榊原俊介

客員准教授 卒業:平成16年

院長写真

 


所属学会

日本形成外科学会(専門医)
World Society for Reconstructive Microsurgery
日本マイクロサージャリー学会
日本頭頸部癌学会
日本褥瘡学会
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本下肢救済・足病学会
日本フットケア学会
日本創傷外科学会
日本レーザー医学会(レーザー専門医)
日本創傷治癒学会
日本再生医療学会
日本化学療法学会(抗菌化学療法認定医)
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
日本口腔外科学会
日本口腔腫瘍学会
日本外科感染症学会
兵庫県オンコプラスティックサージャリー研究会(世話人)


専門領域

臨床:創傷外科、再建外科、マイクロサージャリー
研究:光生物学、神経科学、再生医学、創傷治癒学

資格

形成外科専門医(日本形成外科学会)
創傷外科専門医(日本創傷外科学会)
レーザー専門医(日本レーザー医学会)
抗菌化学療法認定医(日本化学療法学会)
インフェクションコントロールドクター(ICD)

受賞歴

日本創傷外科学会最優秀論文賞(平成29年度)


主な原著論文

Saito I, Hasegawa T*, Ueha T, Takeda D, Iwata E, Arimoto S, Sakakibara A, Akashi M, Sakakibara S, Sakai Y, Terashi H, Komori T. Effect of local application of transcutaneous carbon dioxide on survival of random-pattern skin flapsJ Plast Reconstr Aesthet Surg. 2018 pii: S1748-6815(18)30226-2.

Takasu H*, Hashikawa K, Nomura T, Sakakibara S, Osaki T, Terashi H. A Novel Method of Noninvasive Monitoring of Free Flaps With Near-Infrared Spectroscopy. Eplasty. 2017 Dec 15;17:e37.

Nomura T*, Sakakibara S, Moriwaki A, Kawamoto T, Suzuki S, Ishimura T, Hashikawa K, Terashi H. Low-Grade Myxofibrosarcoma of the Rectus Abdominus Muscle Infiltrating into Abdominal Cavity: A Case Report. Eplasty. 2017 17: e6.

Sakakibara A*, Sakakibara S, Kusumoto J, Takeda D, Hasegawa T, Akashi M, Minamikawa T, Hashikawa K, Terashi H, Komoti T. Upregulated expression of transient receptor potential cation channel subfamily V receptors in mucosae of patients with oral squamous cell carcinoma and patients with a history of alcohol consumption or smoking. PLoS One. 2017 12: e0169723.

Okumura K*, Hashikawa K, Sakakibara S, Onishi H, Terashi H. A Study of Internal Thoracic Arteriovenous Principal Perforators by Using Multi-detector Row Computed Tomography Angiography. Eplasty. 2016 16: e11.

Sakakibara A*, Furudoi S, Sakakibara S, Kaji M, Shigeta T, Matsui T, Minamikawa T, Komori T. Tunnel Technique for the Closure of an Oroantral Fistula with a Pedicled Palatal Mucoperiosteal Flap. J Maxillofac Oral Surg. 2015 14:868-74.

Sakakibara S*, Tokiyoshi T, Hashikawa K, Terashi H. Necessity of distinguishing verrucous carcinoma from verrucous skin lesion overlaying residual-skin-staples in an area of sensory loss: a case report. ePlasty. 2015 17;15: e23.

