学部学生の方へ

研究室の見学を希望される方は,久野高義(くのたかよし,tkuno@med.kobe-u.ac.jp)まで,メールで御連絡ください。 ただし、スパムメール防止のために@を全角で表示しています。恐れ入りますが、上のアドレス の@を半角文字@に変更してからメールをお送りください。

研究室での研究指導

当教室では学部学生が研究に参加することを奨励しています。学生時代の研究経験は,卒業後,研究者を目指す人は勿論,臨床へ進む人にとっても大変貴重な経験になると思います。生物学などの予備知識は,必要ありません。当教室では,生命科学の面白さを体験するため,実際に実験をやることを重視し,以下のようなコースを用意しています。

1)新医学研究コース
教養キャンパスの医学科学生(1年生)を対象としています。クラブ活動程度の時間があれば,放課後,夏休みなどの空き時間を利用して,分子遺伝学を中心とした最先端の研究に触れる事が出来ます。「門前の小僧」として実験を手伝うこと,手伝う実験の内容を理解することから始め、研究室の一員として活躍できるように指導します。分子レベルの薬物の作用機構に興味を持っている人や分子遺伝学とか遺伝子工学の実験をやって見たいと思っている人を歓迎します。

2)基礎配属実習
医学部キャンパスの医学科学生(2、3年生)を対象としています。研究内容は1)と同じですが,実験指導に加えて,研究遂行のための論理的思考,論文購読等のより本格的な研究指導を行います。基本的な手技をマスターした後,各自の希望に応じて免疫抑制薬やストレス応答などに関連するテーマが与えられます。それぞれのテーマについて,どうすれば研究が進むかを自分で考えながら進めていくことで,与えられたテーマに限らず,他の医学研究についても,自らの体験を通して,深い理解を得ることができるはずです。本格的な学問,研究をすることの喜びをぜひ学生時代に味わってください。


講義資料など

医学部医学科3年生に対して楠キャンパスで開講される「薬理学」で用いる講義資料です。

25年度シラバス
心不全治療薬
不整脈治療薬
PBL資料
医師国家試験対策 薬理 問題と解説

他学部・他大学学生の方へ

バイオメディカルサイエンス専攻
バイオメディカルサイエンス専攻(修士課程)は他学部・他大学学生のためにできた専攻です。理,工,薬,農,繊維,理工,生物理工,医(保健)などの様々なバックグラウンドの方が我々の研究室では活躍しています。「飛び級入試」も導入されていますので,現在3年生の方にも入学のチャンスがあります。試験科目は専門科目(口述、詳細を知りたい方はご連絡ください)と英語の2科目です。
教室ホームページへ戻る
トップへ戻る


医学部ホームページへ戻る