携を理解する。放射線 診断外来では、適切な画像診断検査の立案や、IVRにおける治療方針の決め方について学ぶ。放射線治療外来では、放射線治療の適応と治療計画の立案、放射 線治療の合併症(特に晩期)について学ぶ。

病棟業務

研修医は、指導医とともに主治医団の一員となり入院患者の治療に携わる。放射線科病棟では悪性腫瘍の患者が多く、IVRや放射線治療が行われる場合がほと んどである。このため、画像検査を中心として病状を正確に把握して各種治療法の適応を検討し、患者個々の病状に応じて治療方針を決定する。治療中および治 療終了後には、画像検査を中心として治療効果や有害事象の有無について正確に評価する。

検査部門(放射線部)業務

研修医は、放射線科指導医とともに中央診療部門である放射線部の業務を補助する。CT、MRI、核医学検査では、検査の技術的事項を学ぶとともに、検査の 禁忌や造影剤に関する知識、アナフィラキシーショックに対する対応について研修する。また、実際の症例を通して読影方法を研修する。消化管透視検査、気管 支鏡検査、CT下生検、血管造影、動脈塞栓術や経皮的血管拡張術などのIVR検査を見学し補助に携わることで、これらの検査手技について理解を深める。ま た、高エネルギー診療棟での放射線治療では、治療計画、外照射、組織内照射などの実際を指導医から学ぶ。

ページトップへ戻る

3.経験目標

例として、6ヶ月研修の経験目標を掲げる。

(1) 基本的な知識

-画像診断-

  • 単純X線写真、超音波検査, CT, MRI,核医学検査の特徴と適応を理解する。
  • 上部・下部消化管造影検査の特徴と適応を理解する。
  • 気管支鏡検査およびCT下肺生検の適応と禁忌を理解する。
  • 各種造影剤の特徴と投与の適応・禁忌および副作用を理解する。
  • CT, MRIの基本的なdecision treeを理解する。
  • 症状や病態、疑われる疾患に応じた画像診断全般のdecision treeを理解する。
  • 胸部と腹部の画像解剖を理解する。
  • 頭部・胸部・上腹部CTと頭部MRIの基本的な読影方法を理解する。
  • 中枢神経と骨盤、主な関節の画像解剖を理解する。
  • 頭頸部その他の領域のCTと胸腹部・骨盤・骨軟部のMRIの基本的読影法を理解する。
  • 放射性医薬品の取り扱いについて理解する。
  • 核医学検査に用いられる核種と半減期、主な放射線医薬品名の特徴を理解する。

-放射線防護-

  • 医用放射線被爆について研修する。
  • 放射線障害予防規定について研修する。

(2) 基本的な手技

-画像診断-

  • 造影検査に必要な静脈確保や筋肉内注射などが行えるよう研修する。
  • 腹部超音波検査の一般的技術を研修する。
  • 上部消化管透視検査の一般的技術を研修する。
  • 下部消化管透視検査の一般的技術を研修する。
  • 気管支鏡検査の基本的技術を研修する。
  • CT下肺生検の基本的技術を研修する。

ページトップへ戻る

(3) 基本的な治療

-画像診断-

  • 造影剤やアナフィラキシー反応に対する治療法を理解し、初期治療に参加できるよう研修する。
  • 消化管造影剤の誤嚥に対する治療法を理解する。

-IVR-

  • 肝細胞癌をはじめとする各種悪性腫瘍に対する経カテーテル的治療の適応と手技を理解する。
  • 門脈圧亢進症に伴う各種症候に対する経カテーテル的治療の適応と手技を理解する。
  • 血管腫・血管奇形に対する経カテーテル的治療の適応と手技を理解する。
  • 動脈硬化をはじめとする血管病変に対する経カテーテル的治療の適応と手技を理解する。
  • 外傷患者をはじめとする救急疾患に対する経カテーテル的治療の適応と手技を理解する。
  • 上記疾患を有する患者に対する経カテーテル的治療後の合併症とその管理について理解する。

(以上を病棟・血管造影室・各診療科とのカンファレンスにおいて経験・理解する)

-放射線治療-

  • 放射線治療の現場で癌患者対する治療に関わる。
  • 放射線治療の適応決定に関わる。
  • 放射線治療のインフォームドコンセントの方法及び同意取得に関わる。
  • 放射線治療計画の見学。
  • 放射線治療の急性合併症,晩期合併症の対処法を学ぶ。
  • 放射線治療の特殊治療法を見学(小線源治療,術中照射,全身照射,3DCRT,定位放射線治療等)。

(4) 医療記録

-画像診断-

  • 読影レポートの作成。
  • 読影所見から必要な病名登録を行う。

ページトップへ戻る

神戸大学医学部付属病院放射線科医局

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-2
TEL:078-382-6104 FAX:078-382-6129
交通アクセス