新着情報

患者さんへ

  • 院内アクセス
  • 交通アクセス

トップページ > 診療内容・医師のご案内

診療内容・医師のご案内

診療内容

1.各種がんに対する内科的治療

腫瘍・血液内科では全てのがんの患者さんを対象に、エビデンスに基づいた治療を行います。適切に抗がん剤を用い副作用に対応することで、確実で安全な治療を患者さんに安心して受けていただくことを目標としています。さらに抗がん剤を用いた化学療法ばかりでなく、分子標的治療やホルモン療法の効果が期待できる患者さんには、それぞれ適切に治療を行います。
また、腫瘍・血液内科では各種がん治療に対するセカンドオピニオンにも対応しておりますので御相談下さい。

2.癌治療に関する臨床試験

病気に対する治療法は、安全性や有効性が確認されてはじめて標準治療として確立します。新しい治療法は、今までの治療よりも有効または安全であることが期待されますが、こうした状況を科学的かつ倫理的に調べる方法が臨床試験です。腫瘍・血液内科では、新しい薬剤を開発する治験を含めて、ご協力いただける患者さまには積極的に臨床試験への参加をお願いし、より良い治療方法の開発を行うとともに、最新の治療を受けていただく機会を提供いたします。
尚、当科は日本成人白血病治療共同グループ(Japan Adult Leukemia Study Group, JALSG)、西日本がん研究機構(WJOG)の参加施設であり、以下の臨床研究等に参加しています。

患者さんへのお知らせ

3.緩和医療

がんによって生じる体の症状や心の問題に対応していくことは、がんそのものに対する治療と同じように大切です。緩和医療はがんが進行した時期だけでなく、がん治療の早い時期から行われるべきです。腫瘍・血液内科ではがんに対する治療と並行して緩和医療も行います。

4.当院における造血幹細胞移植について

2010年3月より当科(腫瘍・血液内科)にて成人における造血幹細胞移植(非血縁も含む)を行っております。

移植実績
  同種移植 自家移植  
  骨髄移植 末梢血幹細胞移植 臍帯血移植 末梢血幹細胞移植 合計
2010年 3 2 8 6 19
2011年 4 3 6 6 19
2012年 9 1 3 0 13
2013年 9 2 11 3 25
2014年 5 5 1 7 18
2015年 11 2 4 5 22

2016年

2 3 1 3 9
合計 43 18 34 30 125

医師・スタッフ紹介

医師

南博信 教授

1986年 名古屋大学医学部卒業
1986年 名古屋第一赤十字病院臨床研修
1988年 名古屋第一赤十字病院内科
1994年 米国、シカゴ大学メディカルセンター
1996年 国立がんセンター東病院化学療法科
2002年6月 国立がんセンター東病院化学療法科医長
2003年4月 国立がんセンター東病院治験管理室室長併任
2005年10月 国立がんセンター東病院臨床検査部
細胞機能検査室医長併任
2007年6月 神戸大学医学部附属病院・神戸大学大学院医学系研究科内科学講座腫瘍内科学分野特命教授
2010年11月 神戸大学医学部附属病院・神戸大学大学院 医学系研究科内科学講座腫瘍・血液内科学分野 教授

がん全般の内科治療、抗悪性腫瘍薬の開発的治療研究、臨床薬理学研究を行っています。

松岡広 准教授・診療科長補佐

1990年3月 神戸大学医学部医学科卒業
1990年6月 神戸大学医学部付属病院 内科研修医
1991年6月 兵庫県立柏原病院 内科研修医
1993年6月 兵庫県立成人病センター(現兵庫県立がんセンター)血液内科医員
1994年4月 神戸大学大学院医学研究科(内科学第3)入学
1998年3月 神戸大学大学院医学研究科(内科学第3)修了、医学博士
1998年4月 神戸大学医学部第三内科 非常勤講師
1998年6月 服部病院内科 内科医長(神戸大学第三内科非常勤講師と兼任)
1999年10月 Postdoctoral Fellow, Lerner Research Institute, The Cleveland Clinic Foundation, OH, USA
2005年7月 和歌山県立医科大学 血液内科 講師
2009年5月 和歌山県立医科大学 血液内科 准教授
2009年12月 神戸大学大学院医学研究科 腫瘍・血液内科学分野 准教授

血液診療を担当しています。血球発生における精緻なメカニズムと、手術に頼らず悪性腫瘍を完治させ得る点に惹かれて、血液学とその臨床を志しました。現在の血液腫瘍の治療は残念ながら身体的・精神的負荷が強いものですが、丁寧な説明と前向きな姿勢で、患者さんが少しでも安堵するよう心がけています。私達は、エビデンスに基づいた標準的な抗がん剤治療、分子標的療法、造血幹細胞移植を安全・確実に提供するとともに、より多くの患者さんが治癒に至ること、より軽い負担となること、を目標として、分子標的療法や造血幹細胞移植を用いた新規の治療法開発にも取り組んでいます。医学生や研修医諸君には日進月歩のこの分野に魅力を感じて、ぜひ参加してもらいたいと思います。

