橋川和信

准教授 医学博士 卒業:平成9年

院長写真

 


所属学会

日本形成外科学会(専門医、評議員、動画コンテンツ創設検討WG委員長、渉外・広報委員、機関誌編集委員)
国際形成外科学会
日本マイクロサージャリー学会(評議員、編集委員、教育研修委員)
日本頭頸部癌学会
日本口蓋裂学会
日本褥瘡学会(評議員、IT・広報委員)
日本頭蓋顎顔面外科学会(代議員、広報委員長))
日本顔面神経学会(評議員)
日本レーザー医学会(レーザー専門医)
日本口腔外科学会
日本形成外科手術手技学会
日本乳房インプラント研究会
日本創傷外科学会(専門医、評議員、編集委員、将来計画委員)
日本臨床毛髪学会
日本下肢救済・足病学会
日本シミュレーション外科学会(評議員)
日本気管食道科学会
日本頭蓋底外科学会(評議員)
日本口腔腫瘍学会
日本再生医療学会
日本美容外科学会(JSAPS)


専門領域

臨床:顔面・頭頸部の形成・再建・美容外科、血管・神経・リンパ管のマイクロサージャリー
研究:神経科学、マイクロサージャリー、バイオマテリアル、再生医学

資格

形成外科専門医(日本形成外科学会)
皮膚腫瘍外科指導専門医(日本形成外科学会)
創傷外科専門医(日本創傷外科学会)
レーザー専門医(日本レーザー医学会)
がん治療認定医(日本がん治療認定医機構)
臨床研修指導医(厚生労働省)

