西山将広先生、永瀬裕朗先生らの論文がBrain & Developmentにアクセプトされました。(2018.8.6)
Fosphenytoin vs. continuous midazolam for pediatric febrile status epilepticus.
この論文は兵庫県立こども病院と共同でまとめたものです。

粟野宏之先生の共著論文が、Clinica Chimica Actaにアクセプトされました。(2018.7.23)
Receiver operating curve analyses of urinary titin of healthy 3-year-old children may be a noninvasive screening method for Duchenne muscular dystrophy
この論文は神戸学院大学と共同でまとめたものです。

植村優先生、西村範行先生らの共著論文がPediatr Blood Cancerにアクセプトされました。(2018.7.30)
Effective response to azacitidine in a child with a second relapse of myeloid leukemia associated with Down syndrome after bone marrow transplantation
この論文は弘前大学小児科と共同でまとめたものです。

芦名満里子先生、藤岡一路先生らの論文「Feeding interval and the use of donor breast milk for very low birthweight infants: nationwide survey in Japan」がPediatrics &Neonatologyにアクセプトされました。2018.7.9)

芦名満里子先生が研究課題「胎便性腹膜炎モデルマウスの確立と新規治療法確立」で平成29年度 森永奉仕会 研究奨励金に採択されました。(2018.7.3)

「第53回日本小児腎臓病学会学術集会において榊原菜々先生が演題「次世代シークエンサーによるネフロン癆関連シリオパチー」で優秀演題奨励賞臨床部門を、長野智那先生が演題「Copy Number Variations解析により遺伝学的診断が臨床診断と異なる結果を得た4症例の検討」で優秀演題奨励賞症例報告部門を、藤村順也先生が演題「Gitelman症候群185例における臨床的特徴に関する検討」で優秀ポスター賞を受賞しました。(2018.6.29)

堀之内智子先生、野津寛大先生、山村智彦先生、飯島一誠先生らの共著論文がJournal of the American Society of Nephrologyにアクセプトされました。(2018.5.22)
Detection of splicing abnormalities and genotype-phenotype correlation in X-linked Alport syndrome.

粟野宏之先生、永井正志先生らの共著論文がInternational Journal of Molecular Sciences にアクセプトされました。(2018/5/17)
Detection of Dystrophin Dp71 in Human Skeletal Muscle Using an Automated Capillary Western Assay System 第一三共株式会社、神戸学院大学等との共同研究です。

松野下夏樹先生、野津寛大先生、飯島一誠先生らの共著論文がJournal of Human Geneticsにアクセプトされました。(2018.4.30)
Congenital chloride diarrhea needs to be distinguished from Bartter and Gitelman syndrome.

堀之内智子先生(2nd authorで1st authorとequally contributed)、野津寛大先生、飯島一誠先生の共著論文がJournal of the American Society of Nephrologyにアクセプトされました。(2018. 5.11)
東京大学人類遺伝学の徳永教授らのグループ、東北メデイカルメガバンク、そして全国の多くの小児腎臓専門医の先生方との共同研究で、日本人の小児ステロイド感受性ネフローゼ症候群の最強の疾患感受性遺伝子がHLA-DR/DQ領域に存在することをゲノムワイド関連解析で明らかにし、HLA-DRB1*08:02-DQB1*03:02 が最も有意な疾患リスクハプロタイプであることをHLA-fine mappingで明らかにしました。
Strong Association of HLA-DR/DQ Locus with Childhood Steroid-Sensitive Nephrotic Syndrome in the Japanese Population.

池田真理子先生、永瀬裕朗先生、飯島一誠先生の共著論文がHuman Mutationにアクセプトされました。(2018.5.10)
浜松医大の才津浩智先生が筆頭のケースシリーズ報告です。
De novo variants in RHOBTB2, an atypical Rho GTPase gene, cause epileptic encephalopathy.

連携大学院生の山口宏先生、永瀬裕朗先生らの共著論文がJournal of Infection and Chemotherapyにアクセプトされました。(2018.4.10)
この論文はこども病院でのケースレポートです。
Acute focal bacterial nephritis characterized by acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion.

藤岡一路先生の論文がPediatric Researchにアクセプトされました。(2018.4.10)
Heme oxygenase-1 deficiency promotes severity of sepsis in a non-surgical preterm mouse model.

飯島一誠先生、野津寛大先生、貝藤裕史先生らの共著論文がNature Communicationsにアクセプトされました。(2018.4.8)
Mutations in six nephrosis genes delineate a pathogenic pathway amenable to treatment.

