研究の内容と業績

研究の内容業績


(研究の内容)

1) カルシニューリンと機能的に関連する遺伝子群の同定と解析
臓器移植に必須の薬物,免疫抑制薬(FK506,シクロスポリン等)の標的はカルシニューリンと呼ばれる蛋白質脱燐酸化酵素です。免疫抑制薬の副作用として,腎障害,高脂血症,高血圧等が良く知られていますが,これらもカルシニューリンとその標的分子を介して生じていることが推測されます。しかし,この様な標的分子の同定は,従来の生化学的,分子生物学的手法のみでは困難でした。我々は,分裂酵母にもカルシニューリン遺伝子が存在することに注目し,分子遺伝学的手法を用いることにより,カルシニューリンと機能的に関連する遺伝子群の単離及び機能解析を進めています。カルシニューリン欠損変異体の多コピー抑圧遺伝子群のクローニングと解析,免疫抑制薬感受性変異体の解析と変異遺伝子の同定の2つを中心に研究を進め,カルシニューリンがイオンホメオスターシス,細胞壁合成,細胞内輸送,細胞形態,細胞周期,イノシトール燐脂質代謝,RNA代謝等の多彩な現象の制御に関わっていることが明らかになりました。また,生細胞でのカルシニューリン活性をリアルタイムにモニターする方法を開発し,細胞内カルシウムを制御する2つの異なる経路があることを明らかにしました。

2) ストレスに対する細胞応答機構の解析
細胞は,外界の様々なストレスに対して的確に応答することで,環境変化に適応しています。最近,ストレスにより活性化されるMAPキナーゼカスケードがヒトや酵母等のすべての真核細胞に存在し,ストレス応答において重要な働きをしていることが明らかにされてきました。我々は,1)で述べたカルシニューリンがこのストレス応答経路とクロストークすることを発見し,そのメカニズムの解明をDr. Takashi Toda (ICRF, London)と共同で進めています。その過程で,リン酸化によりインヒビターからアクチベーターに変わる分子やRNA結合タンパク質によるシグナル伝達制御メカニズムを発見しました。
一方,紫外線や低グルコースなどのストレスに応答する細胞経路については、未だに不明の点が多いので,分子センサーの探索やセンサーからの情報伝達経路を中心に研究を進めています。この経路と発がんや糖尿病との関連も徐々に明らかになっています。

3) モデル生物を用いた薬理ゲノム学
薬理ゲノム学(Pharmacogenomics)とは個人の遺伝子構成と薬物療法への感受性との相関を調べるものである。薬理ゲノム学は,現在,薬理学の中で最も期待されている新しい研究領域である。しかし,薬物代謝関連酵素遺伝子以外では,薬物に対する感受性について,遺伝子レベルで解明された例はほとんどなく,副作用と関連する同定をストレトに目指した研究も皆無であった。我々は,分裂酵母モデル系を用いるという,独自のアイディアに基づき,薬物感受性遺伝子の同定をシステマティックに進めている。,免疫抑制薬,抗てんかん薬,抗癌薬,重金属などに対する感受性を決定する多数の遺伝子を同定している。これらの遺伝子の多くは酵母とヒトの間で高度に保存されており,これらの遺伝子における変異がヒトにおける重要な副作用の発現と密接に関連すると考えられる。

4) 薬物耐性の分子機構
細胞は,がんや感染症に用いる薬物に対して耐性を持ち治療に抵抗することがあります。私達は,抗真菌薬に対して耐性が生じる分子メカニズムについての研究を,中国医科大学の房月副教授と共同で進めています。

5) 臨床薬理学
ヒトにおける薬物の効果や副作用とCYPやPDRなどの遺伝子多型との関係について、附属病院薬剤部と共同で研究を進めています。

6) その他
上記以外にも,興味あるテーマで分裂酵母モデル系が威力を発揮すると思われる場合は,積極的にやって行こうと考えています。メソドロジーは,遺伝学を中心として,生化学,分子生物学,細胞生物学は勿論,電子顕微鏡まで使えるものは何でも使うつもりですので,生命科学を始めて学ぶ人にとっても,色々な実験を経験できるという意味で,最適な環境を提供できると自負しています。未解析な変異体はたくさんあります。一人でも多くの方が,このおもしろいモデル系を使った謎解きに参加してくださることを願っています。

(業績)英文和文学会発表


[英文]

Possible Involvement of Nitric Oxide and Reactive Oxygen Species in Glucose Deprivation-Induced Activation of Transcription Factor Rst2
Toshiaki Kato, Xin Zhou, Yan Ma
PLoS ONE 2013, 8(10): e78012. doi:10.1371/journal.pone.0078012 論文をみる

TORC1 Signaling Is Governed by Two Negative Regulators in Fission Yeast
Ning Ma, Qingbin Liu, Lili Zhang, Elizabeth Petri Henske and Yan Ma
Genetics Early Online August 9, 2013, doi: 10.1534/genetics.113.154674 Pubmed

Genome-Wide Screening for Genes Associated with Valproic Acid Sensitivity in Fission Yeast
Lili Zhang, Ning Ma, Qingbin Liu, Yan Ma
PLoS ONE 2013, 8(7): e68738. doi:10.1371/journal.pone.0068738 論文をみる

A Genome-Wide Screening of Potential Target Genes to Enhance the Antifungal Activity of Micafungin in Schizosaccharomyces pombe.
Xin Zhou, Yan Ma, Yue Fang, Wugan gerile, Wurentuya Jaiseng, Yuki Yamada, Takayoshi Kuno
PLoS ONE 2013, 8(5): e65904. doi:10.1371/journal.pone.0065904 論文をみる

A Genetic and Pharmacological Analysis of Isoprenoid Pathway by LC-MS/MS in Fission Yeast.
Tomonori Takami, Yue Fang, Xin Zhou, Wurentuya Jaiseng, Yan Ma, and Takayoshi Kuno
PLoS ONE 2012, 7(11): e49004. doi:10.1371/journal.pone.0049004 論文をみる

Studies on the roles of clathrin-mediated membrane trafficking and zinc transporter Cis4 in the transport of GPI-anchored proteins in fission yeast.
Wurentuya Jaiseng, Yue Fang, Yan Ma, Reiko Sugiura and Takayoshi Kuno
PLoS ONE, 2012, 7(7): e41946. doi:10.1371/journal.pone.0041946 論文をみる

Genome-wide screen reveals novel mechanisms for regulating cobalt uptake and detoxification in fission yeast.
Sayomi Ryuko, Yan Ma, Ning Ma, Motoyoshi Sakaue, and Takayoshi Kuno
Mol. Genet. Genomics, 2012, Volume 287, Number 8 (2012), 651-662, DOI: 10.1007/s00438-012-0705-9 論文をみる

A measurable activation of the bZIP transcription factor Atf1 in a fission yeast strain devoid of stress-activated and cell-integrity MAPK activities.
Xin Zhou, Yan Ma, Toshiaki Kato, and Takayoshi Kuno
J. Biol. Chem. 2012; 287(28): p. 23434-23439 論文をみる

Genetic screening for regulators of Prz1, a transcriptional factor acting downstream of calcineurin in fission yeast.
Atsushi Koike, Toshiaki Kato, Reiko Sugiura, Yan Ma, Yuki Tabata, Koji Ohmoto, Susie O. Sio, and Takayoshi Kuno
J. Biol. Chem. 2012; 287(23): p. 19294-19303 論文をみる