Shinomiya H*, Hasegawa S, Yamashita D, Ejima Y, Kenji Y, Otsuki N, Kiyota N, Sakakibara S, Nomura T, Hashikawa K, Kohmura E, Sasaki R, Nibu KI. Concomitant chemoradiotherapy for advanced squamous cell carcinoma of temporal bone. Head Neck. 2016 38: E949-53

Sakakibara S*, Ishida Y, Hashikawa K, Terashi H. Neural circuit analysis of regenerated axons by cross-link surgery between facial-hypoglossal nerves Regenerative Therapy, 2015 1:86-90

Sakakibara S*, Hashikawa K, Terashi H “Sensory Switching” in Elbow Reconstruction J Brachial Plex Peripher Nerve Inj., 2015 10: e30-e33

Sakakibara A*, Minamikawa T, Hashikawa K, Sakakibara S, Hasegawa T, Akashi M, Furudoi S, Komori T. Does salivary duct repositioning prevent complications after tumor resection or salivary gland surgery? J Oral Maxillofac Surg. 2015 73:1003-7

Sakakibara S*, Onishi H, Hashikawa K, Akashi M, Sakakibara A, Nomura T, Terashi H Three-dimensional venous visualization with phase-lag CT angiography for reconstructive microsurgery J Reconstr Microsurgery, 2015 31:305-12

Ejiri H*, Nomura T, Hasegawa M, Tatsumi C, Imai M, Sakakibara S, Terashi H. Use of synthetic serum-free medium for culture of human dermal fibroblasts to establish an experimental system similar to living dermis. Cytotechnology. 2015 67:507-14

Ishida Y*, Sakakibara S, Terashi H, Hashikawa K, Yamaoka T Development of a novel acellular nerve graft using hypertonic sodium chloride solution Int J Artif Organs. 2014 37:854-60

Sakakibara A*, Hashikawa K, Yokoo S, Sakakibara S, Komori T, Tahara S. Risk factors and surgical refinements of postresective mandibular reconstruction: a retrospective study. Plast Surg Int. 2014:893746.

Sakakibara S*, Tsuji Y, Hashikawa K, Terashi H. Is immobilization of the ankle and metatarsophalangeal joint effective in suppressing the spread of infection in diabetic foot ulcers? Int J Low Extrem Wounds. 2014 13:226-9

Sakakibara S*, Ishida Y, Hashikawa K, Yamaoka T, Terashi H. Intima/medulla reconstruction and vascular contraction-relaxation recovery for acellular small diameter vessels prepared by hyperosmotic electrolyte solution treatment. J Artif Organs. 2014 17:169-77

Terashi H*, Osawa S, Sakakibara S, Sato M, Kurokawa M, Tahara S. Advancement in early wound closure for venous leg ulcers. J Wound Technol. 2013 19: 30-31

Nakayama-Takeda R*, Sakakibara S, Kurokawa M, Hashikawa K, Terashi H. Comparison of malignant skin tumor thickness and relative depth of invasion estimates from preoperative MR-microscopy and pathological evaluation. Dermatol Surg. 2013 39:1767-73.

Akashi M*, Nomura T, Sakakibara S, Sakakibara A, Hashikawa K. Preoperative MR angiography for free fibula osteocutaneous flap transfer. Microsurgery. 2013 33:454-9

Omori M*, Hashikawa K, Sakakibara S, Terashi H, Tahara S, Shibaoka Y, Kimura K, Sano K. One-stage umbilicus reconstruction after resection of urachal cyst. Ann Plast Surg. 2013 71:93-5

Omori M*, Sakakibara S, Hashikawa K, Terashi H, Tahara S, Sugiyama D. Comparison of reinnervation for preservation of denervated muscle volume with motor and sensory nerve: an experimental study. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2012 65:943-9.

Sakakibara S*, Hashikawa K, Omori M, Terashi H, Tahara S. A simplest method of flap monitoring. J Reconstr Microsurg. 2010 26:433-4

Sakakibara S*, Hashikawa K, Terashi H, Tahara S. Reconstruction of the orbital floor with sheets of autogenous iliac cancellous bone. J Oral Maxillofac Surg. 2009 67:957-61

Sakakibara S*, Tahara S, Hashikawa K, Nibu K. Curious complication after oroesophageal reconstruction with free jejunal flap: intussusception-like deformity of transferred jejunum. J Reconstr Microsurg. 2008 24:89-92

Baba K, Sakakibara S, Setsu T, Terashima T*. The superficial layers of the superior colliculus are cytoarchitectually and myeloarchitectually disorganized in the reelin-deficient mouse, reeler. Brain Res. 2007 1140:205-15.

