入学案内 (大学院生・研究生)

研究室の見学,大学院入学などを希望される方は,久野高義(くのたかよし,postman1.gif (4417 バイト)tkuno@med.kobe-u.ac.jp)まで,メールで御連絡ください。 ただしスパムメール防止のために@を全角で表示しています。メールを送られる場合は上のアドレス の@を半角文字@に変更してください。
出身学部は問いません。実験が好きで協調性を持つ人を求めています。

大学院生


25年1月入試の受験者を募集中です!研究室の見学は何時でも歓迎します。興味のある方はご連絡ください。

バイオメディカルサイエンス専攻(修士課程) 

バイオメディカルサイエンスは,ゲノム科学や脳科学などのバイオサイエンスと創薬や臓器再生などの先端的医療技術開発とを結ぶ新たな学問領域です。バイオメディカルサイエンス専攻(修士課程)は,神戸大学大学院医学研究科だけのユニークな大学院です。「飛び級入試」も導入されていますので,現在3年生の方にも入学のチャンスがあります。教室には,1名の飛び級入学者が在籍しています。2012年10月時点での修士課程学生は5名です。

分子薬理・薬理ゲノム学研究室ではこれまでも理,工,薬,農,繊維,理工,生物理工,医など様々な学部の出身者が研究に参加してきました。入学前の専門知識・技術を基礎に,修士課程でバイオサイエンス・医学や薬物の知識・実験技術を学び,製薬・バイオや医療業界への就職を目指す人が一番多いようです。「ゲノムと薬@モデル生物」という教室のテーマそのものが極めて学際的なものですので,いろいろなバックグラウンドを持った人が活躍できる可能性があります。また,大学院で初めて生命科学や医科学を学ぶ人にも「最もシンプルな真核生物モデル」は親しみやすいものだと思います。博士課程進学・就職どちらの希望かは問いませんが,就職希望の場合は,就職活動と研究活動を両立させるよう努力する人を強く希望します。

試験科目は専門科目(口述、詳細を知りたい方はご連絡ください)と英語の2科目です。詳しくは,学生募集要項の概要(募集の概要)をご覧下さい。

医科学専攻(博士課程)

分子薬理・薬理ゲノム学教室では世界先端レベルの研究を行っています。世界の第一線での活躍を目指す人は勿論,世界レベルの研究で博士号を取得したい人や研究の楽しさや厳しさを味わってみたい人にも広く門戸を開いています。熱意と協調性を持つ人であれば,他大学の修士課程出身者も歓迎します。2012年10月現在、博士課程学生は8名です。

2002年度から社会人特別選抜制度が始まり,2003年には2名(2007年に2名とも学位取得),2004年には2名(2008年に2名とも学位取得),2008年には1名(2012年に学位取得)の社会人大学院生が我々の研究室に参加しました。我々の研究室は,深夜,土,日も活動していますので,在職のままでも研究し,博士号を取得する事が出来ます。研究時間等,フレキシブルに対応しますので,興味をもたれた方はご相談ください。

留学生は,4名在籍しています。講師の馬艶は中国人,久野は中国医科大学の客員・名誉教授ですので,将来も積極的に受け入れたいと思っています。

受験資格は医,歯,獣医学部卒業(見込)者,他学部の修士課程修了(見込)者,または学部研究生です。これら以外の場合でも,個別審査により同等以上の学力があると認められた24歳以上の者には受験資格が与えられます。入試は年2回で,8月上旬と2月上旬です(どちらで受験しても有利,不利はありません。2回受験可)。詳細は,5月下旬と11月下旬に配布予定の募集要項に書かれています。募集要項は,医学部学務課(078-382-5193)で入手することができます。

医学博士の取得は原則として4年間の大学院生として,あるいは5年間の大学院研究生としての研究歴と論文の完成が前提となります。ただし,優れた業績(インパクトファクター4.0以上の雑誌に掲載あるいは掲載予定であればOK)をあげた大学院生は3年間で博士号を取得することが出来ます。


研究生

研究生には学部研究生と研究科研究生の2種類があります。

学部研究生
学部研究生は,4年制大学出身者は2年間,外国の5年制の医学部などの出身者は1年間(経験,能力等により短縮される可能性あり)の学部研究生を経て,大学院博士課程に進学できます。これまでに,薬学部出身者と工学部出身者が研究生として在籍しており,全員博士課程へ進学しています。医学部卒あるいは修士修了と比べて,博士課程進学時におけるハンディは全くありません。ただ,研究生には学割などが適用されませんので,2002年度以降の4年制大学出身者にはバイオメディカルサイエンス専攻(修士課程)への進学を勧めます。現在では,外国人留学生が,博士課程へ進学するために,学部研究生として1−2年在籍する例が多いです。現在、学部研究生は4名です。

研究科研究生
研究科研究生は,他の職業についたまま,その合間に研究を行い,博士号を取得するための制度です。現在2名の研究生が企業に勤務しながら研究に励んでいます。入学資格は,大学院博士課程の受験資格と同じです。大学院の社会人入学制度と比べて自由度は高いですが,学位取得までの年限は長くなります。
学部研究生あるいは研究科研究生になるには試験はありません。随時,卒業証明あるいは修了証明を提出して,教授会で認められればOKです。


教室ホームページへ戻る
トップへ戻る


医学部ホームページへ戻る