神戸大学大学院医学研究科病理学講座病理病態学分野,
		神戸大学大学院医学研究科微生物感染症学講座感染病理学分野,
		神戸大学大学院医学研究科附属感染症センター
http://www.med.kobe-u.ac.jp/molgene/index.html http://www.med.kobe-u.ac.jp/molgene/index-jp.html
English



基礎医学研究における先駆的役割を果たす素晴らしい研究施設でありたい。
俊英が集う素晴らしい教育施設でありたい。

教授

林 祥剛
Yoshitake Hayashi MD, PhD
(Surgical and Anatomical Pathologist)
E-mail: hayashiy@med.kobe-u.ac.jp

病理病態学

神戸大学医学部は、日本の病理学の発展に寄与した数多くのすばらしい病理学者を輩出しています。

病理病態学分野は、研究,教育,診療といった3つの柱があり、優れた専門性をもつ、指導的な病理医の育成を使命としています。

感染病理学

感染症伝播の分子生物学的機構、感染症に伴う発癌の分子生物学的機構と先端医療技術を駆使したその防御システムの構築、 肝炎ウイルスなどのウイルスゲノムの多様性と病態の解析などについて研究しています。 教室の最も重要な使命は、社会に貢献する研究成果をあげること、社会に役立つ優れた人材を育成し、世に送り出すことです。 私たちは、ひとの病気の治療、撲滅を目指しています。

特に2007年から、文部科学省と理化学研究所が主導する感染症研究国際ネットワーク推進プログラム (J-GRID, 旧名:新興再興感染症研究拠点形成プログラム)で研究拠点に指定され、 大きな社会的責任を担って研究活動をおこなっています。

研究室は、多数の留学生が学び、日本人学生にも国際人としての感覚が養われる良い機会が与えられます。

研究活動
  • 新興再興感染症防御のための国際共同研究
  • 肝炎ウイルスの分子、遺伝子レベルでの研究
  • 肝疾患の病理診断
  • 肝、胆、膵疾患発症の分子機序の解明
  • 肝、胆、膵疾患の新しい治療戦略の試み
  • 循環器疾患の分子、遺伝子レベルでの解明とその進展の制御
  • 造血器・網内系疾患の病理診断


神戸大学大学院医学研究科病理学講座病理病態学分野
神戸大学大学院医学研究科微生物感染症学講座感染病理学分野
〒650-0017 神戸市中央区楠町7-5-1 TEL 078-382-5700, 5342 FAX 078-382-5719
E-mail: hayashiy@med.kobe-u.ac.jp

− リンク −

神戸大学大学院医学研究科

神戸大学

Copyright (C) 2006-2017 Division of Molecular Medicine & Medical Genetics, Department of Pathology,
Kobe University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.