粟野宏之先生、松本真明先生らの論文がBrain & Developmentにアクセプトされました。
この論文は神戸大学附属病院リハビリテーション部、兵庫医科大学等と共同でまとめたものです。
Ambulatory capacity in Japanese patients with Duchenne muscular dystrophy.

飯島一誠先生が研究開発代表者で、平成30年度日本医療研究開発機構「臨床研究・治験推進研究事業(1次公募)」の課題として、「小児難治性頻回再発型・ステロイド依存性ネフローゼ症候群を対象としたリツキシマブ治療併用下でのミコフェノール酸モフェチルの多施設共同二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験」が採択されました。(2018. 3.15)

冨岡和美先生、永瀬裕朗先生らの共著論文がBrain & Developmentにアクセプトされました。(2018.2.27)
この論文は兵庫県立こども病院と共同でまとめたものです。
Early risk factors for mortality in children with seizure and/or impaired consciousness accompanied by fever without known etiology.

山名啓司先生、森岡一朗先生らの論文がPediatrics Internationalにアクセプトされました。(2018.2.27)
Immunogenicity of hepatitis B vaccines in an extremely low birth weight infant.

飯島一誠先生の共著論文がThe Lancetにアクセプトされました。(2018.2.23)
この論文はトロント小児病院のRulan Parekh教授らとまとめたReview論文で、Seminarとして掲載される予定です。
Idiopathic Nephrotic Syndrome in Children.

西村範行先生らの共著論文がJ Clin Virolにアクセプトされました。(2018.2.20)
この論文は臨床ウィルス学、血液腫瘍内科、こども病院と共同でまとめたものです。
Human CD134 (OX40) expressed on T cells plays a key role for human herpesvirus 6B replication after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation.

山村智彦先生、野津寛大先生、飯島一誠先生らの共著論文がJouranl of Human Geneticsにアクセプトされました。(2018.2.19)
Functional splicing analysis in an infantile case of atypical hemolytic uremic syndrome caused by digenic mutations in C3 and MCP genes.

植村優先生らの症例報告がPediatr Infect Dis Jにアクセプトされました。(2018.02.12)
この論文は兵庫県立こども病院と共同でまとめたものです。
Successful Combination Therapy of Liposomal Amphotericin B and Caspofungin for Disseminated Fusariosis in a Pediatric Patient with Acute Lymphoblastic Leukemia.

辻前紗絵子先生と森岡一朗先生の論文がKobe Journal of Medical Sciencesにアクセプトされました。(2018.2.9)
Hyperbilirubinemia in term newborns needing phototherapy within 48 hours after birth in a Japanese birth center.

運崎愛先生、森貞直哉先生、野津寛大先生らの論文がJournal of Human Geneticsにアクセプトされました。(2018.2.8)
Clinically diverse phenotypes and genotypes of patients with branchio-oto-renal syndrome.

森岡一朗先生らの共著論文がChildhood Obesityにアクセプトされました。(2018.1.29)
この論文は神戸市こども家庭局、神戸市保健所との共同研究です。
Childcare Environment and Japanese Children who are Overweight in Early Childhood.

南川将吾先生らの論文がJpurnal of Human Geneticsにアクセプトされました。(2018.1.17)
Development of ultra-deep targeted RNA sequencing for analyzing X-chromosome inactivation in female Dent disease.

長野智那先生らの論文がClinical and Experimental Nephrologyにアクセプトされました。(2018.1.10)
Detection of copy number variations by pair analysis using next-generation sequencing data in inherited kidney diseases.

森岡一朗先生が、平成29年度小児医学川野賞を受賞しました。(2017.12.22)
小児臨床・社会医学分野 「早産児の黄疸および感染症の診断・管理法の開発」

西山将広先生、森岡一朗先生らの論文がJournal of International Medical Researchにアクセプトされました。(2017.12.19)
この論文は神戸こども初期急病センターとの共同研究です。
Clinical features predicting group A Streptococcus pharyngitis in a Japanese pediatric primary emergency medical center.

藤岡一路先生らの共著論文がScientific Reportsにアクセプトされました。(2017.12.07)
A genome-wide association study identifies only two ancestry specific variants associated with spontaneous preterm birth.

生田寿彦先生、藤岡一路先生らの共著論文がKobe Journal of Medical Sciencesにアクセプトされました。(2017.11.27)
A Case of Congenital Complete Atrioventricular Block Treated with Transdermal Tulobuterol.