A genome-wide screen in Schizosaccharomyces pombe for genes affecting the sensitivity of antifungal drugs that target ergosterol biosynthesis.
Yue Fang, Lingling Hu, Xin Zhou, Wurentuya Jaiseng, Ben Zhang, Tomonori Takami, and Takayoshi Kuno
Antimicrob. Agents Chemother., 2012; 56:1949-1959. Pubmed

Genome-Wide Screening for Genes Associated with FK506 Sensitivity in Fission Yeast.
Yan Ma, Weijuan Jiang, Qingbin Liu, Sayomi Ryuko, Takayoshi Kuno
PLoS ONE, 2011, 6(8): e23422. doi:10.1371/journal.pone.0023422. 論文をみる

Transient Receptor Potential (TRP) and Cch1-Yam8 Channels Play Key Roles in the Regulation of Cytoplasmic Ca2+ in Fission Yeast.
Yan Ma, Reiko Sugiura, Atsushi Koike, Hidemine Ebina, Susie O. Sio, Takayoshi Kuno
PLoS ONE, 2011, 6(7): e22421. doi:10.1371/journal.pone.0022421. 論文をみる

MAPKKK-dependent and -independent activation of Sty1 stress MAPK in fission yeast.
Xin Zhou, Yan Ma, Reiko Sugiura, Daiki Kobayashi, Masahiro Suzuki, Lu Deng, and Takayoshi Kuno
J. Biol. Chem. 2010, Oct 2010; 285: 32818 - 32823.Pubmed

Isolation of a fission yeast mutant that is sensitive to valproic acid and defective in the gene encoding Ric1, a putative component of Ypt/Rab-specific GEF for Ryh1 GTPase.
Yan Ma, Reiko Sugiura, Lili Zhang, Xin Zhou, Mai Takeuchi, Yi He, and Takayoshi Kuno
Mol. Genet. Genomics, 2010; 284(3):161-171. Pubmed

The Cell Surface Protein Gene ecm33+ Is a Target of the Two Transcription Factors Atf1 and Mbx1 and Negatively Regulates Pmk1 MAPK Cell Integrity Signaling in Fission Yeast.
Hirofumi Takada, Aiko Nishida, Mitsuhiro Domae, Ayako Kita, Yuki Yamano, Atsushi Uchida, Shunji Ishiwata, Yue Fang, Xin Zhou, Takashi Masuko, Mitsuhiro Kinoshita, Kazuaki Kakehi, and Reiko Sugiura
Mol. Biol. Cell, 2010; 21(4): 674-685.Pubmed

Deletion mutants of AP-1 adaptin subunits display distinct phenotypes in fission yeast.
Yan Ma, Mai Takeuchi, Reiko Sugiura, Susie O. Sio, and Takayoshi Kuno
Genes Cells, 2009; 14: 1015-1028. Pubmed


Pleiotropic phenotypes caused by an opal nonsense mutation in an essential gene encoding HMG-CoA reductase in fission yeast.
Yue Fang, Kiwamu Imagawa, Xin Zhou, Ayako Kita, Reiko Sugiura, Wurentuya Jaiseng, and Takayoshi Kuno
Genes Cells, 2009; 14: 759-771. Pubmed

Cation Diffusion Facilitator Cis4 is Implicated in Golgi Membrane Trafficking via Regulating Zinc Homeostasis in Fission Yeast.
Yue Fang, Reiko Sugiura, Yan Ma, Tomoko Yada-Matsushima, Hirotatsu Umeno, and Takayoshi Kuno
Mol. Biol. Cell, 2008, 19(4): 1295-1303. Pubmed

Molecular Genetic Approach to Identify Inhibitors of Signal Transduction Pathways.
Shunji Ishiwata, Takayoshi Kuno, Hirofumi Takada, Atsushi Koike and Reiko Sugiura.
Sourcebook of Models for Biomedical Research, Humana Press Inc., 2008,439-443. book website

Atf1 is a target of the mitogen-activated protein kinase Pmk1 and regulates cell integrity in fission yeast.
Hirofumi Takada, Masayuki Nishimura, Yuta Asayama, Yoshiaki Mannse, Shunji Ishiwata, Ayako Kita, Akira Doi, Aiko Nishida, Naoyuki Kai, Sayako Moriuchi, Hideki Tohda, Yuko Giga-Hama, Takayoshi Kuno, and Reiko Sugiura.
Mol. Biol. Cell, 2007 18(12):4794-4802. Pubmed

Wobble inosine tRNA modification is essential to cell cycle progression in G1/S and G2/M transitions in fission yeast.
Satoshi Tsutsumi, Reiko Sugiura, Yan Ma, Hideki Tokuoka, Kazuki Ohta, Rieko Ohte, Akiko Noma, Tsutomu Suzuki, and Takayoshi Kuno.
J. Biol. Chem., 2007 282(46):33459-33465. Pubmed

Studies on Fungal Pumilio Gene Family through Mining Multiple Genome-Scale Data Sets.
Yutaka Matsushima, Reiko Sugiura and Takayoshi Kuno.
Kobe J. Med. Sci. 2007 53(4):163-169. Pubmed

Six new amino acid-auxotrophic markers for targeted gene integration and disruption in fission yeast.
Yan Ma, Reiko Sugiura, Mariko Saito, Atsushi Koike, Susie Ong Sio, Yasuko Fujita, Kaoru Takegawa and Takayoshi Kuno.
Curr. Genet., 2007 Aug; 52(2): 97-105. Pubmed

Valproic Acid Affects Membrane Trafficking And Cell Wall Integrity in Fission Yeast.
Makoto Miyatake, Takayoshi Kuno, Ayako Kita, Kosaku Katsura, Kaoru Takegawa, Satoshi Uno, Toshiya Nabata, and Reiko Sugiura
Genetics, 2007 175: 1695 - 1705. Pubmed

Rho2 is a Target of the Farnesyltransferase Cpp1 and Acts Upstream of Pmk1 MAP Kinase Signaling in Fission Yeast.
Yan Ma, Takayoshi Kuno, Ayako Kita, Yuta Asayama and Reiko Sugiura
Mol. Biol. Cell, 2006 17(12):5028-5037. Pubmed

Genetic Evidence for Phospholipid-Mediated Regulation of the Rab GDP-Dissociation Inhibitor in Fission Yeast.
Yan Ma, Takayoshi Kuno, Ayako Kita, Toshiya Nabata, Satoshi Uno and Reiko Sugiura
Genetics, 2006 174(3):1259-1271. Pubmed

Real-Time Monitoring of Calcineurin Activity in Living Cells: Evidence for Two Distinct Ca2+-Dependent Pathways in Fission Yeast.
Lu Deng, Reiko Sugiura, Mai Takeuchi, Masahiro Suzuki, Hidemine Ebina, Tomonori Takami, Atsushi Koike, Shiori Iba, and Takayoshi Kuno
Mol. Biol. Cell, 2006 17: 4790-4800. Pubmed

Genetic and Functional Interaction between Ryh1 and Ypt3: two Rab GTPases that Function in S. pombe Secretory Pathway.
Yi He, Reiko Sugiura, Yan Ma, Ayako Kita, Lu Deng, Kaoru Takegawa, Ken Matsuoka, Hisato Shuntoh, and Takayoshi Kuno
Genes. Cells, 2006 Mar;11(3):207-21. Pubmed

