Division of Microbiology



B型肝炎ウイルスの研究




B型肝炎ウイルス(HBV)の構造と機能に関する研究
  B型肝炎ウイルス(HBV)はヒト肝細胞に感染し、免疫能が正常の成人に感染した場合は主として急性肝炎を、また、免疫能が不十分な新生児や乳幼児に感染した場合は持続感染(キャリアー)になり、慢性肝炎、肝硬変や肝細胞癌を引き起こします。わが国では約 100万人のHBVキャリアーが存在すると推定されています。我々は、HBVのゲノム遺伝子をベクターに組み込み、細胞内に導入することにより、ウイルス蛋白の機能および宿主因子との相互作用を検討し、ウイルス増殖機構、ウイルス抗原産生機構、病原性を解析しています。また、組換え HBV及びHBV変異体産生細胞を用いて、HBの増殖機序を解明するとともに、HBVによる発癌、糖・脂質代謝異常等の分子機序を解明し、併せて HBV阻害剤の探索を行っています。