Sakami S, Hisatomi O, Sakakibara S, Liu J, Reh TA, Tokunaga F*. Downregulation of Otx2 in the dedifferentiated RPE cells of regenerating newt retina. Brain Res Dev Brain Res. 2005 155:49-59.

Yamamoto T, Sakakibara S, Mikoshiba K, Terashima T*. Ectopic corticospinal tract and corticothalamic tract neurons in the cerebral cortex of yotari and reeler mice. J Comp Neurol. 2003 461:61-75.

Sakakibara S, Misaki K, Terashima T*. Cytoarchitecture and fiber pattern of the superior colliculus are disrupted in the Shaking Rat Kawasaki. Brain Res Dev Brain Res. 2003 141:1-13

Sakakibara S, Hiramatsu H, Takahashi Y, Hisatomi O*, Kobayashi Y, Sakami S, Saito T, Tokunaga F. Opsin expression in adult, developing, and regenerating newt retinas. Brain Res Mol Brain Res. 2002 103:28-35

Takahashi Y, Hisatomi O, Sakakibara S, Tokunaga F*, Tsukahara Y. Distribution of blue-sensitive photoreceptors in amphibian retinas. FEBS Lett. 2001 501:151-5.


(邦文)
榊原 俊介, 山本 佳子, 寺師 浩人. ストーマ近傍に生じた腹部SSIへのNPWT導入の工夫. 創傷. 2018 9: 42-46.

木谷 慶太郎, 榊原 俊介, 大澤 沙由理, 寺師 浩人壊死性胆嚢炎に起因すると考えられた心臓手術後縦隔炎の2例 創傷. 2017 8: 17-21

野村 正, 榊原 俊介, 西藤 勝, 河野 範男, 橋川 和信, 寺師 浩人. 非常勤形成外科医による乳房一次再建症例の検討. Oncoplastic Breast Surgery. 2016 1: 82-87

榊原 俊介, 大澤 沙由理, 木谷 慶太郎, 高須 啓之, 寺師 浩人. 既存NPWTデバイスを利用した限局的洗浄型NPWT法. 創傷. 2016 7: 110-117

榊原 俊介, 大澤 沙由理, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人. 局所陰圧閉鎖療法使用時の工夫 ソフトシリコン粘着剤付き創傷被覆材の使用. 創傷. 2015 6: 125-131

西尾 祐美, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也. 血行再建術後の感染増悪により大切断に至ったCLI症例の患者因子の検討 特に周術期CRP値の重要性について. 創傷. 2014 5: 189-193

野村 正, 大崎 健夫, 石椛 寛芳, 森脇 綾, 高須 啓之, 江尻 浩隆, 榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人. 【移植皮弁の選択 私のファーストチョイス-足部・下腿に用いる皮弁-】 Contourを考慮した足部の再建. 日本マイクロサージャリー学会会誌. 2014 27: 79-88

野村 正, 橋川 和信, 榊原 俊介, 高須 啓之, 寺師 浩人. 開頭術後頭部皮膚潰瘍の原因に関する検討とその対策 死腔形成と脳室-腹腔シャントが及ぼす影響について. 日本頭蓋顎顔面外科学会誌. 2014 30: 171-178
高須 啓之, 橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人. 両側pure type眼窩ブローアウト骨折症例の検討. 日本頭蓋顎顔面外科学会誌. 2014 30: 147-153

榊原 晶子, 榊原 俊介, 南川 勉, 重田 崇至, 橋川 和信, 古森 孝英. 顎下部壊死性筋膜炎に伴う切開排膿後の難治性瘻孔にV.A.C. ATS治療システムによる局所陰圧閉鎖療法を用いた1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2014 60: 71-75

大守 誠, 蔡 顯真, 永井 宏治, 榊原 俊介. 視神経管骨折を伴う顔面骨骨折に合併した外傷性内頸動脈海綿静脈洞瘻の1例. 日本形成外科学会会誌. 2013 33: 658-663