Phosphatidylinositol-4-phosphate-5-kinase regulates fission yeast cell integrity through a phospholipase C-mediated protein kinase C-independent pathway.
Lu Deng, Reiko Sugiura, Kazuki Ohta, Kazuki Tada, Masahiro Suzuki, Masato Hirata, Shun-ichi Nakamura, Hisato Shuntoh, and Takayoshi Kuno
J. Biol. Chem., 2005 July 29;280(30):27561-27568. Pubmed

The role of the regulatory subunit of fission yeast calcineurin for in vivo activity and its relevance to FK506 sensitivity.
Sio SO, Suehiro T, Sugiura R, Takeuchi M, Mukai H, and Kuno T
J. Biol. Chem., 2005 Apr 1;280(13):12231-12238. Pubmed

Comparison of Toxicity and Toxicokinetics/Pharmacokinetics of an α1L-adrenoceptor Agonist in Rats and Rhesus monkeys.
Matsumaru T, Sugiura R, Sakai K, Igarashi T, and Kuno T
J. Pharmacol. Sci., 2005 Feb;97(2):273-83. Pubmed

Loss of Apm1, the AP-1 Clathrin-Adaptor mu1 Subunit, Causes Distinct Phenotypes and Synthetic Lethality with Calcineurin Deletion in Fission Yeast
Kita A, Sugiura R, Shoji H, He Y, Deng L, Lu Y, Sio SO, Takegawa K, Sakaue M, Shuntoh H, and Kuno T
Mol. Biol. Cell., 2004 Jun 15(6):2920-2931. Pubmed

Lub1 Participates in Ubiquitin Homeostasis and Stress Response via Maintenance of Cellular Ubiquitin Contents in Fission Yeast.
Ogiso Y, Sugiura R, Kamo T, Yanagiya S, Lu Y, Okazaki K, Shuntoh H, Kuno T.
Mol. Cell. Biol. 2004 Mar 15;24(6):2324-2331. Pubmed

Upregulation of mRNA in MAPK Signaling: Transcriptional Activation or mRNA Stabilization?
Sugiura R, Kita A, Kuno T.
Cell Cycle, 2004 Mar;3(3):286-288. Pubmed

Pmr1, a P-type ATPase, and Pdt1, an Nramp Homolog, Cooperatively Regulate Cell Morphogenesis in Fission Yeast: The Importance of Mn2+ Homeostasis.
Maeda-T; Sugiura-R; Kita-A; Saito-M; Deng-L; He-Y; Lu-Y; Fujita-Y; Takegawa-K; Shuntoh-H; Kuno-T
Genes. Cells, 2004 Jan;9(1):71-82. Pubmed

Feedback regulation of MAPK signalling by an RNA-binding protein.
Sugiura-R; Kita-A; Shimizu-Y; Shuntoh-H; Sio-SO; Kuno-T.
Nature, 2003 August; 424(6951):961-5, 関連記事 (朝日毎日神戸日経). Pubmed

Zinc Finger Protein Prz1 Regulates Ca2+ but Not Cl- Homeostasis in Fission Yeast. IDENTIFICATION OF DISTINCT BRANCHES OF CALCINEURIN SIGNALING PATHWAY IN FISSION YEAST.
Hirayama-S; Sugiura-R; Lu-Y; Maeda-T; Kawagishi-K; Yokoyama-M; Tohda-H; Giga-Hama-Y; Shuntoh-H; Kuno-T.
J. Biol. Chem., 2003 May; 278(20):18078-84. Pubmed

Calcineurin is implicated in the regulation of the septation initiation network in fission yeast.
Lu-Y; Sugiura-R; Yada-T; Cheng-H; Sio-SO; Shuntoh-H; Kuno-T
Genes. Cells, 2002 Oct; 7 (10):1009-19
Pubmed

Role of the Rab GTP-binding protein Ypt3 in the fission yeast exocytic pathway, and its connection to calcineurin function.
Cheng-H; Sugiura-R; Wu-W; Fujita-M; Lu-Y; Sio-SO, Kawai-R; Takegawa-K; Shuntoh-H; Kuno-T
Mol. Biol. Cell, 2002 Aug; 13:2963-76
Pubmed

Genetic interaction between calcineurin and type 2 myosin and their involvement in the regulation of cytokinesis and chloride ion homeostasis in fission yeast.
Fujita-M; Sugiura-R; Lu-Y; Xu-L; Xia-Y; Shuntoh-H; Kuno-T
Genetics, 2002 Jul; 161: 971-81. Pubmed

Calcineurin phosphatase in signal transduction: lessons from fission yeast.
Sugiura-R; Sio-SO; Shuntoh-H; Kuno-T
Genes. Cells, 2002 Jul; 7 (7):619-27. Pubmed

Downregulation of vascular soluble guanylate cyclase induced by high salt intake in spontaneously hypertensive rats.
Kagota-S; Tamashiro-A; Yamaguchi-Y; Sugiura-R; Kuno-T; Nakamura-K; Kunitomo-M
Br. J. Pharmacol., 2001 Oct; 134 (4):737-44. Pubmed

Its8, a fission yeast homologue of Mcd4 and Pig-n, is involved in GPI anchor synthesis and shares an essential function with calcineurin in cytokinesis.
Yada-T; Sugiura-R; Kita-A; Itoh-Y; Lu-Y; Hong-Y; Kinoshita-T; Shuntoh-H; Kuno-T
J. Biol. Chem., 2001 Apr; 276 (17):13579-86. Pubmed

Molecular genetic analysis of the calcineurin signaling pathways.
Sugiura-R; Sio-SO; Shuntoh-H; Kuno-T
Cell. Mol. Life Sci., 2001 Feb; 58 (2):278-88. Pubmed

Phosphatidylinositol-4-phosphate 5-kinase Its3 and calcineurin Ppb1 coordinately regulate cytokinesis in fission yeast.
Zhang-Y; Sugiura-R; Lu-Y; Asami-M; Maeda-T; Itoh-T; Takenawa-T; Shuntoh-H; Kuno-T
J. Biol. Chem., 2000 Nov; 275 (45):35600-6. Pubmed

Tol1, a fission yeast phosphomonoesterase, is an in vivo target of lithium and its deletion leads to sulfite auxotrophy.
Miyamoto-R; Sugiura-R; Kamitani-S; Yada-T; Lu-Y; Sio-SO; Asakura-M; Matsuhisa-A; Shuntoh-H; Kuno-T
J. Bacteriol., 2000 Jul; 182: 3619-25. Pubmed

The MAPK kinase Pek1 acts as a phosphorylation-dependent molecular switch.
Sugiura-R; Toda-T; Dhut-S; Shuntoh-H; Kuno-T
Nature, 1999 Jun; 399 (6735): 479-83. Pubmed

pmp1+, a suppressor of calcineurin deficiency, encodes a novel MAP kinase phosphatase in fission yeast.
Sugiura-R; Toda-T; Shuntoh-H; Yanagida-M; Kuno-T
EMBO J., 1998 Jan; 17 (1): 140-8. Pubmed

The fission yeast pmk1+ gene encodes a novel mitogen-activated protein kinase homolog which regulates cell integrity and functions coordinately with the protein kinase C pathway.
Toda-T; Dhut-S; Superti-Furga-G; Gotoh-Y; Nishida-E; Sugiura-R; Kuno-T
Mol. Cell. Biol., 1996 Dec; 16(12): 6752-64. Pubmed

Cloning and characterization of hsc1+, a heat shock cognate gene of the fission yeast Schizosaccharomyces pombe.
Oishi-K; Sugiura-R; Shuntoh-H; Kuno-T
Gene, 1996 Nov 28; 181(1-2): 45-9. Pubmed