手術執刀実績

<平成28年>
顎顔面・頭頸部の手術 207例
マイクロサージャリー 160例

<平成27年>(4月~7月は手術なし)
顔面・頭頸部の手術 131例
マイクロサージャリー 106例

<平成26年>
顔面・頭頸部の手術 180例
マイクロサージャリー 156例

<平成25年>
顔面・頭頸部の手術 220例
マイクロサージャリー 171例

<平成24年>
顔面・頭頸部の手術 238例
マイクロサージャリー 137例

<平成23年>
顔面・頭頸部の手術 265例
マイクロサージャリー 167例

<平成22年>
顔面・頭頸部の手術 242例
マイクロサージャリー 137例


※他施設で執刀した手術を含む


主な原著論文

Nomura T, Hashikawa K, et al. Low-Grade Myxofibrosarcoma of the Rectus Abdominus Muscle Infiltrating into Abdominal Cavity: A Case Report. Eplasty. 2017; 17: e6.
Sakakibara A, Hashikawa K, et al. Upregulated Expression of Transient Receptor Potential Cation Channel Subfamily V Receptors in Mucosae of Patients with Oral Squamous Cell Carcinoma and Patients with a History of Alcohol Consumption or Smoking. PLoS One. 2017; 12(1): e0169723.
Shimoda H, Hashikawa K, et al. Modified partial maxillary swing approach for myxofibrosarcoma in pterygopalatine fossa. Head Neck. 2016; 38(12): E2519-E2522.
Akashi M, Hashikawa K, et al. Comparison between primary closure and skin grafts of the free fibula osteocutaneous flap donor site. Oral Maxillofac Surg. 2016; 20(3): 233-7.
Akashi M, Hashikawa K, et al. Four-dimensional computed tomography evaluation of jaw movement following mandibular reconstruction: A pilot study. J Craniomaxillofac Surg. 2016; 44(5): 637-41.Sakakibara S, Hashikawa K, et al. Necessity of Distinguishing Verrucous Carcinoma From Verrucous Skin Lesion Overlaying Residual Skin Staples in an Area of Sensory Loss: A Case Report. Eplasty. 2015; 15: e23.
Sakakibara S, Hashikawa K, et al. Neural circuit analysis of axons regenerated by facial-hypoglossal nerve cross-link surgery. Regen Ther. 2015; 1: 86-90.
Akashi M, Hashikawa K, et al. CT Evaluation of Morphology of Transferred Fibula for Implant Placement in Reconstructed Mandible. Implant Dent. [Epub ahead of print]
Akashi M, Hashikawa K, et al. Sequential evaluation for bone union of transferred fibula flaps in reconstructed mandibles: panoramic X-ray versus computed tomography. Int J Oral Maxillofac Surg. [Epub ahead of print]
Shinomiya H, Hashikawa K, et al. Concomitant chemoradiotherapy for advanced squamous cell carcinoma of temporal bone. Head Neck. [Epub ahead of print]
Makiguchi T, Hashikawa K, et al. Evaluation of bone height of the free fibula flap in mandible reconstruction. J Craniofac Surg. 2015; 26(3): 673-6.
Akashi M, Hashikawa K, et al. Postoperative abnormal response of C-reactive protein as an indicator for infectious complications after oral oncologic surgery with primary reconstruction. J Otolaryngol Head Neck Surg. 2015; 44(1): 13.
Sakakibara S, Hashikawa K, et al. Three-dimensional venous visualization with phase-lag computed tomography angiography for reconstructive microsurgery. J Reconstr Microsurg. 2015; 31(4): 305-12.
Akashi M, Hashikawa K, et al. Long-term follow-up study of radial forearm free flap reconstruction after hemiglossectomy. J Craniofac Surg. 2015; 26(1): 44-7.
Sakakibara A, Hashikawa K, et al. Does salivary duct repositioning prevent complications after tumor resection or salivary gland surgery? J Oral Maxillofac Surg. 2015; 73(5): 1003-7.
Ishida Y, Hashikawa K, et al. Development of a novel method for decellularizing a nerve graft using a hypertonic sodium chloride solution. Int J Artif Organs. 2014; 37(11): 854-60.
Sakakibara A, Hashikawa K, et al. Risk factors and surgical refinements of postresective mandibular reconstruction: a retrospective study. Plast Surg Int. [Epub 2014 Aug 6]
Sakakibara S, Hashikawa K, et al. Is immobilization of the ankle and metatarsophalangeal joint effective in suppressing the spread of infection in diabetic foot ulcers? Int J Low Extrem Wounds. 2014; 13(3): 226-9.
Sakakibara S, Hashikawa K, et al. Intima/medulla reconstruction and vascular contraction-relaxation recovery for acellular small diameter vessels prepared by hyperosmotic electrolyte solution treatment. J Artif Organs. 2014; 17(2): 169-77.
Nakayama-Takeda R, Hashikawa K, et al. Comparison of malignant skin tumor thickness and relative depth of invasion estimates from preoperative MR-microscopy and pathological evaluation. Dermatol Surg. 2013; 39(12): 1767-73.
Makiguchi T, Hashikawa K, et al. Osteolipoma in the glabella: pathogenesis associated with mesenchymal lipoma-derived stem cells. J Craniofac Surg. 2013; 24(4): 1310-3.
Akashi M, Hashikawa K, et al. Preoperative MR angiography for free fibula osteocutaneous flap transfer. Microsurgery. 2013; 33(6): 454-9.
Makiguchi T, Hashikawa K, et al. Supercharged pectoralis major musculocutaneous flap. J Craniofac Surg. 2013; 24(2): e179-82.
Omori M, Hashikawa K, et al. One-stage umbilicus reconstruction after resection of urachal cyst. Ann Plast Surg. 2013; 71(1): 93-5.
