教室紹介

部門紹介:放射線腫瘍科

当科では悪性腫瘍に対する放射線治療の臨床研究・基礎研究を積極的に行っております。放射線治療は悪性腫瘍に対する治療法として、手術療法・抗癌剤治療とならぶ重要な治療法の一つですが、照射線量や分割回数・照射野の設定方法・IMRTや定位照射等の高精度治療には解決すべき問題もまだ沢山あります。これらの問題を解決すべく、積極的に学会発表・論文発表を行っております。

臨床研究

  • リニアックを用いた3次元放射線治療
    • 定位照射を用いた高精度放射線治療
    • IMRTを用いた高精度放射線治療
  • マイクロセレクトロンを用いた高線量率小線源治療

臨床試験・臨床研究等

  • 切除不能頭頚部癌に対する化学放射線療法の臨床試験
  • 食道癌内視鏡切除後の化学放射線療法に関する臨床試験
  • MRIフュージョン画像を用いた膠芽腫に対する高精度放射線治療の臨床研究

トランスレーショナル・リサーチ

  • 臨床材料を基に基礎研究的介入を行い、予後因子の解明や放射線感受性の予測因子を探索

基礎研究

  • 培養細胞や実験動物を用いての放射線照射によるDAN損傷・修復の経路の解明や新たな治療法の開発

※「放射線医学分野 放射線腫瘍学部門」へのリンクにつきましては、左バナー下部よりご参照ください。

ページトップへ戻る

神戸大学医学部付属病院放射線科医局

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-2
TEL:078-382-6104 FAX:078-382-6129
交通アクセス