本文へスキップ

神戸大学大学院医学研究科 生理学・細胞生物学講座 システム生理学分野

TEL: 078-382-5805

〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-1

Message from Professor

教授からのご挨拶

写真

平成28年4月1日付で生理学・細胞生物学講座 システム生理学分野 教授を拝命いたしました和氣弘明でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

私は名古屋市立大学医学部を卒業し、神経内科(小鹿幸生教授)に入局し神経疾患に対する臨床を行った後、大学院時に特別共同利用研究員として生理学研究所(鍋倉淳一教授)にて、神経障害時における抑制性神経伝達の興奮性獲得メカニズムの研究を行いました。その後、同研究室にて、2光子顕微鏡を用いた生体イメージングを立ち上げる機会を頂き、そのシステムを用いて中枢神経系免疫細胞であるミクログリアの新規生理機能を明らかにしました。それまでミクログリアは病態時における形態変化に着目した重要な研究が行われてきましたが、技術的な要因からその生理機能は明らかではなく、in vivo2光子顕微鏡を用いてミクログリアを可視化することにより、この命題を解くことに成功しました。さらにその後、米国国立衛生研究所にVisiting fellowとして着任し、顕微鏡技術のさらなる技術を取得するとともに、in vitroの系を用いて神経活動依存性髄鞘化の分子メカニズムを明らかにしました。帰国後、行動中の動物の神経細胞活動をグリア機能が変容した動物で可視化することによって、グリアの生理機能がどのように神経回路活動の恒常性を維持し、また、それが破綻することによって生じる精神・神経疾患群を考察し、それぞれの症状に対応する神経回路活動の異常を検索しております。さらに個体の免疫機能がどのように神経回路活動に影響するかを免疫細胞のダイナミックな変化と神経回路活動を相関させることにより検証しております。今後はこれらの研究をさらに発展させ、新たな視点から精神疾患を考察していきたいと考えております。教育面におきましては、学部学生には生理学の講義・実習を行い、また基礎配属実習などでの交流を通して生理学の面白さ・奥深さを味わっていただきたいと思います。今後、様々な分野における先生方との交流を通して研究を発展させていただきたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


Division of System Neuroscience

Kobe University of Graduate School of Medicine


神戸大学大学院医学研究科 生理学・細胞生物学講座 システム生理学分野

〒650-0017
神戸市中央区楠町7-5-1
TEL 078-382-5805
FAX 078-382-5806