神戸大学医学部附属病院 脳神経外科
神戸大学大学院医学研究科 外科系講座 脳神経外科学分野
Kobe University Hospital,  Department of Neurosurgery   
トップ   アクセス   リンク    サイトマップ   お問い合わせ
 トップ
 教授挨拶
 外来案内
 診療内容
 スタッフ
 初期臨床研修
 専攻医募集
 週間スケジュール
 研修体験記
 研究活動
 教室の歩み
 関連病院
 その他
脳 腫 瘍


 当教室脳腫瘍グループは、脳腫瘍に対して包括的に診断(放射線学的検査、病理診断、遺伝子解析、分子生物学的検査)及びその結果に基づく各種の治療(手術、放射線療法、化学療法、免疫療法など)を行っています。

 手術は、Brain LAB社のナビゲーションシステムや5-ALA, ICGなどによる術中蛍光診断法を用いたり、神経機能モニタリング(SEP, MEP, ABRなど)、脳皮質・白質マッピング、言語中枢や運動野腫瘍に対する覚醒下手術、内視鏡などの最新手術支援機器を導入し、治療成績の向上、脳・神経の機能温存、手術の低侵襲化に努めています。また、2015年4月より、手術室の隣に術中MRI装置が装備され、術中MRIが行えるようになり、より安全により正確に腫瘍の摘出が行えるようになりました。当院の術中MRI装置は、3.0テスラのMRI (SIMENS社 MAGNETOM Skyra 3T)であり、術中の形態学的診断のみでなく、神経線維や代謝物、血流などの解析も可能であり、術中の腫瘍の変化や残存腫瘍の把握に非常に有用です。
        
(術中MRI装置)

 悪性脳腫瘍に関しては、手術による治癒が困難なため、補助療法(放射線療法、化学療法、免疫療法)を積極的に行っています。通常の放射線治療は放射線腫瘍医と協力して行い、定位的放射線治療(サイバーナイフ治療、ガンマナイフ治療)は、放射線腫瘍科の先生と相談のうえ、関連病院である低侵襲がん治療センターや、新須磨病院ガンマーナイフセンターと協力して行っています。化学療法に関しては最も効果があり安全な標準的治療法を第1選択として行っていますが、個々の患者様の腫瘍の性質を染色体・遺伝子・蛋白質レベルで解析した結果を元に、化学療法の種類を決定するオーダーメイド治療を行う場合もあります。


 当科では、2017年8月より、光線力学療法(Photodynamic therapy: PDT)が行えるようになりました。PDTとは とは、腫瘍組織や新生血管への集積性がある光感受性物質(レザフィリン)を患者さんに投与した後、組織にレーザー光を照射することにより光感受性物質に光化学反応を起こさせ、細胞を変性、壊死させる新しい治療法です。
PDTは日本で開発された治療法で、肺癌に対する局所治療法としてスタートしました。その後、悪性脳腫瘍に対する有効性が検証され、2014年1月、世界に先駆けて悪性脳腫瘍に対する保険適応が認められ、実臨床レベルでの普及が少しづつ進んできています。現在、関西でPDTが可能な施設は、神戸大学と京都大学、関西医科大学の3施設のみです。治療の方法は、手術の前日に光感受性物質(レザフィリン)を静脈内投与し、遮光管理をしながら、翌日に通常の脳腫瘍摘出術を行います。腫瘍が摘出された後、切除断端部にレーザーを照射して、断端部に残存している、あるいは脳内に浸潤している腫瘍細胞を壊死させます。(下図)。術後の脳浮腫などは殆どみられず、レザフィリンの有害事象もなく、安全に運用できており、治療効果も期待できます。今後も同システムを用いて、治療成績の向上に努めていきたいと考えております。

 


<主な脳腫瘍>


1)神経膠腫(グリオーマ)

 脳を構成する膠細胞(グリア細胞)が腫瘍化したものを、神経膠腫(グリオーマ)と呼びます。神経膠腫は原発性脳腫瘍の中で最も頻度が高い腫瘍の1つで、脳腫瘍を代表するものです。神経膠腫は病理学的な特徴から、星細胞腫、退形成星細胞腫、膠芽腫、乏突起膠腫、退形成乏突起膠腫、上衣腫、退形成上衣腫、脈絡叢乳頭腫などに分類されます。一概に神経膠腫といっても、それぞれ悪性度や進行速度、治療に対する反応や予後が異なります。手術のみでも成績が良いもの、化学療法が効果的なもの、放射線療法と化学療法を併用することで良好な成績が得られるものなど、これまでの研究や経験で多くのことが解明されてきました。神経膠腫(グリオーマ)といっても様々な治療法があり、そのためには、手術により腫瘍を採取し正確な病理診断を得る必要があること、場合によっては特殊な免疫染色や染色体検査をおこなう必要があります。

