神戸大学医学部附属病院 脳神経外科
神戸大学大学院医学研究科 外科系講座 脳神経外科学分野
Kobe University Hospital,  Department of Neurosurgery   
トップ   アクセス   リンク    サイトマップ   お問い合わせ
 トップ
 教授挨拶
 外来案内
 診療内容
 スタッフ
 初期臨床研修
 専攻医募集
 週間スケジュール
 研修体験記
 研究活動
 教室の歩み
 関連病院
 その他
脳浮腫・血液脳関門に関する研究




(1) 脳浮腫

 頭部外傷、脳血管障害、脳腫瘍など各種の中枢神経系疾患において、脳浮腫は本来の病態を悪化させる大きな要因である。脳浮腫の治療法としては脱水、高浸透圧剤投与など古典的な治療法が依然として主流を占めているが、重症な脳浮腫はコントロールすることが困難であり、生命の危機に及ぶこともしばしば認められる。

 VEGF(Vascular endothelial growth factor)は成長因子の1つであり、虚血後の血管透過性亢進による脳浮腫と、血管新生による神経保護を誘導することが報告されている。VEGFを脳虚血ラットに投与すると、脳血管関門の透過性が亢進し、脳浮腫が増大したとの報告もあり、VEGFシグナルの抑制が脳浮腫を軽減させるのではないかと考えられる。

 現在までに幾つかのVEGF阻害剤が開発され、血管新生抑制作用等の報告は散見されているが、脳浮腫や脳梗塞に対する効果を検討した報告は殆どない。当教室の研究グループは、新たなVEGF阻害薬を用いて、脳梗塞や頭部外傷による脳浮腫に対する治療効果について、動物モデルを用いて行っている。




(2) 血液脳関門

 血液脳関門の病態生理学的な研究を行うために、脳毛細血管内皮細胞の培養系を用いて様々な病態における内皮細胞の機能的変化を解析している。In vitroの血液脳関門モデルによる内皮細胞と星状神経膠細胞の相互関係の解明、無酸素・再酸素化における内皮細胞障害機序の解明、あるいは、血液脳関門の人為的な調節法の開発に取り組んでいる。また、in vivoの脳血管透過性研究法としてin situ脳環流法を用いて、人為的な血液脳関門制御法の開発を行っている。





<研究費>


文部科学省 基盤研究(B)  平成16年〜平成18年

VEGFを分子標的とした新規抗脳浮腫療法の開発 
研究代表者 甲村英二



<主な業績>
(2010年)

Koyama J, Miyake S, Sasayama T, Chiba Y, Kondoh T, Kohmura E.

The novel VEGF receptor antagonist, VGA1155, reduces edema, decreases infarct and improves neurological function after stroke in rats.

Kobe J Med Sci. 2010 Aug 19;56(1):E1-11.


(2008年)
Chiba Y, Sasayama T, Miyake S, Koyama J, Kondoh T, Hosoda K, Kohmura E

Anti-VEGF receptor antagonist (VGA1155) reduces infarction in rat permanent focal brain ischemia.
Kobe J Med Sci. 54(2): E136-46, 2008


(2007年)
Koyama J, Miyake S, Sasayama T, Kondoh T, Kohmura E

Effect of VEGF receptor antagonist (VGA1155) on brain edema in the rat cold injury model.
Kobe J Med Sci. 53(5): 199-207, 2007


(2003年)
Ikeda M, Nagashima T, Bhattacharjee AK, Kondoh T, Kohmura E, Tamaki N.

Quantitative analysis of hyperosmotic and hypothermic blood-brain barrier opening.

Acta Neurochir Suppl. 2003;86:559-63.


(2002年)

BhattacharjeeAK Kondoh T, Ikeda M, Kohmura E.
MMP-9 and EBA immunoreactivity after papaverine mediated opening of the blood-brain barrier.

Neuroreport. 13(17): 2217-2, 2002

Ikeda M, Bhattacharjee AK, Kondoh T, Nagashima T, Tamaki N.

Synergistic effect of cold mannitol and Na(+)/Ca(2+) exchange blocker on blood-brain barrier opening.

Biochem Biophys Res Commun. 291(3): 669-74, 2002


(2001年)

Bhattacharjee AK, Kondoh T, Nagashima T, Ikeda M, Ehara K, Tamaki N.

Quantitative analysis of papaverine-mediated blood-brain barrier disruption in rats.

Biochem Biophys Res Commun. 289(2):548-52, 2001


BhattacharjeeAK, Nagashima T, Kondoh T, Tamaki N.

Quantification of early blood-brain barrier disruption by in situ brain perfusion technique.

Brain Res Brain Res Protoc. 8(2): 126-31, 2001

BhattacharjeeAK, Nagashima T, Kondoh T, Tamaki N.

The effects of the Na(+)/Ca(++) exchange blocker on osmotic blood-brain barrier disruption.

Brain Res. 900(2): 157-62, 2001


(2000年)
Nagashima T, Wu S, Ikeda K, Tamaki N.

The role of nitric oxide in reoxygenation injury of brain microvascular endothelial cells.

Acta Neurochir Suppl. 76: 471-3, 2000

このページのTopへ

研究活動

  神戸大学医学部附属病院 脳神経外科 
〒650-0017 兵庫県神戸市中央区楠町7丁目5-2 , Tel: 078-382-5966, Fax: 078-382-5979
Copyrights(c)2009, Department of Neurosurgery, Kobe University Hospital
All Rights Reserved.