Makiguchi T, Hashikawa K, et al. Treatment strategy of a huge ameloblastic carcinoma. J Craniofac Surg. 2013; 24(1): 287-90.
Omori M, Hashikawa K, et al. Comparison of reinnervation for preservation of denervated muscle volume with motor and sensory nerve: An experimental study. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2012; 65(7): 943-9.
Terashi H, Hashikawa K, et al. A modified transmetatarsal amputation. J Foot Ankle Surg. 2011; 50(4): 441-4.
Shibata T, Hashikawa K, et al. Oral candidiasis mimicking tongue cancer. Auris Nasus Larynx. 2011; 38(3): 418-20.
Sakakibara S, Hashikawa K, et al. A simplest method of flap monitoring. J Reconstr Microsurg. 2010; 26(7): 433-4.
Katoh C, Hashikawa K, et al. Blowing ratio as an evaluation tool for velopharyngeal function after oral and oropharyngeal cancer resection. Head Heck. 2010; 32(8): 1012-8.
Yanagisawa A, Hashikawa K, et al. Haemodynamic changes in the fingers after free radial forearm flap transfer: a prospective study using SPP. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2010; 63(3): 539-43.
Sakakibara S, Hashikawa K, et al. Reconstruction of the orbital floor with sheets of autogenous iliac cancellous bone. J Oral Maxillofac Surg. 2009; 67(5): 957-61.
Sakakibara S, Hashikawa K, et al. Curious complication after oroesophageal reconstruction with free jejunal flap: intussusception-like deformity of transferred jejunum. J Reconstr Microsurg. 2008; 24(2): 89-92.
Fujii M, Hashikawa K, et al. Functional reconstruction of large anogenital defects with bilateral V-Y advancement posterior thigh fasciocutaneous flaps. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2007; 60(11): 1208-13.
Fujii M, Hashikawa K, et al. Thin minigrafting technique for postburn leukoderma. Dermatol Surg. 2007; 33(11): 1368-73.
Sakurai A, Hashikawa K, et al. Simple dressing technique using polyurethane foam for fixation of skin grafts. Dermatol Surg. 2007; 33(8): 976-9.
Hashikawa K, et al. Therapeutic strategy for the triad of acquired anophthalmic orbit. Plast Reconstr Surg. 2007; 119(7): 2182-8.
Hanayama H, Hashikawa K, et al. Congenital melanocytic nevi and nevus spilus have a tendency to follow the lines of Blaschko: An examination of 200 cases. J Dermatol. 2007; 34(3): 159-63.
Yokoo S, Hashikawa K, et al. Orthognathic surgery for occlusal reconstruction of old malunited jaw fracture. Kobe J Med Sci. 2006; 52(3): 37-47.
Hashikawa K, et al. Simple reconstruction with titanium mesh and radial forearm flap after globe-sparing total maxillectomy: a 5-year follow-up study. Plast Reconstr Surg. 2006; 117(3): 963-7.
Hashikawa K, et al. Total lower lid support with auricular cartilage graft. Plast Reconstr Surg. 2005; 115(3): 880-4.
Hashikawa K, et al. Positive narrowing pharyngoplasty with forearm flap for functional restoration after extensive soft palate resection. Plast Reconstr Surg. 2005; 115(2): 388-93.
Yokoo S, Hashikawa K, et al. Three-dimensional reconstruction after oral oncologic surgery using single free radial forearm flaps or free rectus abdominis musculocutaneous flaps. J Oral Sci. 2004; 46(1): 65-70.
Ichinose A, Hashikawa K, et al. Do multiple venous anastomoses reduce risk of thrombosis in free-flap transfer? Efficacy of dual anastomoses of separate venous systems. Ann Plast Surg. 2004; 52(1): 61-3.
Yokoo S, Hashikawa K, et al. Replantation of an avulsed zygomatic bone as a freeze-preserved autologous graft: a case report. J Craniomaxillofac Surg. 2003; 31(2): 115-9.
Yokoo S, Hashikawa K, et al. Therapeutic importance of transplantation of a vascularised free flap for an oromandibular injury with infection and severe scar contracture. Br J Oral Maxillofac Surg. 2003; 41(6): 380-2.
Sanno T, Hashikawa K, et al. Endoscopic endonasal reduction for blowout fracture of the medial orbital wall. Plast Reconstr Surg. 2003; 112(5): 1228-37.
Ichinose A, Hashikawa K, et al. Importance of the deep vein in the drainage of a radial forearm flap: a haemodynamic study. Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg. 2003; 37(3): 145-9.
Yokoo S, Hashikawa K, et al. Devices for facial aesthetic improvement in the treatment of skeletal mandibular protrusion. Aesthetic Plast Surg. 2002; 26(4): 251-4.
Yokoo S, Hashikawa K, et al. Functional and aesthetic reconstruction of full-thickness cheek, oral commissure and vermilion. J Craniomaxillofac Surg. 2001; 29(6): 344-50.
Yokoo S, Hashikawa K, et al. Functional reconstruction of mobile tongue and suprahyoid muscles after resection of cancer of the tongue. Br J Oral Maxillofac Surg. 2001; 39(4): 252-5.