[和文]
カルシニューリン
馬艶,久野高義
遠藤斗志也,小椋光,永田和宏,森和俊,田口英樹,吉田賢右 共編
蛋白質核酸酵素,「キーワード:蛋白質の一生」
2008年6月号増刊,53(8):919

シクロスポリンA
馬艶,久野高義
遠藤斗志也,小椋光,永田和宏,森和俊,田口英樹,吉田賢右 共編
蛋白質核酸酵素,「キーワード:蛋白質の一生」
2008年6月号増刊,53(8):938

its変異体
久野高義
生化学, 2005 Dec; 77(12) 1529

分裂酵母のカルシニューリンと免疫抑制薬感受性変異体

久野高義
バイオアップデートに掲載中!

its変異体
久野高義
生化学, 2005 Dec; 77(12) 1529

カルシニューリンによる細胞制御
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
生化学, 2005 Oct; 77(10) 1291-1298

酵母ゲノミクスを用いたdrug discovery
春藤久人,杉浦麗子,久野高義
日本薬理学雑誌, 2005 Apr; 125(4) 213-218

RNA結合タンパク質によるMAPキナーゼシグナルの新たな制御機構
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
細胞工学, 2003; 22(11):1212-1213

カルシニューリン研究最前線:クロストーク系と内因性阻害分子の発見を中心に
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
実験医学, 2003; 21(1):65-8

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンの機能解析(受賞者講演)
杉浦麗子
日本薬理学雑誌 2002 Mar; 119(3) 155-61

細胞内シグナル伝達研究
杉浦麗子,藤田昌昭,春藤久人,久野高義
フローチャートでみる先端バイオ研究の進め方
辻本豪三,田中利男 共編
羊土社
2001(4);17-23

シグナル伝達カスケードと分子シャペロン
杉浦麗子,藤田昌昭,春藤久人,久野高義
分子シャペロンによる細胞機能制御
永田和宏,森正敬,吉田賢右 共編
シュプリンガー・フェアラーク東京
2001(6);140-7

分裂酵母モデル系を用いたゲノム創薬とゲノム薬理学
久野高義,杉浦麗子,春藤久人
蛋白質核酸酵素, 2000;「最先端創薬」
4月号増刊,45(6):868-873

新規MAPKK Pek1は抑制と活性化の両機能を持つ分子スイッチの役割をする
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
細胞工学, 1999; 18(8):1100-1101

カルシニューリン
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
細胞内シグナル伝達(第2版)
Bio Science 新用語ライブラリー
山本雅 編
羊土社
1999;144-145

PP2B(カルシニューリン)の構造と機能
春藤久人,杉浦麗子,久野高義
蛋白質核酸酵素, 1998; 「プロテインホスファターゼの構造と機能」
6月号増刊,43(8):952-8

酵母におけるカルシニューリン情報伝達系
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
蛋白質核酸酵素, 1998; 「プロテインホスファターゼの構造と機能」
6月号増刊,43(8):1021-8

分裂酵母モデル系におけるカルシニューリンの機能解析
杉浦麗子,春藤久人,久野高義
実験医学, 1997; 15(6):590-1
629-34

PP2Bの生理機能
春藤久人,杉浦麗子,久野高義
細胞工学, 1997; 16(2):201-9

新規MAPK
登田隆,杉浦麗子,久野高義
実験医学, 1996; 14(19):54-9

[学会発表]
アゾール系抗真菌薬に応答する分裂酵母Erg11プロモーターの解析
早藤 励、胡 玲玲、房 月、馬 艶
第124回 日本薬理学会近畿部会 11月1日(京都), 2013

分裂酵母モデル系を用いた脊髄性筋萎縮症の原因タンパク質Smn1の機能解明
西島 数人、加藤 俊明、馬 艶、西尾 久英
第124回 日本薬理学会近畿部会 11月1日(京都), 2013

分子遺伝学的手法によるTORの関連遺伝子の探索
福間久友、馬 寧、斉 瑶、馬 艶
第124回 日本薬理学会近畿部会 11月1日(京都), 2013

ラパマイシン標的分子Tor2制御におけるNpr2の役割:ゲノムワイド解析による解明
馬 艶、馬 寧、劉 慶彬、張 麗麗、福間久友、西島数人、久野高義
第86回 日本薬理学会年会  3月21日〜3月23日(福岡), 2013

分裂酵母におけるNO応答転写調節メカニズムの解明
烏干格日楽、山田優希、加藤俊明、Xin Zhou、馬 艶、久野高義
第122回 日本薬理学会近畿部会 11月16日 (大阪), 2012

分裂酵母におけるDNA 損傷応答メカニズムの解明
山田優希、烏干格日楽、Xin Zhou、馬 艶、久野高義
第122回 日本薬理学会近畿部会 11月16日 (大阪), 2012

低グルコースで活性化される転写因子Rst2の転写活性のリアルタイムモニタリング
加藤俊明、馬 艶、久野高義
第122回 日本薬理学会近畿部会 11月16日 (大阪), 2012

分裂酵母ノックアウトライブラリーを用いたバルプロ酸感受性遺伝子の探索と解析
張 麗麗、馬 艶、馬 寧、劉 慶彬、久野高義
第122回 日本薬理学会近畿部会 11月16日 (大阪), 2012

分裂酵母ノックアウトライブラリーを用いた亜鉛感受性及び耐性遺伝子のゲノムワイドスクリーニング
長谷川よしの、柳幸佐代美、馬 艶、久野高義
第122回 日本薬理学会近畿部会 11月16日 (大阪), 2012

A genome-wide screen in Schizosaccharomyces pombe for genes affecting the sensitivity of antifungal drugs that target ergosterol biosynthesis.
Yue Fang, Lingling Hu, Xin Zhou, Wurentuya Jaiseng, Ben Zhang, Tomonori Takami, and Takayoshi Kuno
BPS Winter Meeting 2011, London . 14 Dec, 2011


Transient Receptor Potential (TRP) and Cch1-Yam8 Channels Play Key Roles in the Regulation of Cytoplasmic Ca2+ in Fission Yeast.
Yan Ma, Reiko Sugiura, Atsushi Koike, Hidemine Ebina, Susie O. Sio, Takayoshi Kuno
Yeast Cell Biology, 2011 2011.8.16-2011.8.20 New York (Cold Spring Harbor)

Two Phosphoinositide-dependent Kinase-1 (PDK1) Homologues, Ksg1 and Ppk21, differently functions to downstream effector pathways in Fission Yeast.
Lili Zhang, Yan Ma and Takayoshi Kuno
Yeast Cell Biology, 2011 2011.8.16-2011.8.20 New York (Cold Spring Harbor)

分裂酵母におけるRan GTPase新規変異体の単離と解析
Xin Zhou、馬艶、房月、久野高義
第31回 日本分子生物学会年会 12月9日(神戸), 2008


分裂酵母Protein kinase C のターゲティング機構の解明
村上貴之、杉浦麗子、宇野哲史、矢吹玲子、久野高義
第112回 日本薬理学会近畿部会 11月16日(大阪), 2007

PH ドメインを有するタンパク質Slp2 のイノシトールリン脂質シグナル伝達経路における役割
西山雄哉、久野高義、伊藤俊樹、藤原まゆみ、大手梨恵子、喜多綾子、杉浦麗子
第112回 日本薬理学会近畿部会 11月16日(大阪), 2007

分裂酵母Neuronal calcium sensor ホモログ変異体の単離と機能解析
小野庸一郎、杉浦麗子、大草智代、何易、久野高義
第112回 日本薬理学会近畿部会 11月16日(大阪), 2007