橋川 和信, 榊原 俊介. 神経端側縫合の将来展望 端側神経縫合を利用した腫瘍切除後顔面神経即時再建 ループ型神経移植連続10症例の検討. Facial Nerve Research. 2012 32: 26-28

榊原 俊介, 寺師 浩人, 櫻井 沙由理, 橋川 和信, 田原 真也. 【陰圧閉鎖療法〜私の工夫】 V.A.C.使用時における健常皮膚の保護. 創傷. 2012 3: 108-116

橋川 和信, 榊原 俊介. 顔面神経麻痺に対する眉毛下アプローチ眉毛挙上術. Facial Nerve Research. 2011 31: 136-138

橋川 和信, 榊原 俊介, 田原 真也. 【顔面神経麻痺の後療法】 顔面神経麻痺に対する顔面-舌下神経クロスリンク手術と術後リハビリテーション. 日本マイクロサージャリー学会会誌. 2011 24: 267-274

榊原 俊介, 橋川 和信, 杉本 庸, 梶田 智, 田原 真也. 蛍光X線分析法による微量元素解析 上眼瞼インプラントの解析より. 日本頭蓋顎顔面外科学会誌. 2011 27: 292-296

松尾 知子, 鈴木 愛美, 平野 清美, 芝岡 美枝, 石田 泰久, 大守 誠, 榊原 俊介. 脊椎麻酔後における踵部褥瘡発生の要因. 甲南病院医学雑誌. 2010 27: 52-53

田村 亮介, 牧口 貴哉, 橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也. 先天性耳瘻管摘出術、瘻管染色、無水エタノール 先天性耳瘻管摘出術における瘻管染色の工夫. 日本頭蓋顎顔面外科学会誌. 2010 26: 81-84

橋川 和信, 榊原 俊介, 石田 泰久. 舌と眼瞼の病的共同運動が顔面-舌下神経クロスリンク手術により軽快した顔面神経不全麻痺症例の経験. Facial Nerve Research. 2010 29: 93-96

梶田 智, 榊原 俊介, 杉本 庸, 橋川 和信, 田原 真也. 蛍光X線分析装置を用いたフィラー・インプラントの微量元素分析. 日本形成外科学会会誌. 2010 30: 1-5

石田 泰久, 芝岡 美枝, 榊原 俊介, 大守 誠. 下肢特発性リンパ浮腫患者に生じた壊死性筋膜炎の一例. 甲南病院医学雑誌. 2009 6: 24-26

橋川 和信, 榊原 俊介, 一瀬 晃洋. 陳旧性顔面神経麻痺の静的形成手術における神戸大学の取り組み. Facial Nerve Research. 2009 28: 114-119

榊原 俊介, 石田 泰久, 橋川 和信. 順行性神経トレーサー法による神経回路解析 顔面-舌下神経cross-link手術をモデルとして. Facial Nerve Research. 2009 28: 48-50

新保 慶輔, 一瀬 晃洋, 榊原 俊介, 田原 真也. 高解像度磁気共鳴画像による上眼瞼の厚さの検討. 日本形成外科学会会誌. 2009 29: 281-284

小西 和人, 橋川 和信, 榊原 俊介, 大守 誠, 田原 真也. 骨骨折整復固定時のドリル破折症例に関する検討. 日本頭蓋顎顔面外科学会誌2008 24: 245-251

榊原 俊介, 小西 和人, 大守 誠. 末期肝硬変患者に生じた外傷性皮下血腫の一例. 甲南病院医学雑誌. 2008 25: 14-15

榊原 俊介, 橋川 和信, 石田 泰久, 永田 育子, 大守 誠, 寺師 浩人, 田原 真也. 順行性トレーサー法による舌下神経染色法. 日本マイクロサージャリー学会会誌.2008 21: 28-32