主な著書・総説

橋川和信. 【画像診断道場~実はこうだった】ただの切創?. 日本医事新報. 2017; 4863: 5-6.
橋川和信. 各論I 先天性疾患 I 頭頸部 E. 外鼻. 中塚貴志, 亀井譲, 編. TEXT形成外科学. 東京: 南山堂; 2017. pp. 203-206.
橋川和信. 頭頸部癌の治療 頭頸部癌の外科治療 頭頸部癌の外科治療(低侵襲・機能温存) 口腔癌 頭頸部癌切除後の下顎骨の再建法. 日本臨牀. 2017; 75(Suppl 2): 313-7.
橋川和信. 【質疑応答:プロからプロへ】形成外科領域におけるリンパ浮腫の外科的治療. 日本医事新報. 2017; 4842: 58-9.
橋川和信. 【リンパ浮腫治療の最前線】直針付き縫合針のリンパ管静脈吻合術における有用性. 形成外科. 2016; 59(8): 819-25.
橋川和信. 【診療の秘訣】治らないキズ. Modern Phisician. 2016; 36(4): 382.
橋川和信. イチから学ぶ! 頭頸部再建の基本(編集企画). PEPARS. 2016; 113.橋川和信, 髙須啓之. 【四肢における創閉鎖の工夫】新しい材料を用いる皮膚縫合法. MB Orthop. 2016; 29(2): 9-15.
橋川和信. 【All About 頭頸部再建 多彩な皮弁を使いこなす!】腓骨皮弁. 耳喉頭頸. 2015; 87(7): 508-15.
橋川和信. 顔面神経再建のエビデンスは?. 池田勝久, 武田憲昭, 香取幸夫, 原渕保明, 丹生健一, 編. EBM 耳鼻咽喉科・頭頸部外科の治療 2015-2016. 東京: 中外医学社; 2015. pp. 639-643.
橋川和信. 【そこが知りたい!下顎再建のポイント】下顎再建におけるCAT分類とCATコンセプト. 口腔腫瘍. 2014; 26(3): 57-62.
橋川和信. 【顔面神経麻痺の治療 update】陳旧性顔面神経不全麻痺に対するクロスリンク型神経移植術. PEPARS. 2014; 92: 87-93.
橋川和信. 四肢リンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合術. 形成外科エキスパートたちの基本手術 合併症回避のコツ. 東京: 克誠堂出版; 2014. pp. 280-91.
橋川和信. 【神経修復法―基本知識と実践手技】末梢神経縫合―端々縫合と端側縫合―. PEPARS. 2013; 78: 16-22.
橋川和信. 【研修医・外科系医師が知っておくべき形成外科の基本知識と手技】前腕皮弁. 形成外科. 2012; 55: S154-8.
橋川和信. 皮弁術の実際. 創傷のすべて―キズをもつすべての人のために―. 東京: 克誠堂出版; 2012. pp. 284-7.
橋川和信. 【悪性腫瘍切除後の頭頸部再建のコツ】下顎骨切除後の再建―CAT分類とCATコンセプト―. PEPARS. 2011; 60: 45-53.
橋川和信. 【私の手術と合併症回避のコツ】四肢リンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合術. 形成外科. 2011; 54(11): 1263-74.
橋川和信, 田原真也. 【形成外科における私のオリジナルセオリー】頭頚部癌切除後の再建における皮弁使用の工夫―重要なのはどのように皮弁を用いるかである―. PEPARS. 2011; 56: 69-78.
橋川和信, 榊原俊介, 寺師浩人, 田原真也. 腸骨髄質移植による眼窩下壁再建~眼窩ブローアウト骨折手術における有用性~. 創傷. 2011; 2(3): 97-103.
橋川和信, 田原真也. 【形成外科の治療指針 update 2010】涙道損傷. 形成外科. 2010; 53: S103-4.
橋川和信, 田原真也. 【形成外科の治療指針 update 2010】耳下腺損傷. 形成外科. 2010; 53: S105.
橋川和信. 陳旧性眼窩壁骨折による眼球陥没治療のコツ. 形成外科診療プラクティス 顔面骨骨折の治療の実際. 東京: 文光堂; 2010. pp.140-6.
橋川和信, 田原真也. 前腕皮弁. 形成外科診療プラクティス 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて. 東京: 文光堂; 2010. pp.69-73.
橋川和信, 寺師浩人, 田原真也. 遊離皮弁と局所皮弁による顔面再建―Step-Surgery Conceptに基づく顔面全層欠損の再建―. 形成外科ADVANCEシリーズII-6各種局所皮弁による顔面の再建: 最近の進歩, 第2版. 東京: 克誠堂出版; 2009. pp.108-17.
橋川和信. 遊離前腕皮弁による下咽頭・頸部食道再建. 手術. 2009; 63(4): 461-6.
橋川和信, 田原真也. 顔面-舌下神経クロスリンク型神経移植術 顔面神経麻痺に対するsurgical rehabilitationの新展開. 医学のあゆみ. 2009; 228(9): 928-9.
橋川和信, 田原真也. 【顔面骨骨折治療のコツとpitfall】眼窩骨折治療のコツ―陥りやすい過ちとその対策―. PEPARS. 2007; 18: 59-66.
橋川和信, 寺師浩人, 田原真也. 【形成外科に学ぶ頭頸部領域の基本手技】神戸大学における遊離前腕皮弁移植の基本戦略. 頭頸部癌. 2006; 32(3): 247-52.
橋川和信, 田原真也. 【下咽頭・頸部食道の再建】気管空腸瘻(TJシャント)による音声再建. 形成外科. 2004; 47(11): 1215-20.