永瀬裕朗先生らの共著論文がアクセプトされました。(2017.10.13)
この論文は播磨地区の小児科二次救急施設、こども病院と共同でまとめたものです。
Clinical prediction rule for neurological sequelae due to acute encephalopathy: a medical community-based validation study in Harima, Japan.

森岡一朗先生が公益財団法人テルモ生命科学芸術財団  2017年度研究開発助成に採択されました。(2017.11.29)
「蛍光蛋白質を用いたアンバウンドビリルビン自動測定機器の開発」

粟野宏之先生、松尾雅文先生らの共著論文が Clinica Chimica Actaにアクセプトされました。(2017.11.24)
この論文は、神戸学院大学、先端医療振興財団先端医療センター研究所、株式会社免疫生物研究所との共同研究をまとめたものです。
Diagnostic and clinical significance of the titin fragment in urine of Duchenne muscular dystrophy patients.

山村智彦先生らの共著論文がBMC Nephrologyにアクセプトされました。(2017.11.23)
An in vitro splicing assay reveals the pathogenicity of a novel intronic variant in ATP6V0A4 for autosomal recessive distal renal tubular acidosis.

植村優先生、西村範行先生らの共著論文がInt J Hematolにアクセプトされました。(2017.11.21)
この論文はこども病院、臨床検査部と共同でまとめたものです。
ETV6-ABL1 fusion combined with monosomy 7 in childhood B-precursor acute lymphoblastic leukemia.

前山花織先生、西村範行先生らの共著論文がJ Autism Dev Disordにアクセプトされました。(2017.11.14)
この論文は神戸市の療育センターと共同でまとめたものです。
Congenital Cytomegalovirus Infection in Children with Autism Spectrum Disorder: Systematic Review and Meta-analysis.

藤岡一路先生、福嶋祥代先生らの症例報告がJapanese Clinical Medicine にアクセプトされました。(2017.10.30)
Intraventricular Hemorrhage due to Coagulopathy after Vitamin K Administration in a Preterm Infant with Maternal Crohn's Disease.

藤岡一路先生、森岡一朗先生らの症例報告がFrontiers in Pediatricsにアクセプトされました。(2017.10.25)
Pulmonary hypoplasia caused by fetal ascites in congenital cytomegalovirus infection despite fetal therapy.

大久保沙紀先生、藤岡一路先生らの症例報告がKobe Journal of Medical Sciencesにアクセプトされました。(2017.10.24)
Nontypeable Haemophilus Influenzae Sepsis in a Term Neonate.

松本真明先生、粟野宏之先生らの論文がPediatrics international にアクセプトされました。(2017.10.23)
Renal insufficiency mimicking glutaric acidemia type 1 in newborn screening.

医学部2回生の辻ゆり佳さんらの共著論文がNerphronにアクセプトされました。(2017.10.13)
辻さんは学業、クラブ活動もすべてこなしながら、研究および論文執筆を行い成果を挙げられました。
Detection of a splice site variant in a patient with glomerulopathy and fibronectin deposits.

池田真理子先生が公益財団法人内藤記念科学振興財団 2017年度内藤記念女性研究者研究助成金に採択されました。(2017.9.26)
「福山型筋ジストロフィーの中枢神経系異常に対する治療法開発」

岩谷壮太先生、西村範行先生らの共著論文がFrontiers in Pediatricsにアクセプトされました。(2017.8.22)
この論文は疫学分野、産婦人科学分野と共同でまとめたものです。
Gestational Age-dependent Increase of Survival Motor Neuron Protein in Umbilical Cord-derived Mesenchymal Stem Cells.

中西啓太先生らの共著論文がEuropean Journal of Medical Geneticsにアクセプトされました。(2017.8.8)
A Comparison of Splicing Assays to Detect an Intronic Variant of the OCRL Gene in Lowe Syndrome.

池田真理子先生、森貞直哉先生、飯島一誠先生らの論文がClinical Geneticsにアクセプトされました。(2017.7.24)
Two patients with PNKP mutations presenting with microcephaly, seizure, and oculomotor apraxia.

山名啓司先生と森岡一朗先生らの論文がPediatrics Internationalにアクセプトされました。(2017.7.10)
Evaluation of BiliCare transcutaneous bilirubin device in Japanese newborns.