PDK1(Phosphoinositide dependent kinase1)シグナル伝達経路の分子遺伝学的解析
大谷義昭、塩崎真人、武野英義、杉浦麗子、久野高義
第112回 日本薬理学会近畿部会 11月16日(大阪), 2007

TRP 型カチオンチャネルをコードすると思われる分裂酵母遺伝子の機能解析
宮本奈央、馬艶、蛯名秀峰、下村彩子、杉浦麗子、久野高義
第112回 日本薬理学会近畿部会 11月16日(大阪), 2007

Zinc finger 型転写因子Prz1 過剰発現株の確立と制御因子の探索
大本浩嗣、杉本敏美、田畑由紀、前川貴代、杉浦麗子、久野高義
第112回 日本薬理学会近畿部会 11月16日(大阪), 2007

カルシニューリン活性の生細胞リアルタイムモニタリング−分裂酵母におけるカルシウム依存性シグナルには2つの異なる経路が存在する
伊庭詩織,杉浦麗子,竹内真衣,鈴木正宏,蛯名秀峰,高見知徳,小池敦資,Deng Lu,久野高義
日本分子生物学会2006フォーラム(分子生物学の未来) 12月7日(名古屋), 2006


カルシウムRho2はファルネシル転移酵素Cpp1の標的分子で,分裂酵母マップキナーゼPmk1の上流で働く
馬艶,久野高義,喜多綾子,朝山雄太,杉浦麗子
日本分子生物学会2006フォーラム(分子生物学の未来) 12月7日(名古屋), 2006


カルシウムにより温度感受性が回復する分裂酵母変異体の原因遺伝子の単離と解析
蛯名秀峰,杉浦麗子,宮本奈央,春藤久人,久野高義
日本分子生物学会2006フォーラム(分子生物学の未来) 12月6日(名古屋), 2006


分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンの内因性インヒビターCbp1の細胞内シグナル伝達における働き

桂幸作,西田藍子,高村暁,喜多綾子,久野高義,石渡俊二,杉浦麗子
第110回 日本薬理学会近畿部会 11月10日(京都), 2006

分裂酵母モデル系を用いた亜鉛トランスポーターの機能解析
梅野祐達,房月,杉浦麗子,久野高義
第110回 日本薬理学会近畿部会 11月10日(京都), 2006

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンにより制御されるzinc finger型転写因子Prz1の機能解析
田畑由紀,杉浦麗子,大本浩嗣,前川貴代,久野高義
第110回 日本薬理学会近畿部会 11月10日(京都), 2006

分裂酵母モデル系を用いたクラスリンアダプター複合体の機能解析
頓田祥子,高田宏文,田中茉莉子,竹島沙織,喜多綾子,久野高義,石渡俊二,杉浦麗子
第110回 日本薬理学会近畿部会 11月10日(京都), 2006

分裂酵母モデル生物を用いた免疫抑制薬感受性変異体の原因遺伝子its4+の細胞内輸送における働き
高田宏文,萬瀬貴昭,頓田祥子,西村将之,喜多綾子,今中由花子,竹内真衣,久野高義,石渡俊二,杉浦麗子
第110回 日本薬理学会近畿部会 11月10日(京都), 2006

ストレス応答MAPキナーゼ活性の生細胞リアルタイムモニタリング
小林大記,杉浦麗子,Lu Deng,馬艶,鈴木正宏,久野高義
第110回 日本薬理学会近畿部会 11月10日(京都), 2006

分裂酵母モデル系を用いたMAPキナーゼ経路において機能する因子の同定
宇野哲史,馬艶,久野高義,喜多綾子,朝山雄太,杉浦麗子
第110回 日本薬理学会近畿部会 11月10日(京都), 2006

ゲノム薬理学的アプローチによるMAPK経路の制御因子の同定:Geranyl geranyl transferaseは低分子量Gタンパク質Rhoを介してMAPKシグナルを制御する
森内サヤ子,朝山雄太,喜多綾子,高田宏文,久野高義,石渡俊二,杉浦麗子
第110回 日本薬理学会近畿部会 11月10日(京都), 2006

分裂酵母モデル系を用いたPI(4,5)P2を介するシグナル伝達経路の分子遺伝学的解析
古薗宏,久野高義,西山雄哉,喜多綾子,杉浦麗子
第110回 日本薬理学会近畿部会 11月10日(京都), 2006

分裂酵母モデル生物を用いたPI(4)P5キナーゼを介する細胞内輸送経路の分子遺伝学的解析
喜多綾子,甲斐直志,高田宏文,古薗宏,西山雄哉,今川究,久野高義,土井章,天谷美鈴,石渡俊二,杉浦麗子
第110回 日本薬理学会近畿部会 11月10日(京都), 2006

分裂酵母におけるPhosphoinositide dependent kinase (PDK) 1ホモログの機能解析
塩崎真人,杉浦麗子,大谷義昭,久野高義
第110回 日本薬理学会近畿部会 11月10日(京都), 2006

Molecular genetic approach to identify regulators of MAPK signalling
Reiko Sugiura, Hisato Shuntoh, and Takayoshi Kuno
International Symposium of Kobe University 21st Century COE Program on Signal Transduction in Memory of Prof. Yasutomi Nishizuka, and 7th International Symposium on Protein Phosphatase Conference, February 9-11, 2006

分裂酵母モデル系におけるPIP2を介したシグナル伝達経路の分子遺伝学的解析
塚原慶子,杉浦麗子,古薗宏,喜多綾子,甲斐直志,久野高義
第108回 日本薬理学会近畿部会 11月11日(西宮), 2005

分裂酵母モデル系を用いたMAPキナーゼ経路において機能する因子の同定とシグナル伝達経路における役割についての解析
高村絢子,伊庭詩織,喜多綾子,朝山雄太,久野高義,杉浦麗子
第108回 日本薬理学会近畿部会 11月11日(西宮), 2005

カルシニューリンの内因性インヒビターのシグナル伝達における役割の解析
高田尚,原田直純,坂上元祥,春藤久人,久野高義,杉浦麗子
第108回 日本薬理学会近畿部会 11月11日(西宮), 2005

分裂酵母モデル系を用いたミオシン軽鎖とRNA結合タンパク質の機能解析
鈴木陽介,森田貴大,春藤久人,久野高義,杉浦麗子
第108回 日本薬理学会近畿部会 11月11日(西宮), 2005

カルシニューリン活性の生細胞リアルタイムモニタリング
鈴木正宏,Lu Deng,小林大記,竹内真衣,杉浦麗子,久野高義
第108回 日本薬理学会近畿部会 11月11日(西宮), 2005

分裂酵母モデル生物を用いたコレステロール生合成経路とシグナル伝達の機能的関連
新村和久,今川究,馬艶,房月,喜多綾子,久野高義,杉浦麗子
第108回 日本薬理学会近畿部会 11月11日(西宮), 2005

分裂酵母モデル系を用いたマップキナーゼ経路阻害薬のスクリーニング法の確立とその利用
小池敦資,田畑由紀,高田宏文,杉浦麗子,久野高義
第108回 日本薬理学会近畿部会 11月11日(西宮), 2005

PI(4,5)P2 を介するシグナル伝達経路における Pumilio ホモログ Ppu1 の機能解析
桑原千佳,杉浦麗子,塩崎真人, 春藤久人,久野高義
第108回 日本薬理学会近畿部会 11月11日(西宮), 2005