藥師神公和 講師

1997年3月 神戸大学医学部卒業
1997年6月 神戸大学医学部附属病院 医員(研修医)
1998年6月 兵庫県立柏原病院 内科
2000年6月 兵庫県立成人病センター(現 兵庫県立がんセンター)血液内科レジデント
2001年4月 神戸大学大学院医学研究科応用分子医学講座 大学院生
2001年4月-6月 国立がんセンター中央病院 幹細胞移植科 任意研修
2005年4月 神戸大学医学部附属病院 血液内科 医員
2006年11月 神戸大学医学部附属病院 臨床研究員
2008年4月 国立がんセンター中央病院 幹細胞移植科がん専門修練医
2010年4月 神戸大学大学院医学研究科 腫瘍・血液内科 特命助教

学生、研修医、専攻医、コメディカルの教育・育成や、血液腫瘍領域の抗がん剤治療、造血幹細胞移植などの実地臨床ならびに臨床研究に取り組んでいます。
研究テーマ:造血幹細胞移植成績向上のための研究

清田尚臣 腫瘍センター 特命准教授

【専門分野】
臨床腫瘍学、頭頸部悪性腫瘍、消化器悪性腫瘍、新薬開発

【プロフィール】
1999年 神戸大学医学部卒業
卒業後の6年間は大阪府済生会中津病院にて内科研修後に消化器内科医として専従し数多くの臨床経験を積む。
2005年より3年間に亘り国立がんセンター東病院消化管内科で頭頸部悪性腫瘍及び消化器悪性腫瘍の化学療法に従事。
2008年より現職となり、固形がん全般の診療を行うと共に、頭頸部悪性腫瘍・消化器悪性腫瘍を中心とする治療開発及び普及を目指して活動している。

日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医

固形がん全般の診療を行いつつ、頭頸部悪性腫瘍の治療開発及び普及啓発活動を積極的に行っていきたいと考えています。

豊田昌徳 助教

山梨医科大学を卒業後、一般内科・消化器内科の診療に従事してきました。様々ながん種の薬物療法について理解を深めるため、2010年4月より当科にて研鑽を積んでいます。患者さんとご家族の不安を少しでも解消できるような医療を実践していきたいです。

伊藤光宏 教授(プライマリ・ケア医学分野)

1989年 神戸大学医学部卒業
1989年-1990年 神戸大学医学部附属病院内科研修医
1988年 淀川キリスト教病院および兵庫県立成人病センター内科
1990年 神戸大学大学院医学研究科入学(内科学第三)
1994年 神戸大学医学部第三内科 非常勤講師
1995年 日本学術振興会特別研究員PD(1997年まで)
1996年 米国、ロックフェラー大学 研究員(2002年まで)
1997年 ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム長期研究員(1999年まで)
2002年 神戸大学医学部附属病院血液・腫瘍内科 医員
2003年 神戸大学医学部附属病院血液・腫瘍内科 助手
2006年 神戸大学医学部保健学科病態解析学講座 教授
2008年 神戸大学大学院保健学研究科病態解析学領域細胞 機能・構造科学分野血液学研究室 教授、現在に至る
2010年 米国ロックフェラー大学 客員教授、現在に至る
2011年 早稲田大学 招聘研究員、現在に至る

造血器腫瘍の診療を担当します。学生時代に病理学の杉山武敏教授に師事し癌研究を志しました。留学中はロバート・レーダー教授と花房秀三郎教授の薫陶を受け、以来転写研究を通して造血器腫瘍やがんなどの発症や特性について研究しています(http://www2.kobe-u.ac.jp/~itomi/)。また、浅野茂隆客員教授との共同研究で、ポーアイのBTセンターでは間葉系幹細胞の研究をしています。

村山徹 県との連携教授

1989年 神戸大学医学部卒業
1989年-1990年 神戸大学医学部附属病院内科研修医
1990年-1992年 兵庫県立成人病センター(現兵庫県立がんセンター)血液内科レジデント
1992年-1996年 神戸大学大学院医学研究科大学院生
1996年-1997年 国立がんセンター中央病院チーフレジデント
1997年-1998年2月 兵庫県立成人病センター血液内科
1998年3月-2000年9月 兵庫県立成人病センター血液内科医長
2000年10月-2007年3月 兵庫県立がんセンター血液内科主任医長(科長)
2007年4月-2009年3月 兵庫県立がんセンター医療安全対策担当部長兼任
2009年3月- 2009年4月 兵庫県立がんセンター医療安全対策担当部長兼血液内科部長
2009年5月‐ 兵庫県立がんセンター検査部長兼血液内科部長

