Kobe University Hospital
Oral and Maxillofacial Surgery


    



                      ■
 顎矯正外科治療 





  顎変形症とは

      歯ならびが悪い状態を不正咬合といい、歯の矯正治療の対象となりますが、歯を動かすことで
     治療することができる場合と、出っ歯の人 (上顎前突) 、とてもひどい受け口の人 (下顎前突)
     あごがゆがんでいる人 (顎偏位)上下の前歯の間に大きなすき間がある人 (開咬) などでは、
     歯だけの問題ではなく、あごの骨の形や位置に問題がある場合があります。

      あごの骨自体に変形などがある場合には、歯を並べる一般的な矯正治療だけでは治らないこと
     があり、あごの骨の手術も必要になります。

      このような病状・疾患を総称して、専門的には顎変形症と呼んでいますが、現在、日本では健康
     保険による治療も適用されるようになっています。

      また、当科には、顎変形症外来があり、顎変形症の患者さんの治療を口腔外科医と矯正科医が
     協力して行っています。


  実際の症例


   ■ 上顎前突 ■

       上顎や歯が前に突出しているために、上下唇も突出して非常に閉じにくく、口の中が
       乾燥し、虫歯や歯周病が進みやすい環境となる。
       前歯で物を噛み切るには下顎を前に突き出す必要がある咬み合わせ状態。

   

       CT検査データをもとに手術シミュレーション模型を実際に作成して、模型上での手術
       モデルサージェリーにより、上顎を後退させる手術の適用となった例。

   

       上顎の手術後に上下の前歯から奥歯まで咬めるようになり、上下唇の突出が
       改善され唇の閉鎖が容易になっている。



   ■ 下顎前突(女性) ■

       下唇や下顎が前方に大きく突出しているために、唇が非常に閉じにくく、発音にも
       影響が出やすい咬み合わせ。
       前歯では全く噛むことができない咬み合わせ状態。

   

        レントゲン検査による骨計測の結果、下顎の骨の短縮手術
       (左右ともに前後に約15mm程度)の適用となった例。

   

       下顎の手術後に上下の前歯が咬めるようになり、下唇や下顎の突出が改善された。



   ■ 下顎前突(男性) ■

   

    

   

    



   ■ 顎偏位 ■

       顔貌が非対称で、咬み合わせも左右にずれている状態。長年の片側噛み癖などに
       よる場合も多く、放置すると左右の筋肉バランスが崩れたり、あごの運動障害がでる
       場合もある。

   

       CT検査やレントゲン検査の結果、左右非対称な下顎の骨の形態を修正する手術の
       適用となった例。(3DCT画像では上下の顎の骨格のずれの診断が可能。)

  

       下顎の手術後にすべての上下の歯で噛めるようになり、顔貌も改善された。


  顎変形症の治療の流れ




      術後矯正治療終了後、矯正の器具を撤去し、後戻り防止装置の使用を開始します。
      きれいになった咬み合わせを維持するために、矯正医の指示通り装置をしましょう。

             ※ 治療期間はおよその目安で個人により差があります。


  顎変形症外来への受診をご希望の方へ

      初診相談には事前予約をお電話で直接受け付けております。
      ご相談には約1時間程度お時間をいただいております。

      ※詳細はこちらをご覧ください。          → 顎変形症外来 / 矯正外来のご案内


 Copyright (c) 2014 神戸大学病院 歯科口腔外科 co.,ltd. All rights reserved.