主な学会発表

<シンポジウム・パネルディスカッション等>
橋川和信. 【シンポジウム「SSTI治療におけるAMR対策に基づく抗菌薬適正使用」】重症MRSA-SSIの外科治療戦略:難治症例から学ぶ. MRSAフォーラム 2017(東京), 2017.
橋川和信, 野村正, 寺師浩人: 【シンポジウム3「マイクロサージャリーを用いた頭頸部領域の再手術」】頭頸部の既手術部位を遊離皮弁で再建する際の吻合血管選択に関する考察. 第9回日本創傷外科学会総会・学術集会(岐阜), 2017.
橋川和信: 【シンポジウム1「腫瘍切除に伴う顔面神経麻痺の予防と治療」】腫瘍切除後の顔面神経即時再建術の結果に影響を及ぼす因子は何か同一施設・同一術式による連続症例の検討. 第40回日本顔面神経学会(さいたま), 2017.
橋川和信, 明石昌也, 楠元順哉, 野村正, 寺師浩人: 【シンポジウム2「頭頸部再建に残された課題-二次再建の挑戦と課題-」】重症下顎骨放射線骨髄炎に対する手術―デブリドマン範囲を病理組織学的検討結果から考察する―, 第60回日本形成外科学会総会・学術集会(大阪), 2017.
橋川和信: 【イブニングセミナー6「頭頸部腫瘍における下顎再建後のインプラント治療―産学連携した手術工夫と機能評価、骨再生マテリアルの開発―】下顎再建における術式の標準化, 第46回日本口腔インプラント学会学術大会(名古屋), 2016.
橋川和信: 【学術セミナー5「ALL JAPAN体制によるエビデンス創出の重要性~種々の多施設共同研究で日常臨床は変わるのか~」】微小血管吻合の危険因子解析~1242例を対象とした多施設前向き研究~. 第40回日本頭頸部癌学会(さいたま), 2016
橋川和信: 【パネルディスカッション「顔面神経機能再建の進歩と将来」】陳旧性顔面神経不全麻痺に対する舌下神経-顔面神経クロスリンク型神経移植術. 第117回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会(名古屋), 2016.
橋川和信, 木谷慶太郎, 髙須啓之, 野村正, 寺師浩人: 【特別企画「眼窩骨折の治療指針」】神戸大学形成外科における眼窩骨折の治療. 第27回日本眼瞼義眼床手術学会(横浜), 2016.
橋川和信, 野村正: 【シンポジウム2「Free flapにおける血管吻合のコツ」】神戸大学における血管吻合―手術器械・材料へのこだわり―. 第42回日本マイクロサージャリー学会学術集会(さいたま), 2015.
橋川和信, 野村正, 一瀬晃洋, 寺師浩人: 【パネルディスカッション「美容外科教育―大学での美容外科教育の現状と課題」】神戸大学における美容外科教育の現状と課題―quid faciam? quo eam?. 第38回日本美容外科学会総会(横浜), 2015.
橋川和信, 野村正, 寺師浩人: 【シンポジウム1「リンパ浮腫治療におけるマイクロサージャリー」】直針付き縫合糸を用いるback-wall techniqueの微小リンパ管吻合における有用性. 第41回日本マイクロサージャリー学会学術集会(京都), 2014.
橋川和信: 【パネルディスカッション「麻痺発症後長期経過例に対する神経再建術」】発症後長期経過した顔面神経不全麻痺例に対するクロスリンク型神経移植術. 第37回日本顔面神経学会(東京), 2014.
橋川和信, 寺師浩人: 【シンポジウム1「再建外科に応用できる美容外科的手法」】顔面神経不全麻痺に対する美容外科的手術. 第57回日本形成外科学会総会・学術集会(長崎), 2014.
橋川和信, 榊原俊介, 野村正, 寺師浩人: 【パネルディスカッション2「遊離皮弁移植のコツ」】遊離皮弁移植の術前計画における画像検査の有用性. 第19回日本形成外科手術手技学会(名古屋), 2014.
橋川和信: 【シンポジウム2「そこが知りたい!下顎再建のポイント」】下顎再建におけるCAT分類とCATコンセプト―標準化に向けて―. 第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会(札幌), 2014.
橋川和信, 榊原俊介, 辻依子, 奥村興, 野村正, 田原真也, 寺師浩人: 【シンポジウム2「知覚皮弁の適応と成績」】皮弁と知覚に関する経験と考察. 日本マイクロサージャリー学会40周年記念学術集会(盛岡), 2013.