神戸大学医学部附属病院では腫瘍・血液内科の外来診療を行うとともに、都道府県型がん拠点病院である兵庫県立がんセンター血液内科部長として血液腫瘍の診療において大学病院とがんセンターの連携をスムーズにできるように努力していきたいと考えております。

船越 洋平 特定助教

2004年  日本大学医学部卒業
2004年  芦屋市民病院 初期研修医
2006年  神戸大学医学部付属病院 後期研修医(血液内科学)
2008年  淀川キリスト教病院(総合内科・血液内科)
2009年  神戸大学大学院医学研究科 大学院生(腫瘍・血液内科がんプロフェッショナル育成コース)
2013年  神戸大学医学部付属病院 医員(腫瘍・血液内科)
2014年  神戸低侵襲がん医療センター 医長(腫瘍・血液内科)
2015年  テキサス大学 MDアンダーソンがんセンターポスドク(Medical Breast Oncology)
2017年  神戸大学医学部付属病院 特定助教

臨床と基礎研究を橋渡しするトランスレーショナルリサーチを通じて、患者様の助けになるよう努力させて頂きます

今村 善宣 特定助教

2009年        福井医科大学医学部医学科卒業
2009年〜2011年  福井県立病院初期臨床研修医
2011年〜2015年  神戸大学大学院医学研究科医科学専攻 博士課程(腫瘍・血液内科学、がんプロ)
2015年〜2017年 神戸大学医学部付属病院 医員
2017年〜       神戸大学医学部付属病院 特定助教     

総合内科専門医、がん薬物療法専門医

主に固形がん(頭頸部がん、消化器がん、乳がん等)の実施臨床ならびに臨床研究に取り組んでいます。研修医・専門医の教育にも力を注いでいます。

山本克也 非常勤講師

1988年3月 東京医科歯科大学医学部卒業
1988年5月 東京医科歯科大学医学部附属病院 第一内科 研修医
1989年5月 日立製作所日立総合病院 内科 研修医
1990年5月 東京大学医科学研究所 細胞遺伝学研究部 大学院特別研究学生
1994年1月 武蔵野赤十字病院 血液内科 医員
1998年8月 獨協医科大学 血液内科 助手
1999年4月 獨協医科大学 血液内科 講師
2000年4月 武蔵野赤十字病院 血液内科 副部長
2002年7月 神戸大学医学部附属病院 血液内科 副病棟医長
2004年7月 神戸大学医学部 血液内科 非常勤講師
山本医院 副院長(神戸市長田区)
2010年4月 神戸大学医学部 腫瘍・血液内科 非常勤講師

2015年8月 山本医院 院長

研究テーマ:造血器腫瘍における染色体異常の解析 山本克也 

茶屋原菜穂子 非常勤講師

2000年、神戸大学医学部卒業。3年間の初期研修ののち国立がんセンター東病院にて半年間研修。2004年神戸大学大学院医学系研究科に進学し主に消化器領域における癌治療、特に薬物療法について研究、診療に従事してきました。大学院在学中に悪性腫瘍に対する薬物療法について専門的に研究したいという思いが強くなり、2007年10月より現職となり消化器癌を中心に臓器横断的に腫瘍・血液内科診療を行っています。

向原 徹  非常勤講師

1997年  大阪市立大学医学部卒業
1997年-2000年 大阪市立総合医療センターで内科研修および呼吸器内科研究医
2000年-2002年  大阪市立大学病院第一内科研究医
2002年-2005年 Dana-Farber Cancer Institute, Post-doctral fellow
2005年-2008年  国立がん研究センター東病院化学療法科医師
2008年から 神戸大学腫瘍センター特命准教授
2009年から  通院治療室室長
2017年  国立がん研究センター東病院 乳腺・腫瘍内科科長

 

 

 

 

医員

宮田 吉晴 医員

 

垣内 誠司 医員

 

坂井 里奈 医員

平成25年、近畿大学医学部医学科を卒業。神戸大学医学部付属病院での初期研修を終了後、平成27年より神戸市立医療センター西市民病院総合内科にて研修。平成28年より現職。血液疾患を中心に診療にあたっています。

金原 史朗 医員

平成22年に神戸大学医学部医学学科卒。神戸大学医学部付属病院、大阪市立総合医療センター、国立がん研究センター中央病院勤務を経て、平成29年より現職。固形腫瘍全般について診療にあたっています。

 

鈴木 千晶 医員

東目 亜湖 医員

川口 晃司 医員

 