 良性グリオーマは手術(開頭腫瘍摘出術)のみで治癒するものもありますが、悪性グリオーマは手術治療のみでは治癒が得られる可能性が極めて低く、再発や再増大を来します。したがって、化学療法や放射線療法、免疫療法を組み合わせた集学的治療をおこない、腫瘍の再発や再増大を抑えます。悪性神経膠腫の場合、できるだけたくさん摘出する方が治療成績はよいことが報告されています。しかし、神経膠腫の腫瘍と正常脳組織の境界が不明瞭なために、重要な脳機能をもつ部分の摘出には細心の注意が必要です。当施設では、神経膠腫に対して、ナビゲーションシステムや各種モニタリングなどを用いて、神経機能を温存しながらできるだけ多くの腫瘍摘出を行います。また、言語中枢や運動機能中枢に存在するグリオーマに対しては、麻酔科の先生や言語療法士の先生、電気生理モニタリングの技師さんとも協力して、覚醒下手術(Awake surgery)を行い、手術中に言語機能や運動機能を確認しながら腫瘍の摘出を行っています。また、2015年4月より、術中MRI検査が可能となり、術中にMRI検査をして、腫瘍の残存部分の把握ができるようになり、より正確にグリオーマが摘出できる様になりました。また、最新の手術用顕微鏡(Pentero)が導入されていますので、術中に腫瘍部分を赤く蛍光させて摘出する、術中蛍光診断摘出法も可能であり、グリオーマを正確に摘出することも可能です。
 
病理診断の結果、悪性グリオーマと判明した場合、患者さんの体力応じて放射線療法や化学療法(テモダール、カルボプラチン、エトポシド等)、免疫療法を積極的に行っております。グリオーマでは、いくつかの遺伝子や染色体の変化が、治療の反応性や予後に関連するといわれていますので、それらのバイオマーカーの検査を行ています。具体的には、IDH (Isocitrate dehydrogenase)の変異、MGMTプロモーターのメチル化状態、染色体1pと染色体19qの欠失などです。腫瘍細胞でのMGMTプロモーターメチレーションの存在する腫瘍ではテモゾロミド併用放射線療法が非常に奏功することが報告されています。また、IDH変異のあるグリオーマは予後が良好と報告されています。さらに、染色体1p, 19qの欠失のあるグリオーマは乏突起膠腫であることが多く、非常に予後良好です。当科では、ほぼ全例のグリオーマで、このようなバイオマーカーの検査を行っていますが、それ以外でも様々な遺伝子の状態を解析して腫瘍の性質を研究して、治療に役立つように努力しています。


「神経膠腫(グリオーマ)の予後因子に関する研究」について
神戸大学医学部附属病院脳神経外科では、1983年1月1日以降に本院で神経膠腫(グリオーマ)の摘出手術を受けられた患者さんを対象に、上記研究を実施しております。

本研究では未だによく分かっていない神経膠腫(グリオーマ)の性質を、手術で摘出され、本院で保存させていただいている患者さんの腫瘍組織や診療情報(データ)などを用いて遺伝子発現等を調べ、生命予後に影響する因子を明らかにする事を目的とします。本研究により、神経膠腫(グリオーマ)の性質が解明され新たな知見が得られれば、神経膠腫(グリオーマ)に対する治療方針の情報提供や決定に有用であると思われます。また、この研究についてご質問等ございましたら、[問い合わせ窓口]までご連絡ください。

「小児、および成人の脳幹部Gliomaに対する放射線治療成績の遡及的検討」の研究について
神戸大学医学部附属病院放射線腫瘍科では、現在、1990年1月から2013年12月の期間中に神戸大学医学部附属病院放射線腫瘍科(もしくは放射線科)で放射線治療を受けた小児および成人の脳幹部Gliomaの患者さんを対象に「小児、および成人の脳幹部Gliomaに対する放射線治療成績の遡及的検討」について調査研究を実施しております。また、この研究についてご質問等ございましたら、[問い合わせ窓口]までご連絡ください。

 神戸大学医学部附属病院脳神経外科では、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の脳腫瘍グループのstudyに参加しており、Grade IIのグリオーマに対して、「手術後残存腫瘍のあるWHO Grade II星細胞腫に対する放射線単独治療とテモゾロミド併用放射線療法を比較するランダム化第III相試験」 を行っております。この臨床試験は、この臨床試験は、神経膠腫(しんけいこうしゅ)の一つであるびまん性星細胞腫(せいさいぼうしゅ)と診断された方を対象としています。びまん性星細胞腫に対する標準治療は、手術でできるだけ脳腫瘍を取り除いた後に、残存腫瘍がある場合には早期に放射線治療を追加することです。2013年の米国臨床腫瘍学会では、グレード2神経膠腫の術後の放射線治療にテモゾロミドを組み合わせた化学放射線療法が、生存期間を延長する可能性があることが報告されました。しかし、標準治療である、放射線治療と直接効果を比べたことがないために、テモゾロミドを追加することがどの程度の効果があるのかははっきりと証明されていません。そこで今回、JCOG脳腫瘍グループでは二つの治療法を比べる臨床試験を計画し、現在臨床試験を進めているところです。