橋川和信: 【シンポジウム「Bell麻痺・Hunt症候群の新しい治療戦略」】Bell麻痺・Hunt症候群不全麻庫例に対するクロスリンク型神経移植術. 第36回日本顔面神経研究会(那覇), 2013.
橋川和信, 櫻庭実, 足立孝二, 兵藤伊久夫: 【ガイドラインシンポジウム4「頭頸部再建II-上顎、下顎、頭蓋、頭蓋底再建」】下顎再建. 第56回日本形成外科学会総会・学術集会(東京), 2013.
橋川和信, 寺師浩人: 【シンポジウム「大学形成外科の現状と未来」】神戸大学形成外科「医局」の現状と未来―quid faciam? quo eam?. 第103回関西形成外科学会(大阪), 2013.
橋川和信, 野村正, 寺師浩人: 【パネルディスカッション3「リンパ浮腫の治療:簡易に良結果を得る方法」】リンパ管静脈吻合手技を容易にするためのアイデアと工夫. 第39回日本マイクロサージャリー学会学術集会(北九州), 2012.
橋川和信, 大守誠, 野村正, 川北育子, 寺師浩人: 【パネルディスカッション「Ophthalmic Plastic Surgery 眼窩の位置・形態異常」】陳旧性眼窩骨折の治療アルゴリズム. 第30回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(豊中), 2012.
橋川和信: 【パネルディスカッション「神経再建用語を考える」】ジャンプグラフト,クロスリンク. 第21回日本形成外科学会基礎学術集会(猪苗代町), 2012.
橋川和信, 榊原俊介: 【シンポジウムII「神経端側縫合の将来展望」】端側神経縫合を利用した腫瘍切除後顔面神経即時再建―「側端型」神経再建連続10症例の検討―. 第35回日本顔面神経研究会(猪苗代町), 2012.
橋川和信: 【基本問題セミナー「顔面神経再建方法の分類と呼称について」】ジャンプグラフトとクロスリンク. 第35回日本顔面神経研究会(猪苗代町), 2012.
橋川和信, 田原真也: 【シンポジウム「流儀の検証」】リンパ管静脈吻合術ではback-wall techniqueが有用である. 第17回日本形成外科手術手技学会(東京), 2012.
橋川和信, 榊原俊介, 寺師浩人, 田原真也: 【シンポジウム3「顔面神経麻痺に対する神経移行術」】陳旧性顔面神経麻痺に対する顔面神経―舌下神経クロスリンク手術:長期観察例の検討. 第38回日本マイクロサージャリー学会学術集会(新潟), 2011.
橋川和信, 横尾聡, 寺師浩人, 田原真也: 【シンポジウム1「下顎再建における咀嚼機能と整容再建」】下顎骨区域欠損に対する新しい再建コンセプト:CATコンセプト. 第38回日本マイクロサージャリー学会学術集会(新潟), 2011.
橋川和信, 榊原俊介, 寺師浩人, 田原真也: 【パネルディスカッション カムイ2「術後瘻孔閉鎖に対する私の考え方」】頭部術後難治性瘻孔に対する考え方~頭皮・頭蓋骨・硬膜外腔・硬膜・髄液腔を有機的複合体として考える~. 第3回日本創傷外科学会総会・学術集会(札幌), 2011.
橋川和信, 寺師浩人, 田原真也: 【シンポジウム4「上顎再建―整容的改善への挑戦―」】がん切除後上顎・眼窩再建に対する神戸大学の治療タクティクス. 第35回日本頭頸部癌学会(名古屋), 2011.
橋川和信, 牧口貴哉, 江尻浩隆, 榊原俊介, 田原真也: 【シンポジウム1「基礎疾患のある患者に対するマイクロサージャリー」】頭頸部へのfree flap移植術における吻合部血栓のリスク因子について~同一施設連続症例を対象とする患者因子の検討~. 第37回日本マイクロサージャリー学会学術集会(名古屋), 2010.
橋川和信, 榊原俊介, 寺師浩人, 田原真也: 【ビデオシンポジウム「顔面骨骨折手術における私のBest Practice」】新鮮眼窩骨折手術における私のBest Practice~腸骨髄質移植~. 第2回日本創傷外科学会総会・学術集会(神戸), 2010.
橋川和信: 【パネルディスカッション1「顔面神経麻痺に対する整容改善手術(治療)」】顔面神経麻痺の目もとに対する治療タクティクス. 第33回日本顔面神経研究会(福岡), 2010.
