新着情報

患者さんへ

  • 院内アクセス
  • 交通アクセス

新着情報 > 患者さんへ > 成人ALL症例を対象とした5年生存率に関する前向き臨床観察研究の調査研究について

患者さんへ

「研究参加施設に新たに発生する全ての成人ALL症例を対象とした5年生存率に関する前向き臨床観察研究 (ALL-CS-12)」の調査研究について

神戸大学医学部附属病院腫瘍・血液内科では、現在、入院患者さんのうち急性リンパ性白血病の患者さんを対象に5年生存率について調査研究を実施しております。内容については下記をご覧ください。
また、この調査研究についてご質問等ございましたら、最後に記載しております 問い合わせ窓口 までご連絡ください。

研究概要および利用目的
神戸大学医学部附属病院腫瘍・血液内科では、日本成人白血病治療共同研究グループ(JALSG)の参加施設であり、JALSGでは現在、新たに発生するすべての急性リンパ性白血病症例を対象とした5年生存率に関する観察研究行っています。
この研究の目的は、国内における急性リンパ性白血病の5年生存率および生存に与える移植療法の影響を明らかにすることです。これにより今後の急性リンパ性白血病治療のさらなる改善のために役立てることを目的とします。
取り扱うデータ
(1)患者年齢、(2)性別(3)登録時診断(4)細胞表面マーカー(5)全身状態(6)骨髄の芽球比率(7)末梢血白血球数(8)末梢血の芽球比率(9)ヘモグロビン値(10)血小板数(11)総ビリルビン(12)LDH(13)クレアチニン(14)診断日(15)髄外白血病の有無(16)化学療法について(内容と治療効果など)(17)造血幹細胞移植施行の有無(18)造血幹細胞移植について(移植時期、移植前の病勢、移植の種類、幹細胞源、HLA一致度、前処置、効果など)(18)最終確認日
個人情報保護の方法
JALSGデータセンターに収集される情報には、参加施設やその職員の有する患者情報に不正にアクセスをしない限り、第3者が直接、患者さんを特定できるものは含まれていません。
研究参加による利益・不利益
利益・・・本調査に参加いただいた患者さん個人には特に利益と考えられるようなことはございませんが、調査結果が、今後の栄養管理対策の向上に有用となる可能性があります。
不利益・・・診療記録からのデータ抽出のみのため、特にありません。
研究終了後のデータの取り扱いについて
今回の研究に使われるデータは、JALSGデータセンターで匿名化された状態で保存されます。
研究成果の公表について
研究成果が学術目的のために論文や学会で公表されることがありますが、その場合もあなたの個人情報の秘密は厳重に守られ、第三者には絶対にわからないように配慮されます。
問い合わせ窓口
本研究成果の発表の際にも、患者さんの個人情報が明らかになることはありません。しかし、ご自身のデータが本研究に用いられるかどうかをお知りになりたい場合や、あるいはご自身のデータ使用を望まれない場合など、この研究プロジェクトに関することは、どうぞ下記の窓口までお問い合わせください。

神戸大学医学部附属病院 腫瘍・血液内科 准教授 松岡広
連絡先:078−382−5820

このページの先頭へ戻る