2つの分裂酵母Rab ファミリー Gタンパク質,Ryh1とYpt3の遺伝学的かつ機能的関連
何易,杉浦麗子,馬艶,喜多綾子,Lu Deng,春藤久人,久野高義
第107回 日本薬理学会近畿部会 6月24日(金沢), 2005

分裂酵母のphosphatidylinositol-4-phosphate-5-kinaseはPhospholipase Cを介するがProtein Kinase Cを介さないシグナル伝達経路により細胞統合性を制御する
Lu Deng,杉浦麗子,太田和樹,多田一城,鈴木正広,春藤久人,久野高義
第107回 日本薬理学会近畿部会 6月24日(金沢), 2005

分裂酵母モデル生物を用いた低分子量Gタンパク質RabファミリーとGDIの機能解析
馬艶,Lu Deng,何易,杉浦麗子,久野高義
第107回 日本薬理学会近畿部会 6月24日(金沢), 2005

分裂酵母Plc1を介したイノシトールリン脂質シグナル伝達経路の解析
太田和樹,ケLu,杉浦麗子,鈴木正宏,平田雅人,中村俊一,春藤久人,久野高義
第27回 日本分子生物学会年会 12月8〜11日(神戸), 2004

分裂酵母pmc1+及びprz1+のカルシニューリン応答機構の解析
高見知徳,杉浦麗子,前川貴代,竹内真衣,名畑俊哉,久野高義
第27回 日本分子生物学会年会 12月8〜11日(神戸), 2004

in vivo
におけるカルシニューリンの活性化と抑制には制御サブユニットが必要である
末広貴史,Susie O Sio, 杉浦麗子,竹内真衣,向井秀幸,久野高義
第27回 日本分子生物学会年会 12月8〜11日(神戸), 2004

分裂酵母WASPホモログWsp1はカルシニューリンと機能的に関連する
宮本郁弓,石倉里奈,蛯名秀峰,岡本麻利,杉浦麗子,久野高義,春藤久人
第27回 日本分子生物学会年会 12月8〜11日(神戸), 2004

分裂酵母新規栄養マーカー遺伝子の単離を目指した変異体スクリーニング
斉藤真理子,小池敦資,杉浦麗子,久野高義
第27回 日本分子生物学会年会 12月8〜11日(神戸), 2004

分裂酵母モデルを用いたPI4P5K過剰発現体の細胞増殖抑制を相補する因子の機能解析
大西真貴,杉浦麗子,新村和久,多田一城,春藤久人,久野高義
第106回 日本薬理学会近畿部会 11月5日(京都), 2004

PI(4)P5キナーゼと機能的に関連する因子の同定と機能解析
多田一城,杉浦麗子,桑原千佳,大西真貴,春藤久人,久野高義
第106回 日本薬理学会近畿部会 11月5日(京都), 2004

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンの内因性インヒビターCbp1の機能解析
廣安真実,高田尚,高見知徳,喜多綾子,久野高義,杉浦麗子
第106回 日本薬理学会近畿部会 11月5日(京都), 2004

分裂酵母モデル系を用いたMAPキナーゼ経路において機能する因子の同定
庄子裕美,塚原慶子,高見知徳,名畑俊哉,喜多綾子,久野高義,杉浦麗子
第106回 日本薬理学会近畿部会 11月5日(京都), 2004

分裂酵母モデル系を用いた細胞質分裂に必須の因子であるセプチンの機能解析
名畑俊哉,高村絢子,多田一城,庄子裕美,喜多綾子,久野高義,杉浦麗子
第106回 日本薬理学会近畿部会 11月5日(京都), 2004

KHドメインRNA結合タンパク質によるMAPキナーゼシグナル制御
久野高義
日本分子生物学会第4回春季シンポジウム(2004年5月19日,奈良県新公会堂)

An RNA-binding protein-mediated feedback regulation of MAPK signalling
Reiko Sugiura
The fifth UK Japan Cell Cycle Workshop, April 16th, 2004

RNAを介するマップキナーゼシグナルの新たな制御機構
杉浦麗子
第28回神戸大学医学部バイオサイエンス研究会 3月24日

RNAを介するマップキナーゼシグナルの新たな制御機構
杉浦麗子,喜多綾子,春藤 久人,久野 高義
シンポジウム:「シグナル伝達研究の最前線:創薬への展開をめざして」
第77回 日本薬理学会年会 3月8-10日(大阪), 2004

RNAを介するマップキナーゼシグナルの新たな制御機構
佐賀大学 第11回総合分析実験センター講演会 2月27日

Calcineurin pathway in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe
Takayoshi Kuno, Hisato Shuntoh, Yabin Lu, Ayako Kita, and Reiko Sugiura
6th International Conference on Protein Phosphatases &International Symposium on Nano-Biotechnology
February 18-20, Okayama, 2004

分裂酵母におけるμ-adaptinとカルシニューリンの機能的関連
喜多 綾子,杉浦 麗子,庄子 裕美,名畑 俊哉,宮武 信,阪本 智華,呂 亜濱,春藤 久人,久野 高義
第26回 日本分子生物学会年会 12月10〜13日(神戸), 2003

分裂酵母のユビキチンホメオスタシスに関与するlub1+の機能解析
柳谷 賢志,小木曽 泰成,杉浦 麗子,宮武信,馬 艶,呂 亜濱,春藤 久人,久野 高義
第26回 日本分子生物学会年会 12月10〜13日(神戸), 2003

分裂酵母plc1+遺伝子の機能解析
Lu Deng,杉浦 麗子,太田 和樹,大西 麻貴,多田 一城,何 易,呂 亜濱,春藤 久人, 久野 高義
第26回 日本分子生物学会年会 12月10〜13日(神戸), 2003

カルシウムに超感受性を示す分裂酵母変異体の単離と遺伝子の同定
何 易,杉浦 麗子,Lu Deng,馬 艶,高井 規子,小木曽 泰成,呂 亜濱,春藤 久人,坂上 元祥,久野 高義
第26回 日本分子生物学会年会 12月10〜13日(神戸), 2003

カルシニューリンと分裂酵母クラスリン重鎖との遺伝学的および機能的関連
辻岡 一也,藤田 昌昭,杉浦 麗子,末広 貴史,坂本 紀子,竹内真衣,呂 亜濱,春藤 久人,久野 高義
第26回 日本分子生物学会年会 12月10〜13日(神戸), 2003

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンの内因性インヒビターCbp1の機能解析
清水康人,杉浦麗子,廣安真実,喜多綾子,高見知徳,藤田昌昭,呂 亜濱,春藤 久人,久野 高義
第26回 日本分子生物学会年会 12月10〜13日(神戸), 2003

カルシニューリンにより制御されるzinc finger型転写因子Prz1の機能解析
川岸 健二,杉浦 麗子,斎藤 真理子,宮本 郁弓,竹内彰浩,呂 亜濱,春藤 久人,久野 高義
第26回 日本分子生物学会年会 12月10〜13日(神戸), 2003

分裂酵母モデル系を用いたMAPキナーゼ経路において機能する因子の同定
馬艶,杉浦麗子,喜多綾子,庄子裕美,高見知徳,竹内真衣,岡村見,呂亜濱,春藤久人,久野高義
第104回 日本薬理学会近畿部会 11月7日(大阪), 2003

分裂酵母モデル系を用いた抗てんかん薬バルプロ酸超感受性変異体の解析およびその原因遺伝子の同定
宮武信,杉浦麗子,名畑俊哉,喜多綾子,清水康人,廣安真美,高井規子,呂亜濱,春藤久人,久野高義
第104回 日本薬理学会近畿部会 11月7日(大阪), 2003