橋川和信, 寺師浩人, 田原真也: 【シンポジウム2「皮弁移植術―手技の再考―各種腫瘍再建に用いられる代表的皮弁」】遊離前腕皮弁を用いる頭頸部再建術の手術手技. 第15回形成外科手術手技研究会(長崎), 2010.
橋川和信, 横尾聡, 寺師浩人, 田原真也: 【パネルディスカッションIV「外形美へのこだわりと私の基準」】下顎骨再建における整容性の追求と治療における基準―「CAT分類」から「CATコンセプト」へ―. 第52回日本形成外科学会総会・学術集会(横浜), 2009.
橋川和信, 榊原俊介, 田原真也: 【パネルディスカッション3「顔面神経麻痺の後療法」】顔面神経―舌下神経クロスリンク手術の術後リハビリテーション. 第35回日本マイクロサージャリー学会学術集会(新潟), 2008.
橋川和信, 牧口貴哉, 一瀬晃洋, 寺師浩人, 田原真也: 【パネルディスカッションI-2「頭頸部腫瘍切除後の二次再建」】頭頸部腫瘍切除後の二次的義眼床形成再建手術―治療戦略と問題点―. 第26回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(盛岡), 2008.
橋川和信, 横尾聡, 田原真也: 【パネルディスカッション2「下顎骨再建のupdate ―腫瘍切除後の一次下顎再建における治療指針の確立―」】がん切除後下顎骨欠損の分類法について―新しい分類法「CAT分類」の提案―. 第32回頭頸部癌学会・第29回頭頸部手術手技研究会(東京), 2008.
橋川和信, 柳沢曜, 横尾聡, 寺師浩人, 田原真也: 【パネルディスカッションIII「マイクロ手術手技のコツとピットフォール」】頭頸部free flap再建後の内頸静脈血栓症による吻合静脈閉塞~頭頸部血管吻合におけるピットフォール~. 第51回日本形成外科学会総会・学術集会(名古屋), 2008.
橋川和信, 横尾聡, 大守誠, 榊原俊介, 石田泰久, 寺師浩人, 田原真也: 【シンポジウムII「機能面を考慮した頭頸部再建」】どうすれば筋皮弁の術後筋体量を維持できるか:術後機能の良い頭頸部再建を目指す translational approach. 第51回日本形成外科学会総会・学術集会(名古屋), 2008.
橋川和信, 田原真也: 【特別企画1「マイクロサージャリーの基本手技:血管吻合」】神戸大学形成外科における基本的な微小血管吻合法. 第34回日本マイクロサージャリー学会学術集会(福島), 2007.
橋川和信, 横尾聡, 野村正, 中原実, 丹生健一, 寺師浩人, 田原真也: 【シンポジウム3「Conventional flap vs Perforator flap」】頭頸部再建におけるconventional flap, とくに遊離前腕皮弁のreliabilityとversatilityについて. 第31回日本頭頸部癌学会・第28回頭頸部手術手技研究会(横浜), 2007.
橋川和信, 寺師浩人, 田原真也: 【シンポジウム1「形成外科に学ぶ頭頸部領域の基本手技―切除側・再建側, 徹底討論―」】神戸大学における遊離前腕皮弁移植の基本戦略. 第30回日本頭頸部癌学会・第27回頭頸部手術手技研究会(大阪), 2006.
橋川和信, 田原真也: 【アペリティフシンポジウム「どうする?バセドウ病眼症の外科的治療」】バセドウ病の下眼瞼退縮に対する耳介軟骨移植の経験. 第17回義眼床手術研究会(神戸), 2006.
橋川和信, 寺師浩人, 田原真也: 【パネルディスカッションII「眼瞼・眼窩・義眼床の再建」】義眼装着患者の3主徴とわれわれの治療戦略. 第23回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会(徳島), 2005.
Hashikawa K, Tahara S, Yokoo S, Nakahara M: [Panel Discussion “Head and Neck”] Preoperative MR angiography in free fibula osteocutaneous flap. The 10th Japan-China Joint Meeting on Plastic Surgery (Osaka), 1999.