大学院生

久野寧子 大学院生・医員

平成19年京都府立医科大学卒業。京都市立病院にて初期臨床研修後、消化器内科にて研修継続。
平成25年より大学院腫瘍血液内科学分野に進学し、1年間薫風会佐野病院に赴任、消化器癌診療、消化器内視鏡および緩和ケアを研修致しました。平成26年より現職に就き、固形腫瘍を中心に診療にあたっています。

倉田啓史 大学院生・医員

平成23年神戸大学医学部医学科卒業。神戸大学医学部附属病院での初期臨床研修を終了後、平成25年より県立淡路医療センター内科で研修。平成26年より大学院生として、血液疾患を中心に診療にあたっています。

後藤秀彰 大学院生・医員

平成24年3月 浜松医科大学医学部医学科卒業。JA愛知厚生連安城更生病院で2年間の初期臨床研修修了。平成26年4月より現職。
がんプロフェッショナル養成プランに進学し、固形腫瘍、血液腫瘍にかかわらず、日々研鑽を積んでいます。

水谷優 大学院生・医員

平成24年3月に琉球大学医学部医学科を卒業。同年4月より京都第二赤十字病院で2年間の初期臨床研修を行いました。平成26年4月より現職に就き、腫瘍・血液内科医員として、日々診療にあたっています。
血液疾患を中心に臨床で得た疑問を研究し、よりよい医療を実践していけるようがんばっていきます。

北尾章人 大学院生・医員

平成18年に兵庫医科大学を卒業し、兵庫県養成医師制度に則り但馬地方で9年間総合診療を行ってきました。 平成23年から2年間は兵庫県立がんセンターで研修し、その後公立豊岡病院にて総合診療と腫瘍内科全般の診療に従事してきました。平成27年4月より、さらなる研鑽を積むため大学院に進学させていただきました。総合診療の視点も大切にしながら固形腫瘍・血液腫瘍に関わらず、診療・研究に取り組んでいきます。

長谷 善明 大学院生・医員

平成21年に関西医科大学医学部医学科を卒業。同年4月より大阪府済生会中津病院にて初期臨床研究を行いました。平成23年より大阪府済生会中津病院消化器内科に勤務。3年間、消化器癌の化学療法を中心に診療を行い、平成26年より国立がん研究センター東病院消化器内科に再度勤務し、平成28年より神戸大学腫瘍・血液内科 大学院医学研究科に進学いたしました。これまで診療をしてきました消化器癌だけでなく、固形癌全般について診療にあたっています。

須藤 洋崇 大学院生・医員

平成22年に奈良県立医科大学医学部医学科卒業。神戸大学医学部付属病院のたすきがけプログラムでの初期臨床研修終了後、平成24年より淀川キリスト教病院腫瘍内科に勤務。平成28年より現職。固形腫瘍・血液腫瘍にかかわらず、診療にあたっています。

市川 大哉 大学院生・医員

 

崔 諭司 大学院生・医員

平成24年に富山医科薬科大学医学部医学科を卒業。同年4月より愛仁会高槻病院にて初期臨床研修を行い、その後平成26年より愛仁会高槻病院にて初期臨床研修を行い、その後26年より愛仁会高槻病院消化器内科に勤務。3年間の内視鏡トレーニング、および消化器がん全般の科学療法を中心に診療を行って参りました。消化器がん・その他固形がん全般に対する化学療法および先端治療を会得するために、平成29年より、神戸大学腫瘍・血液内科大学院がんプロフェッショナル養成プランに進学いたしました。患者さんひとりひとりにあった治療を提供できるように診療に取り組んでまいります。

力武 隼平 大学院生・医員

平成26年鹿児島大学医学部医学科卒。同年4月より医療法人財団健和会みさと健和病院(埼玉県)の救急総合診療部勤務。平成29年より現職。固形がんを中心に診療させていただいております。


造血細胞移植クリニカルコーディネーター(TCCo)

中野加代子(臨床試験コーディネーター:看護師)

大学病院の役割として診療、教育、研究があります。この研究のうち患者さんへ協力していただき決められた試験実施計画書に沿って、薬剤や治療の有効性および安全性を確認するのが臨床試験です。日々忙しい医師を助けながら、患者さんの体調を観察するとともに検査データを随時確認し異常の早期発見に努め、試験のスケジュール管理をおこなっています。

林好子(造血幹細胞移植コーディネーター:日本造血細胞移植学会認定HCTC)

造血幹細胞移植をめざして治療をされている患者さんドナーさんそれぞれに治療へのご理解度やお気持ちを伺い、サポートを行いながら迅速かつ適切な対応を心掛けています。移植コーディネートには必要な工程が多く時間もかかるため、医師やスタッフと連携をとり骨髄移植推進財団や臍帯血バンク、他の医療施設の協力も得ながらより良い移植医療が行えるようコーディネート行っています。

 

 


このページの先頭へ戻る