分裂酵母におけるカルシニューリンとミオシンの遺伝学的関係と収縮環形成における役割
藤田昌昭、杉浦麗子、Yabin Lu、Linxiao Xu、Yujie Xia、春藤久人、久野高義
第76回 日本薬理学会年会 3月24日(福岡), 2003

カルシニューリンと機能的に関連する分裂酵母WASP (Wiskott-Aldrich Syndrome protein)ホモログWsp1の機能解析
竹内久美子,杉浦麗子,川本千歳,山岸弘典,宮本郁弓,小西二夫,阪本智華,呂亜濱,久野高義,春藤久人
第102回 日本薬理学会近畿部会 11月15日(岡山), 2002

ストレス誘導性抗がん剤耐性におけるプロテアソーム核蓄積の関与
小木曽泰成,冨田章弘,鶴尾隆,久野高義
第102回 日本薬理学会近畿部会 11月15日(岡山), 2002

Functional interaction between Its5/Ypt3 and calcineurin in the regulation of fission yeast exocytic pathway
Hong Cheng, Reiko Sugiura, Masaaki Fujita, Yabin Lu, Susie O. Sio, , Kaoru Takegawa, Hisato Shuntoh, and Takayoshi Kuno
The Second International Fission Yeast Meeting, March 25-30, Kyoto, 2002

Functional analysis of Its1, a clathrin-associated adaptor protein complex (AP-2) beta subunit in fission yeast
Chika Sakamoto, Reiko Sugiura, Hong Cheng, Yabin Lu, Takayoshi Kuno, Kaoru Takegawa, and Hisato Shuntoh
The Second International Fission Yeast Meeting, March 25-30, Kyoto, 2002

Functional Analysis of Calcineurin-Mediated Signalling Pathway Using Fission Yeast as a Model System
Reiko Sugiura, Hong Cheng, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
5th International Conference on Protein Phosphatases, Protein Phosphatases in Cellular Signaling Systems, March 13-15, Okazaki, 2002

分裂酵母zinc finger型転写因子Prz1はカルシニューリンのターゲットの一つである
平山園子,杉浦麗子,川岸健二,呂亜濱,横山光宏,春藤久人,久野高義
第101回 日本薬理学会近畿部会 6月21日(堺), 2002

分裂酵母Its1/clathrin-associated protein (AP-2) beta-adaptinの欠損は多彩な表現型を引き起こす
春藤久人,阪本智華,程紅,杉浦麗子,呂亜濱,川本千歳,竹内久美子,山岸弘典,久野高義
第75回 日本薬理学会年会 3月13〜15日(熊本), 2002

Genetic and biochemical analysis of calcineurin-mediated signaling pathway using fission yeast as a model system
Reiko Sugiura, Hong Cheng, Tomoko Yada, Hisato Shuntoh, Susie Sio, and Takayoshi Kuno
20th International Conference on Yeast Genetics and Molecular Biology, Prague, Czech Republic, 2001

分裂酵母S. pombeのプロテオーム解析
上谷晋也,村田康信,春藤久人,久野高義,谷口寿章
第24回 日本分子生物学会年会 12月9〜12日(横浜), 2001

酵母を利用したゲノム創薬
酵母、ゲノム生物学のフロントランナー(シンポジウム)
久野高義
日本生物工学会2001年大会 平成13年9月26日(水)〜28日(金),甲府

カルシニューリンとミオシンの遺伝学的関係
Xu Linxiao、杉浦麗子、Cheng Hong、平山園子、北川英美、上谷晋也、矢田朋子、Lu Yabin、春藤久人、久野高義
第74回 日本薬理学会年会 3月21〜23日(横浜), 2001

カルシニューリンと遺伝的に関連する新規遺伝子its4+の解析
野村英明、杉浦麗子、岡崎太郎、喜多綾子、伊藤優美、藤田昌昭、阪本智華、春藤久人、久野高義
第74回 日本薬理学会年会 3月21〜23日(横浜), 2001

Genetic and biochemical analysis of calcineurin-mediated signaling pathway using fission yeast as a model system
Reiko Sugiura, Hisato Shuntoh, Takayoshi Kuno
4th International Conference on Protein Phosphatases, "Role of Protein Phosphatases in Intracellular Signaling Systems", Sendai, 2000.

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンの機能解析(シンポジウム)
春藤久人、杉浦麗子、呂 亜濱、久野高義
第73回 日本生化学会大会、横浜、2000

分裂酵母モデル系を用いたカルシニューリンの標的分子の同定と機能解析(ワークショップ)
杉浦麗子、春藤久人、久野高義
第23回 日本分子生物学会年会、神戸、2000

分裂酵母カルシニューリンと機能的に関連するbeta-adaptinの単離と機能解析
阪本智華、春藤久人、呂亜濱、杉浦麗子、久野高義   
第33回 酵母遺伝学フォーラム研究報告会 8月7〜9日(東京), 2000

ユビキチン−プロテアソ−ム系を介したストレス応答機構に関与するuts2+の単離と解析
加茂統良、伊東 顕、小泉雅江、杉浦麗子、春藤久人、市橋正光、久野高義   
第33回 酵母遺伝学フォーラム研究報告会 8月7〜9日(東京), 2000

Dual Functions of a novel MAPKK, Pek1 as a phosphorylation-dependent molecular switch
Reiko Sugiura, Takashi Toda, Susheela Dhut, Hisato Shuntoh, and Takayoshi Kuno
First International Fission Yeast Meeting, Edinburgh, UK 1999

ユビキチン−プロテアソ−ム系を介したストレス応答機構に関与するuts2+の単離と解析
加茂統良、杉浦麗子、久我 敦、前川勝英、宮本留美、岡崎孝映、春藤久人、市橋正光、久野高義
第23回 日本分子生物学会年会 12月13〜16日(神戸), 2000

カルシニューリンと機能的に関連する分裂酵母beta-adaptin遺伝子its1+の解析
阪本智華、春藤久人、呂亜濱、杉浦麗子、岡崎太郎、伊藤優美、林 保翠、川本千歳、竹内久美子、久野高義
第23回 日本分子生物学会年会 12月13〜16日(神戸), 2000

分裂酵母PI(4)P5K Its3はカルシニューリンPpb1と共同的に細胞質分裂を制御する
前田拓也、張英杰、杉浦麗子、呂亜濱、程紅、伊藤俊樹、竹縄忠臣、春藤久人、久野高義
第23回 日本分子生物学会年会 12月13〜16日(神戸), 2000

カルシニューリンとGPI anchor合成酵素の遺伝学的及び機能的関連
矢田朋子、杉浦麗子、喜多綾子、藤田昌昭、上谷晋也、北川英美、平山園子、徐林九虎、春藤久人、久野高義
第23回 日本分子生物学会年会 12月13〜16日(神戸), 2000

カルシニューリンと機能的に関連する分裂酵母beta-adaptinの単離と機能解析
阪本智華、春藤久人、村上かおる、加々美梨沙、余郷佳代子、呉文蓮、夏宇杰、呂亜濱、杉浦麗子、久野高義   
第96回 日本薬理学会近畿部会 11月5日(京都市), 1999

免疫抑制薬(FK506)に感受性である分裂酵母変異体(its8)の変異遺伝子の単離及び機能解析
矢田朋子、杉浦麗子、張英杰、工藤利彩、白川純、程紅、岡崎太郎、春藤久人、久野高義
第96回 日本薬理学会近畿部会 11月5日(京都), 1999