Grade IIIのグリオーマに対しては、「初発退形成性神経膠腫に対する術後塩酸ニムスチン化学放射線療法先行再発時テモゾロミド化学療法をテモゾロミド化学放射線療法と比較するランダム化第III相試験」を実施しております。これは、Grade IIIのグリオーマに対して、現在の標準的治療であるテモゾロミド化学放射線療法と、塩酸ニムスチン化学放射線療とを比較する臨床試験です。

詳細をお聞きしたい方は、神戸大学医学部附属病院脳神経外科 篠山までお問い合わせください。

「膠芽腫におけるマクロファージと髄液中サイトカイン、予後に関する研究」について

神戸大学医学部附属病院脳神経外科では、2006年1月から2014年12月の期間中に膠芽腫により手術を受けられた患者さんを対象に「膠芽腫におけるマクロファージと髄液中サイトカイン、予後に関する研究」を実施しております。この研究についてご質問等ございましたら、[問い合わせ窓口]までご連絡ください。


 

 


2)神経鞘腫

 神経鞘腫は末梢神経のシュワン細胞から発生した腫瘍です。組織学的悪性度はWHO分類ではグレードIの良性腫瘍です。原発性脳腫瘍の約10%を占め、40歳〜60歳の女性に多く発生します。脳神経では聴神経からの発生が圧倒的に多く、聴神経以外では三叉神経、顔面神経、舌咽・迷走神経、舌下神経の順に多く発生します。

    聴神経鞘腫について詳しくはこちら

「水頭症を合併した聴神経腫瘍患者さんの臨床的特長および治療経過に関する研究」
神戸大学医学部附属病院脳神経外科では、現在、平成20年1月1日〜平成27年6月30日の期間中に本院で聴神経腫瘍の手術を受けられた患者さんを対象に、「水頭症を合併した聴神経腫瘍患者さんの臨床的特長および治療経過に関する研究」を実施しております。尚、この研究についてご質問等ございましたら、下記までご連絡ください。
[問い合わせ窓口]
 神戸大学医学部附属病院脳神経外科 講師 谷口理章  (連絡先:078−382−5966)


3)髄膜腫

 脳・脊髄をつつむ髄膜(硬膜、くも膜)から発生する良性腫瘍で、原発性脳腫瘍の中で最も多い腫瘍です。進行が遅く徐々に脳を圧迫して、発生した部位により様々な神経症状をひきおこします。また、症状が出現しにくい場所に発生した場合は、非常に大きくなってから発見されることもあります。また、最近は脳ドックなどで、無症候性の髄膜腫としても発見されることが多くなっています。髄膜腫の中には稀ですが悪性のものもあります。進行が緩徐であるため無症状の場合は経過を見る場合もありますが、症状がある場合や将来症状が出現する可能性が高い場合は手術による摘出を行うのが一般的です。手術はナビゲーションシステムや電気生理学的モニタリングを用いて、症状を悪化させることなく、全摘出をめざしています。頭蓋底や脳深部に発生したものでは全摘出が困難な場合もあり、残存腫瘍や再発腫瘍に対しては、定位的放射線治療(ガンマナイフ)等も行います。


4)頭蓋内悪性リンパ腫

 血液細胞の中のリンパ球が腫瘍化した腫瘍で、比較的高齢者に多く、原発性脳腫瘍の2〜3%を占めます。B細胞系とT細胞系とに分類されますが、頭蓋内悪性リンパ腫の殆どはB細胞系のリンパ腫です。進行が非常に早く、頭痛、認知力低下、精神症状(無欲、傾眠、記憶障害)、麻痺などの症状で発症することが多いです。また、眼にも併発することが多く、ブドウ膜炎等による眼症状が20〜50%に認められます。

 治療は基本的には腫瘍生検術により確定診断をつけ、メソトレキセートを含む化学療法、放射線療法が治療の主体になります。当施設では、初期治療としてメソトレキセート大量化学療法、放射線療法を行い、残存腫瘍に対してはガンマナイフ治療を行っております。悪性リンパ腫は比較的治療に良く反応し、縮小あるいは消失することが多いですが、再発することも高いのが特徴です。当施設では、再発時にはカルボプラチン、エトポシドなどを用いた化学療法やガンマナイフ治療を行っています。
また、神戸大学医学部脳神経外科学講座および神戸大学医学部附属病院脳神経外科におきまして、中枢神経悪性リンパ腫の患者様のより一層の治療効果・予後改善のために、「中枢神経系悪性リンパ腫に対する放射線化学療法の治療効果ならびに予後を規定する因子に関する研究」と題した臨床研究を行うことになりました。
[問い合わせ窓口] 
疑問点、質問等のお問い合わせは神戸大学医学部脳神経外科
(Tel: 078-382-5966 担当:篠山隆司)までお願いします。
また対象患者様で当研究への参加を同意頂けない場合は上記問い合わせ先までご連絡ください。




5)胚細胞腫瘍


 胚細胞腫瘍は、胎児期の胚細胞に由来すると考えられている腫瘍で、頭蓋内にも発生します。多くは小児期に発生し、平均診断年齢は18歳前後です。発生部位は主に松果体とトルコ鞍上部で、水頭症、上方注視麻痺、視力・視野障害、尿崩症、下垂体機能不全症などの症状を発症します。女性では無月経で気付く場合もあります。胚細胞腫瘍には以下に示すような様々な組織型があます。


<胚細胞腫瘍の組織型>
   胚腫  (Germinoma)
   奇形腫  (Teratoma)
   卵黄嚢腫瘍 (Yolk Sac Tumor)
   胎児性癌  (Embryonal Carcinoma)
   絨毛癌  (Choriocarcinoma)
   混合性胚細胞腫瘍  (Mixed Germ Cell Tumor)


治療は組織型によって異なりますが、基本的に手術、放射線治療、化学療法などの治療を組み合わせて治療を行います。胚腫は、放射線療法、化学療法にとても感受性があり、奇形腫は放射線療法、化学療法に対して感受性が低く、手術での摘出が必要であります。卵黄嚢腫瘍、胎児性癌、絨毛癌は悪性の胚細胞腫瘍と言われ、強力な放射線治療、化学療法が必要です。

「初発の頭蓋内原発胚細胞腫に対する放射線・化学療法第II相臨床試験」について

神戸大学病院脳神経外科では全国の主要な病院で行われている上記の、中央登録方式による多施設自由〈オープン〉参加臨床第II相試験に倫理委員会の承認を得て、参加しています。

この臨床試験は、従来から行われている放射線化学療法の有効性を再度検討するための目的で計画されました。以前の1995年から始まった「厚生労働省がん研究助成金による胚細胞腫に対する多施設共同臨床試験(注)」では228例の治療を行い、良好な治療効果を得ることが出来ました。この成績を従来の放射線治療単独治療成績と比較しても、治療の負担軽減とより良好な生存率が得られたと評価できます。しかし、当時の臨床試験の精度が現在ほど高くなく、放射線治療範囲、放射線治療と化学療法開始時期など細部で徹底さにかけており、これらを統一するとさらに良好な生存率が得られる見込みとの分析がなされたため、治療方法を統一して再度臨床試験をして治療効果を検討することとなったのです。

この臨床試験について詳細をお聞きしたい方は、神戸大学医学部附属病院脳神経外科 篠山までお問い合わせください。



 


6)転移性脳腫瘍

 転移性脳腫瘍は全脳腫瘍の中では最も頻度が多く、原発巣としては肺癌、乳癌、胃癌、大腸癌、悪性黒色腫などが多いです。原発巣がはじめからわかっている場合もありますが、痙攣、麻痺、高次機能障害などの脳・神経症状として発症し、検査によって原発巣が同定される場合も比較的多いです。当施設では転移性脳腫瘍に対し、積極的に治療を行っております。病変が重要な脳機能の近傍にある場合は、ナビゲーション、トラクトグラフィー、術中モニタリングなどを駆使して、安全に腫瘍を摘出するように努めています。脳原発巣のコントロールが良好で全身状態が安定している場合は、外科的摘出を行い、術後に放射線腫瘍科の先生と協力して、放射線療法などを行います。病変が複数あるいは深部に存在する場合は、関連病院である新須磨病院と協力して、ガンマナイフ治療を行っております。また、当科で原発巣が同定された場合は、腫瘍内科や呼吸器・消化器内科等の他科の先生方と協力して、原発巣の治療にもあったっています。




診療内容のTopへ  
                
このページのTopへ



上記疾患につきましては、専門の外来担当医をご参照下さい。

<診療に関するお問い合わせ>

〒650-0017
神戸市中央区楠町7丁目5−2
神戸大学大学院医学研究科 外科系講座 脳神経外科学分野
TeL: (078) 382-5966 , Fax: (078) 382-5979

診療科長補佐   甲田将章
教授兼診療科長  甲村英二
  神戸大学医学部附属病院 脳神経外科 
〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町7丁目5-2 , Tel: 078-382-5966, Fax: 078-382-5979
Copyrights(c)2009, Department of Neurosurgery, Kobe University Hospital
All Rights Reserved.