asahi.com Click Here!
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
関西 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  恋愛の国のアリス  旬の顔  変・身・塾  関西伝説  お悩み祭り  笑ウインドウ      
  高校野球    
home > 関西 > ニュース
 
がん化抑制たんぱく質発見 神戸大・杉浦氏ら

 細胞の分裂に深く関与するたんぱく質の働きを抑える別のたんぱく質を神戸大学医学系研究科の杉浦麗子・助教授らが発見した。発見されたたんぱく質は、ある遺伝子の働きを安定化させることで、異常な細胞分裂が起きてがん化するのを抑える。21日付の英科学誌ネイチャーに発表する。

 細胞の分裂、増殖にはマップキナーゼ(MAPK)というたんぱく質が重要な役割を果たしていることが分かっている。何らかの原因でMAPKが異常に活性化すると、正常な細胞が異常増殖してがん化してしまう。

 杉浦助教授らはMAPKの働きを抑制する遺伝子があることに注目。酵母を使った実験で、この遺伝子の働きを安定化させるたんぱく質「Rnc1」を発見した。

 Rnc1が増えれば、この遺伝子のDNAから作られるリボ核酸(RNA)が安定してよく働くようになる。結果的にMAPKを弱めてがん化の抑制につながるという。杉浦助教授は「RNAを介した制御の仕組みが解明された。RNAを使った新しいがん治療法開発につながる可能性がある」と話している。

(2003/08/21)





 ニュース一覧  



 関西おすすめ情報  
  • 変・身・塾
       ピッチャーとボールガール 
  • デパ地下NEWS
       和洋折衷のお菓子
  • 必殺携帯術
       新タイプ野球観戦
  • 携帯でも関西のニュース
       iモード、J-スカイで
  • 朝日わくわくネット
       大阪発 いま学校で


  • | 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
    GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
    Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission