toggle navigation

神戸大学医学部附属病院 臨床研究推進センター 国産医療機器創出促進基盤整備等事業

「医療機器開発エキスパート」育成研修エントリーコース 神戸大学医学部附属病院 臨床研究推進センター 国産医療機器創出促進基盤整備等事業

平成30年度

「医療機器開発エキスパート」育成研修エントリーコース

日本医療研究開発機構
国産医療機器創出促進基盤整備等事業
「医療機器開発エキスパート」育成研修エントリーコース(第2期)募集要項

「医療機器開発エキスパート」育成研修エントリーコースは、国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)国産医療機器創出促進基盤整備等事業において、将来的に臨床現場で医療関係者(医師、コメディカルスタッフ、研究開発支援スタッフ)と緊密に連携して医療機器を共創できる人材の育成を目指すものです。エントリーコース受講者が、その後のアドバンストコースにて臨床現場での医療機器開発の実践経験を積むことで、「医療機器開発エキスパート(プロダクトマネジャー/プロジェクトマネジャー)」になることを目標としています。

  1. 実施期間:2018年5月~2019年2月
  2. 募集人数: 8~12名(1社2名まで)
  3. 研修開始日:2018年5月17日(木)
  4. 募集期間:2018年4月24日(火)~2018年5月9日(水)

    注)参加者は、メンバー構成のバランス等を考慮の上、決定いたします。
    参加の可否は、国産医療機器創出促進基盤整備等事業 事務局よりご連絡いたします。

  5. 参加費:無料
  6. 対象者:
    以下の条件をすべて満たす方を対象とします。
    (1)医療機器開発企業もしくはこれから医療機器産業に参入しようとする企業の方、若しくは業務上医療機器の開発知識ならびに臨床現場への立入りが必要な方(参加者の背景が必ずしも理系である必要はありません)
    (2)原則、研修終了後にアドバンストコース(有償)に進み、神戸大学医学部の臨床現場での医療関係者との交流をベースに医療機器開発および関連業務を進めていくことが可能である方
    (3)原則、全ての学習項目を履修可能な方(但し、個々の能力に応じて、一部免除できる場合があります。)
    (4)原則、参加希望者の上長と面談させて頂き、本事業の趣旨をご理解いただけること。 (5)多企業グループワークの実習のため知財ルールをご理解いただけること

    ※ニーズ探索から製品開発戦略策定までの一通りを、実践中心に学ぶコースですので、経験よりも自主性及びやる気を重んじます。

  7. 学習項目:(全体スケジュールの詳細はこちらから
    内容は都合により変更となる可能性があります、予めご了承ください。
    1 ニーズ探索アプローチワークショップ
    2 事業化戦略策定ワークショップ
    3 ハンズオンセミナー
    4 臨床現場見学
    5 臨床現場見学に基づくニーズ探索実践演習
    6 臨床現場ニーズからの医療機器開発戦略策定実践演習 他
  8. 研修日数・時間:
    ・座学(ワークショップ等)は、1回2~3時間、平均して月3~4回、平日原則18時以降開始。
    ・ハンズオンセミナーは、期間中に週末1~2回実施。
    ・臨床現場見学は、期間中に平日3~4日程度実施。
  9. 教材:各セミナー配付資料
  10. エントリーコース申込方法:こちらからお申込みください。
  11. お問い合わせ:
    神戸大学医学部附属病院 臨床研究推進センター TR・RS部門
    国産医療機器創出促進基盤整備等事業 事務局
    TEL:078-382-5693
    kikisou@med.kobe-u.ac.jp