塚本 金作, 大守 誠, 榊原 俊介. 痛みの少ない局所麻酔法の工夫. 甲南病院医学雑誌. 2007 24: 26-27

榊原 俊介, 橋川 和信, 田原 真也. 成人生体肝移植における肝動脈血行再建上の問題点. 日本マイクロサージャリー学会会誌. 2007 20: 71-76



主な解説・総説・著書

解説・総説

榊原 俊介, 寺師 浩人. 【形成外科の手術記録サンプル】 褥瘡・難治性潰瘍の手術記録. 形成外科. 2018 61: 558-568

榊原 俊介, 木谷 慶太郎, 大澤 沙由理, 寺師 浩人. 【感染症をもっと知ろう!-外科系医師のために-】 体幹の感染症と治療. PEPARS. 2017 129: 40-50

岩江 信法, 榊原 俊介. 【イチから学ぶ!頭頸部再建の基本】 頭頸部再建に必要な鼻腔・副鼻腔・咽頭機能の基本. PEPARS. 2016 113: 12-18

榊原 俊介, 寺師 浩人. 【創傷と細菌感染を考える〜細菌感染を考慮した創傷管理〜】 糖尿病性足壊疽. WOC Nursing. 2015 3: 30-37

榊原 俊介, 野村 正, 高須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人. 【血管吻合術後の管理と移植組織サルベージ法の実際】 さまざまな血管吻合術後皮弁モニタリング. 日本マイクロサージャリー学会会誌. 2014 27: 72-78

榊原 俊介, 寺師 浩人, 岡田 健次. 【陰圧閉鎖療法の理論と実際】 縦隔炎・胸骨骨髄炎における陰圧閉鎖療法の実際. PEPARS. 2015 97: 64-71

榊原 俊介, 寺師 浩人. 【Brush Up! CDE 糖尿病合併症事典】 慢性合併症【細小血管障害】 潰瘍・壊疽 潰瘍・壊疽. 糖尿病診療マスター. 2014 12: 271-274

蔡 顯真, 大守 誠, 永井 宏治, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 中野 昌弘, 松尾 実奈, 平野 直史, 杉若 昌一, 田中 信英, 八代 冨美代, 古賀 康子, 河原 真美, 吉村 節子, 吉田 のぞみ, 堀川 恵. 虚血性足潰瘍に対する局所陰圧閉鎖療法(negative pressure wound therapy;NPWT)の有用性と注意点. 日本フットケア学会雑誌. 2013 11: 151-159

榊原 俊介, 大西 宏之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人. 【皮弁移植に必要な血管の術前評価】 フェーズラグCTA(pl-CTA)による静脈術前評価. 形成外科.2013 56: 1271-1280

榊原 俊介. 医療の現場が求めているバイオマテリアル 形成外科領域における再生医療材料. バイオマテリアル-生体材料-. 2013 31: 188-190

榊原 俊介, 寺師 浩人. 【重症下肢虚血(CLI)に対する治療】 PAD/CLIの病態と診断. 心臓 2013 45: 6-10

榊原 俊介, 寺師 浩人, 櫻井 沙由理, 橋川 和信, 田原 真也. 【下肢〜足切断術の新しいアプローチ】 趾切断時におけるfillet toe flapの利用. 創傷. 2012 3: 123-128

橋川 和信, 榊原 俊介, 寺師 浩人, 田原 真也. 腸骨髄質移植による眼窩下壁再建 眼窩ブローアウト骨折手術における有用性. 創傷. 2011 2: 97-103
榊原 俊介, 寺師 浩人. 【ASOの診断と治療】 下肢・足趾切断術. Circulation. 2012 2: 100-106