分裂酵母新規遺伝子 (uts2+) はユビキチン−プロテアソーム経路を介したストレス応答に関与する
加茂統良、杉浦麗子、小柴ゆかり、徐林九虎、前川勝英、小泉雅江、伊東顕、市橋正光、春藤久人、久野高義 
第96回 日本薬理学会近畿部会 11月5日(京都), 1999

分裂酵母のリチウム標的分子の同定とその遺伝子ノックアウト
宮本留美、杉浦麗子、上谷晋也、矢田朋子、呂亜濱、Susie O. Sio、朝倉昌博、松久明生、
春藤久人、久野高義   
第96回 日本薬理学会近畿部会 11月5日(京都), 1999

Isolation of Multicopy Suppressors of Calcineurin Deficiency in Fission Yeast.
Takayoshi Kuno, Reiko Sugiura, and Hisato Shuntoh
3rd International Conference on Cellular Regulation by Protein Phosphatases. Hiroshima, Japan, 1998.

pmp1+, a suppressor of calcineurin deficiency, encodes a novel MAP kinase phosphatase in fission yeast
Reiko Sugiura, Takashi Toda, Hisato Shuntoh, Mitsuhiro Yanagida, and Takayoshi Kuno
Conference on Signalling Network for Cellular Regulation, Kobe, Japan, 1998

カルシニューリンの分子遺伝学(シンポジウム)
春藤久人、杉浦麗子、久野高義
第71回日本生化学会大会、名古屋、1998

カルシニューリンと新規MAPキナーゼホスファターゼのCl-ホメオスタシスにおける協同的役割
杉浦麗子、春藤久人、藤田哲男、工藤利彩、久野高義
第71回 日本薬理学会年会 3月23〜26日(京都), 1998

分裂酵母カルシニューリン関連遺伝子its2+の単離と解析
若栄徳彦、春藤久人、杉浦麗子、徐林 、張英杰、久野高義
第71回 日本薬理学会年会 3月23〜26日(京都), 1998

分裂酵母MAP kinase kinase Pek1によるPmk1 MAP kinase経路の活性化と抑制
杉浦麗子、登田隆、春藤久人、久野高義
第31回 酵母遺伝学フォーラム研究報告会 8月5〜7日(大阪), 1998

分裂酵母MAP kinase kinase Pek1によるPmk1 MAP kinase経路の活性化と抑制
杉浦麗子、春藤久人、登田隆、Susie O. Sio、前川勝英、久野高義
第21回 日本分子生物学会年会 12月16〜19日(横浜), 1998

紫外線ストレス応答機構の分子遺伝学的解析
加茂統良、伊東 顕、杉浦麗子、久我敦、春藤久人、徐林九虎、工藤利彩、宮本留美、市橋正光、久野高義   
第21回 日本分子生物学会年会 12月16〜19日(横浜), 1998

分裂酵母1,3-beta-グルカン合成酵素の遺伝学的解析
春藤久人、若栄徳彦、杉浦麗子、呂亜濱、呉文蓮、夏宇杰、張英杰、矢田朋子、久野高義
第21回 日本分子生物学会年会 12月16〜19日(横浜), 1998

pmp1+, a suppressor of calcineurin deficiency, encodes a novel MAP kinase phosphatase in fission yeast
Reiko Sugiura, Takashi Toda, Hisato Shuntoh, Mitsuhiro Yanagida, and Takayoshi Kuno
The 3rd UK-Japan Cell Cycle Workshop The Cell Cycle: Regulation and Mechanism, Kyoto, Japan, 1997

細胞増殖と形態形成におけるカルシニューリンの役割(シンポジウム)
春藤久人、杉浦麗子、久野高義
第70回日本生化学会大会、金沢、1997

カルシニューリンと機能的に関連する分裂酵母の低分子量GTP結合蛋白質遺伝子its5+の単離と解析
呉文蓮、杉浦麗子、春藤久人、久野高義
第91回 日本薬理学会近畿部会 6月20日(広島), 1997

分裂酵母chloride ion超感受性変異株の分離と解析
杉浦麗子、夏宇杰、清川久美子、春藤久人、久野高義
第91回 日本薬理学会近畿部会 6月20日(広島), 1997

PI4P 5kinaseと機能的に関連する遺伝子の単離と同定
芝崎誠司、杉浦麗子、春藤久人、久野高義
第20回 日本分子生物学会年会 12月16〜19日(京都), 1997

Isolation and Characterization of Calcineurin-related Genes in Fission Yeast
Hisato Shuntoh, Reiko Sugiura and Takayoshi Kuno
Tokyo Metropolitan Institute for Neuroscience Symposium 1996 "Protein Phosphatases & Cellular Regulation", Tokyo, Japan, 1996

カルシニューリンを介する細胞内シグナリング−分裂酵母変異体を用いた解析(シンポジウム)
春藤久人、杉浦麗子、阿佐美雅子、若栄徳彦、林 直之、呉 雲蓮、吉田友恵、清川久美子、伊東 顕、平井みどり、久野高義
第90回日本薬理学会近畿部会、津、1996

カルシニューリンと機能的に関連する遺伝子の同定と解析
春藤久人、阿佐美雅子、杉浦麗子、若栄徳彦、根井耕治、大石健一、山本真由美、久野高義
第69回 日本薬理学会年会 3月20〜23日(長崎), 1996

分裂酵母のCl-ホメオスタシスにおけるカルシニューリンと新規MAPキナーゼの拮抗的役割
杉浦麗子、春藤久人、松原重治、夏宇杰、横井敦子、前川勝英、山本真由美、久我敦、登田隆、柳田充弘、久野高義
第90回 日本薬理学会近畿部会 10月25日(津), 1996

分裂酵母のCl-ホメオスタシスにおけるカルシニューリンと新規MAPキナーゼの拮抗的役割
杉浦麗子、春藤久人、登田隆、柳田充弘、久野高義
第29回 酵母遺伝学フォーラム研究報告会 12月5〜7日(熊本), 1996

分裂酵母モデル系における免疫抑制薬FK506超感受性変異体の解析(シンポジウム)
春藤久人、杉浦麗子、阿佐美雅子、伊藤誠子、鈴木克昌、大石健一、松山正剛、久野高義
第68回日本薬理学会年会、名古屋、1995

分裂酵母dsp1+遺伝子と、mkk1+遺伝子はカルシニューリン遺伝子破壊のもたらす高塩感受性に対する多コピーサプレッサーであり、dsp1+は細胞質分裂制御にも関与する
杉浦麗子、春藤久人、阿佐美雅子、山本真由美、登田隆、柳田充弘、久野高義
第18回 日本分子生物学会年会 12月6〜9日(名古屋), 1995

分裂酵母b-adaptin homolog遺伝子の変異は免疫抑制薬感受性を引き起こす
春藤久人、杉浦麗子、阿佐美雅子、根井耕治、若栄徳彦、大石健一、久野高義
第18回 日本分子生物学会年会 12月6〜9日(名古屋), 1995

PI4P-5kinaseと相同性を持つ分裂酵母calcineurin関連遺伝子、its3+の単離と同定
阿佐美雅子、杉浦麗子、伊藤誠子、若栄徳彦、根井耕治、春藤久人、久野高義
第18回 日本分子生物学会年会 12月6〜9日(名古屋), 1995

教室ホームページへ戻る
トップへ戻る


医学部ホームページへ戻る