主な基礎・臨床研究

<競争的資金による研究>
平成28-29年度埼玉県産学連携研究開発プロジェクト補助金,超高純度マグネシウム生体吸収性ボーンプレート・スクリューの製品化(申請者)
平成25-27年度ふくしま医療福祉機器開発事業費補助事業, 超高純度マグネシウムを用いた生体吸収性ボーンプレート・スクリュー製造技術の構築・量産事業化(共同研究者)
平成25-27年度日本学術振興会科学研究費補助金挑戦的萌芽研究, 定量的タンパク質発現解析を利用したミクロ解剖学アトラスの開発(研究代表者)
平成25-27年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C), 血管奇形悪化機序の解明~成長ホルモン受容体を巡って~(研究分担者)
平成24-25年度日本学術振興会科学研究費補助金挑戦的萌芽研究, ワイヤーミオグラフシステムによる血管抗攣縮薬の薬理学的作用と力価の決定(研究分担者)
平成24-25年度厚生労働科学研究費補助金第3次対がん総合戦略研究事業, 【国民に役立つ情報提供のためのがん情報データベースや医療機関データベースの質の向上に関する研究】がん医療の質向上を目指した基本がんクリニカルパス作成と公開に関する研究(研究協力者)
平成23-25年度独立行政法人国立がん研究センター運営費交付金研究開発費(がん研究開発費), 【手術手技の最適化による標準治療確立のための多施設共同研究】微小血管吻合術後血栓形成の危険因子解析に関する多施設共同研究(分担研究者)
平成23年度経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業, 超高純度マグネシウムを用いた生体吸収性ボーンプレート製造技術の開発(共同研究者)
平成22-24年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C), 顔面神経-舌下神経クロスリンク型神経移植術における神経回路構築の機序を探る(研究代表者)
平成22-24年度経済産業省戦略的基盤技術高度化支援事業, 三次元造形技術による極限疑似血管モデルの開発(副総括研究代表者(SL))
平成22-24年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C), リンパ管内皮細胞の分子生物学的解析~プロスタノイドレセプターをめぐって~(研究分担者)
平成22-23年度日本学術振興会科学研究費補助金挑戦的萌芽研究, PVAハイドロジェルを基材とした新しい小口径人工血管の開発(研究分担者)
平成22年度独立行政法人国立がん研究センター運営費交付金研究開発費(がん研究開発費), 【がん外科治療における形成再建外科標準術式の確立に関する研究】がん切除後下顎骨再建法の標準化に関する研究(分担研究者)
平成21-23年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C), 銀イオンが創傷治癒機転に及ぼす影響の分子生物学的解析―創傷治癒を促進させるか―(研究分担者)
平成21年度厚生労働省がん研究助成金, 【がん外科治療における形成再建外科標準術式の確立に関する研究】がん切除後下顎骨再建法の標準化に関する研究(分担研究者)
平成20-22年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B), 脱細胞化神経をバイオスキャフォールドとする新しいハイブリッド型人工神経の開発(研究分担者)
平成19-21年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(C), 顔面神経麻痺への顔面神経-舌下神経クロスリンク型神経移植術における神経科学的研究(研究代表者)
平成19-20年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(B), ラット遊離筋弁移植モデルを用いた運動・知覚神経交差再生による筋萎縮予防効果の解明(研究分担者)
平成19-20年度日本学術振興会科学研究費補助金萌芽研究, 脱細胞血管をスキャフォールドとした小口径人工血管モデルの作製(研究分担者)
平成19-20年度厚生労働省がん研究助成金, 【がん外科治療における形成再建手技の確立に関する研究】下顎骨切除後の再建法の標準化(研究協力者)


<学内医学倫理委員会の承認を得た研究>
舌再建術後の機能に対するリスク因子解析(研究実施責任者)
遊離空腸移植の術式標準化に関する研究(研究実施責任者)
舌半側切除後の遊離前腕皮弁再建に関する長期経過観察研究(研究実施責任者)
微小血管吻合術後血栓形成の危険因子に関する多施設共同研究(研究実施責任者)
皮膚・排泄ケア認定看護師(WOC看護師)が実施するVAC療法の有効性の評価(研究実施責任者)
末梢性顔面神経麻痺患者に対する多施設共同リハビリテーション介入研究(共同研究者)
ヒト皮膚におけるメラノプシンおよびそのシグナル関連タンパク質の発現解析(共同研究者)
前腕皮弁採取後の手指血行動態に関する研究(研究実施責任者)
頭頸部遊離皮弁200例を対象とした血栓危険因子に関する研究(研究実施責任者)
無侵襲混合血酸素飽和度監視装置を用いた皮膚血流モニタリングに関する研究(研究実施責任者)
血管・リンパ管の循環動態に対するICG蛍光navigationに関する研究(研究実施責任者)
舌癌再建手術後の患者における横断的QOL調査(研究実施責任者)
ヒト頭皮由来無細胞真皮作製方法の研究(共同研究者)
ヒト脂肪由来未分化間葉系幹細胞の骨および脂肪分化誘導能に関する研究(共同研究者)


<院内治験審査委員会の承認を得た研究>
エムラクリーム使用成績調査(調査責任医師)
RENASYS創傷治療システムの創傷に対する安全性および有効性の検討(調査責任医師)
アンプラーグ特定使用成績調査(長期投与における血管イベント調査)(調査責任医師)
スーパーフィクソーブMX30・スーパーフィクソーブMX40使用成績調査(調査責任医師)