大守 誠, 塚本 金作, 榊原 俊介, 鈴木 愛美. 褥瘡対策 パーキンソン病と褥瘡 1症例の経験から. 難病と在宅ケア. 2008 14: 60-62


著書
榊原 俊介, 寺師 浩人, 縫合糸膿瘍 創傷のすべて―キズをもつすべての人のために―, 克誠堂出版, 98-99, 2012

榊原 俊介, 岡田健次, 縦隔炎・胸骨骨髄炎 創傷のすべて―キズをもつすべての人のために―, 克誠堂出版, 100-101, 2012

榊原 俊介, 形成外科診療ガイドライン 慢性創傷 1 章 胸骨骨髄炎・縦隔炎デブリードマン, 金原出版、17-20, 2015



主な学会発表

シンポジウム
榊原 俊介, 縦隔炎−デブリードマン−, 第2回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2010
榊原 俊介, 橋川 和信, 寺師 浩人, 田原 真也, マイクロサージャリーに有用な画像診断学の進歩, 第37回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2010
榊原 俊介, 大澤 沙由理, 橋川 和信, 寺師 浩人, 縦隔炎・胸骨骨髄炎連続21症例の検討, 第56回日本形成外科学会総会・学術集会, 2013
榊原 俊介, 大澤 沙由理, 橋川 和信, 寺師 浩人, 胸部大動脈置換術後の人工血管露出時の対応, 第57回日本形成外科学会総会・学術集会, 2014
榊原 俊介, 木谷 慶太郎, 大澤 沙由理,高須 啓之,寺師 浩人, V.A.C.システムの特徴とその利用・応用, 下肢救済足病学会, 2016
榊原 俊介, 木谷 慶太郎, 大澤 沙由理, 大崎 健夫, 倉本 康世, 橋川 和信, 寺師 浩人, 感染創における取り除けない人工物・置換が必要な人工物へのわれわれのストラテジー, 第9回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2017
榊原 俊介, 木谷 慶太郎, 大澤 沙由理, 長谷川 泰子, 高須 啓之, 北野 大希, 寺師 浩人, NPWTi-dは従来の洗浄型NPWTを包括するのか?, 第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018
榊原 俊介,橋川 和信,神経移植のための人工神経の開発, 第41回日本顔面神経学会学術集会,2018


パネルディスカッション
榊原 俊介, 橋川 和信, 石田 泰久, 田原 真也, 新しい脱細胞化技術の開発 小口径血管・末梢神経への応用と臨床への展望,第18回日本形成外科学会基礎学術集会, 2009
榊原 俊介,  橋川 和信, 石田 泰久, 寺師 浩人, 田原 真也, 神経トレーサー法による新しい再生神経ネットワークの解析, 第18回日本形成外科学会基礎学術集会, 2009
榊原 俊介, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也, 陰圧閉鎖療法における私の工夫−創周囲の健常皮膚を守る−, 第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011
榊原 俊介, 寺師 浩人, 橋川 和信, 田原 真也, 趾切断時におけるfillet toe flapの利用, 第3回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2011
榊原 俊介, 高須 啓之, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人, 多様な血管吻合術後皮弁モニタリング, 第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会, 2013
榊原 俊介, 木谷 慶太郎, 大澤 沙由理, 高須 啓之, 橋川 和信, 寺師 浩人, NPWTの新展開 〜既存NPWTデバイス使用における工夫とモディフィケーション〜,  第8回日本創傷外科学会総会・学術集会, 2016
榊原 俊介, 楠元 順哉, 橋川 和信, 寺師 浩人, 皮膚の光受容と創傷治療への可能性, 第26回日本形成外科学会基礎学術集会, 2017
榊原 俊介, 北野 大希,榊原 晶子,中原 実,橋川 和信,寺師 浩人,口腔・咽頭皮膚瘻のリカバリー 〜NPWT(i)・皮弁・その他〜, 第61回日本形成外科学会総会・学術集会, 2018


主な基礎・臨床研究

・皮膚の光受容に関する研究
・マイクロサージャリーにおける血管拡張薬の探索と相対的力価の検討
・組織の脱細胞化法の開発と脱細胞化組織の臨床応用に向けた基礎研究
・各末梢神経再建様式における再構築された神経回路網の解析