岩谷壮太先生、西村範行先生らの共著論文がStem Cells Internationalにアクセプトされました。(2017.7.4)
Involvement of WNT Signaling in the Regulation of Gestational Age-dependent Umbilical Cord-derived Mesenchymal Stem Cell Proliferation.

植村 優先生らの共著論文がInternational Journal of Hematologyにアクセプトされました。(2017.7.1)
この論文は兵庫県立こども病院と共同でまとめたものです。
Reemergence of translocation t(11;19)(q23;p13.1) in the absence of clinically overt leukemia.

森岡一朗先生らの共同研究論文がAnnals of Clinical Biochemistryにアクセプトされました。(2017.6.27)
この論文は神戸大学病院検査部と共同でまとめたものです。
Fetal hemoglobin level at postmenstrual age is unaffected by gestational age at birth.

飯島一誠先生、野津寛大先生らのレビュー論文がPediatric Nephrologyにアクセプトされました。(2017.6.23)
Rituximab in steroid-sensitive nephrotic syndrome: lessons from clinical trials.

植村 優先生、長谷川大一郎先生らの共著論文がJournal of Pediatric Hematology/Oncologyにアクセプトされました。(2017.6.22)
この論文は兵庫県立こども病院と共同でまとめたものです。
Successful Treatment of Transplantation-associated Atypical Hemolytic Uremic Syndrome With Eculizumab.

岩谷壮太先生のScientific Reports誌に掲載された論文「Fluorescent protein-based detection of unconjugated bilirubin in newborn serum」が日本新生児成育医学会学術奨励賞に決定しました。(2017.6.20)

松本真明先生、粟野宏之先生らの共著論文がNeuromuscular Disordersにアクセプトされました。(2017.6.14)
この論文は当科でフォローしているDuchenne型筋ジストロフィーの患者さんの身長に関する臨床データをまとめたものです。
Duchenne muscular dystrophy is significantly shorter than Becker muscular dystrophy with the higher incidence of short stature in Dp71 mutated subgroup.

森岡一朗先生が、Pediatrics International誌 2016年Best Reviewer Awardを受賞しました。(2017.6.9)

庄野朱美先生が第52回日本小児腎臓病学会学術集会において発表した演題「エクソンスキッピング療法によるアルポート症候群特異的治療法の開発」が優秀演題奨励賞基礎部門を受賞しました。(2014.6.2)

大坪裕美先生がPediatric Nephrologyに投稿した論文「Identification of mutations in FN1 leading to glomerulopathy with fibronectin deposits」が第52回日本小児腎臓病学会学術集会において最優秀論文賞「森田賞」基礎研究部門を受賞しました。(2014.6.1)

長坂博範先生(宝塚市立病院)、森岡一朗先生らの論文が Journal of Clinical Lipidologyにアクセプトされました。(2017.5.27)
Growth hormone activates hepatic and cerebral cholesterol metabolism in small-for-gestational age children without catch-up growth.

池田真理子先生の共著論文がBrain and Developmentにアクセプトされました。(2017.5.15)
Cardiac involvement in Fukuyama muscular dystrophy is less severe than in Duchenne muscular dystrophy Brain & Development.

中村肇名誉教授が今回SFで開催されたPediatric Academic Societies Annual Meeting 2017において、Bilirubin Club Awardを受賞されました。
中村名誉教授の長年にわたる新生児黄疸研究への貢献が国際的に評価された証であり、大変名誉な賞です。

西山将広先生、永瀬裕朗先生らの共著論文がBrain and Developmentにアクセプトされました。(2017.5.9)
この論文は兵庫県立こども病院の先生方の協力のもとに臨床データをまとめたものです。
Clinical features in very early-onset demyelinating disease with anti-MOG antibody.

森岡一朗先生の共同研究の論文がにアクセプトされました。(2017.5.2)
・Universal screening with use of IgG avidity for congenital cytomegalovirus infection. (Clinical Infectious Diseases)
・Newborn congenital cytomegalovirus screening based on clinical manifestations and evaluation of DNA-based assays for in vitro diagnostics. (Pedatric Infectious Disease Journal)

山村智彦先生、野津寛大先生、飯島一誠先生らの共著論文がKidney International Reportsにアクセプトされました(2017.4.26)
Natural history and genotype?phenotype correlation in female X-linked Alport syndrome.

坊 亮輔先生の共著論文がJournal of human geneticsにアクセプトされました。(2017.4.12)
この論文は島根大学小児科と共同でまとめたものです。
Clinical and molecular investigation of 14 Japanese patients with complete TFP deficiency: a comparison with Caucasian cases.

飯島一誠先生が研究代表者で、科学研究費助成事業(基盤研究B)「アルポート症候群の重症化に関与する遺伝子の同定と重症化機序の解明」が採択されました。(2017.4.3)

西村範行先生が研究代表者で、科学研究費助成事業(基盤研究C)「神経芽腫のがん微小環境制御におけるRab蛋白質の役割に関する研究」が採択されました。(2017.4.3)

前山花織先生が研究代表者で、科学研究費助成事業(若手研究B)「自閉症スペクトラム障害の発症と新生児黄疸の関連性についての研究」が採択されました。(2017.4.3)

山名啓司先生が研究代表者で、科学研究費助成事業(若手研究B)「新生児慢性肺疾患に対する胎児付属物由来Muse細胞を用いた新治療の開発」が採択されました。(2017.4.3)

南川将吾先生が研究代表者で、科学研究費助成事業(若手研究B)「患者由来近位尿細管細胞を用いたLowe症候群の病態解明および新規治療法の開発」採択されました。(2017.4.3)

中西啓太先生が研究代表者で、科学研究費助成事業(若手研究B)「TRPC6遺伝子異常によるネフローゼ症候群の発症機序の解明と新規治療法の開発」が採択されました。(2017.4.3)

藤村順也先生が研究代表者で、科学研究費助成事業(若手研究B)「次世代シークエンサーを用いたADPKDのTwo-hit theoryの検証」が採択されました。(2017.4.3)

長坂美和子先生が研究代表者で、科学研究費助成事業(若手研究B)「福山型先天性筋ジストロフィーの重症化因子の探索と治療への応用」が採択されました。(2017.4.3)

植村 優先生、二野菜々子先生らの共著論文がInternational Journal of Hematologyにアクセプトされました。(2017.3.18)
この論文は兵庫県立こども病院と共同でまとめたものです。
Congenital immature pure erythroid leukemia with E-cadherin expression.

池田真理子先生の共著論文がJournal of Human Geneticsにアクセプトされました。(2017.3.14)
Novel missense mutation in DLL4 in a Japanese sporadic case of Adams-Oliver syndrome.

野津寛大先生が研究開発代表者で、平成29年度日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患実用化研究事業)「Alport症候群に対する新規治療法の開発」に採択されました。(2017.3.7)

森岡一朗先生が研究開発分担者で、平成29年度日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患実用化研究事業)「早産児核黄疸の包括的診療ガイドラインの作成」に採択されました。(2017.3.9)

藤岡一路先生が公益財団法人小児医学研究振興財団 平成28年度小児医学研究助成事業に採択されました。(2017.3.3)
「モデルマウス及び患者検体を用いた胎便性腹膜炎の病態解明と新規治療法の開発」

森岡一朗先生が研究開発分担者で、平成29年度日本医療研究開発機構研究費(新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業)「トキソプラズマ症の総合的対策に向けた開発研究」に採択されました。(2017.2.28)

堀之内智子先生、野津寛大先生、飯島一誠先生の共著論文がClinical and Experimental Nephrologyにアクセプトされました。(2017.2.15)
Diagnostic strategy for inherited hypomagnesemia.

野津寛大先生、飯島一誠先生らの共著論文がJournal of Human Geneticsにアクセプトされました。(2017.2.1)
Characterization of contiguous gene deletions in COL4A6 and COL4A5 in Alport syndrome-diffuse leiomyomatosis.

藤岡一路先生が「Western Medical Research Conference 2017」にて発表した演題「HEME OXYGENASE-1 DEFICIENCY INCREASES THE SEVERITY OF SEPSIS IN A PRETERM MOUSE MODEL」がWSCI Travel Awardを受賞しました。(2017.1.26)

森岡一朗先生の共同研究の論文がScientific Reportsにアクセプトされました。(2017.1.28)
Identification of candidate diagnostic serum biomarkers for Kawasaki disease using proteomic analysis.

森岡一朗先生と神吉直宙先生らの論文がEnvironmental Health and Preventive Medicineにアクセプトされました。(2017.1.13)
Changes in the numbers of patients with acute gastroenteritis after voluntary introduction of the rotavirus vaccine in a Japanese children's primary emergency medical center.
この論文は神戸こども初期急病センターとの共同研究です。

石森真吾先生の共著論文がPediatr Transplantにアクセプトされました。(2017.1.11)
Successful resumption of peritoneal dialysis following living donor liver transplantation in children with end-stage renal disease.