あなたも参加しませんか?

こんなメンバーです

楽しく活動しています。

おすすめスポット

DSC03854.jpeg

神戸大学病院感染症内科は3年間の後期研修を提供しており、毎年後期研修医(フェロー)を募集しています。また、医学研究科感染治療学分野の大学院生も合わせて募集しています。また、短期研修生も募集しています。1〜3ヶ月程度の実習が可能です。

感染症フェローは2008年度から、大学院生は2013年度から採用しています。現在、アテンディングは非常勤含めて5名、フェローが6名、大学院生が1名います。

 好奇心が強く、臨床が大好きで、教育が大好きで、探究心豊かな人材を期待しています!フェロー修了後は神戸大のスタッフになる手もあります。他院で感染症や総合診 療のリーダーとなることもできます。近年診療加算などの追い風もあって多くの病院が感染症のプロを探しているので、「案外」就職先には困りません。また、 集中治療や家庭医療など他の領域にさらに足を伸ばした方もいます。要するに、感染症の勉強をしておいてそんなことはなく、わりと潰しがきくのです。

神戸大の特徴としては、
・コモンな院内感染症(外科系、内科系)はひと通り学べる。
・固形臓器移植、幹細胞移植患者、様々な分子標的薬使用者など、大学病院ならではの感染症も体験できる。
・HIV/AIDS、熱帯医学、予防・トラベル含め、感染症外来を学べる。新規HIV・AIDS患者は(残念ながら)多く、マラリアやデング熱など熱帯病も定期的に来院。厚労省研究班メンバーなので、希少薬も使用できます。
・(これも残念ながら)兵庫県は結核も多いです。
・ 総合内科との連携が強く、ここをローテートしてから感染症を学ぶというジェネラリストー>スペシャリストトラックもあります。メジャー、マイナー、内科、 外科、小児科、産婦人科など全ての診療科からコンサルトがあるため、幅広い勉強が可能です。自前のベッドで主治医としての診療も行っています。感染症外来 もあります。
・教育方法を学び、学生や初期研修医にそれを実践できます。学生、研修医へのレクチャー、レポート指導など、幅広く教える機会があります。
・ジェネラルな内科マインドを持ちながら、感染症という専門性も持つという「広く、深く」をモットーとしています。
・倫理・コミュニケーション能力も学べますし、卒業試験の必須項目になっています。
・ジャーナルクラブを通して英語論文の読み方、批判的吟味の仕方、EBMなどを学びます。
・NEJMのケースカンファを通じて英語のプレゼンとリスニング、クリニカル・リーズニングを学べます。
・イギリス、タイなど様々な国の医学生が実習に来ますが、そのときは回診はすべて英語で行います。年数回、各国の大リーガーからも教育を受けます。今年度はUCSFのL・ティアニーやNYベスイスラエルのスタンレイ・ヤンコビッツなどが来神することが決まっています。
・Letterや論文も積極的に執筆してもらっています。これまでも、NEJM、CIDなどいろいろ出しています。
・抗菌薬適正使用プログラムBig Gun Projectに参加できます。
・細菌検査室での微生物学学習も充実しています。兵庫県は検査技師さんのレヴェルが高く、院内でのレクチャーやグラム染色カンファレンスなどにも参加しています。
・臨床研究にも積極的に参加できます。症例報告だけでなく、メタ分析、システマティック・レビュー、前向き介入試験、後ろ向き試験、質的研究など臨床面での研究には力を入れています。
・3ヶ月間、国内外でのエレクティブ可能です。ペルーのゴーガスコース、アメリカ、カンボジア、ケニアなど様々な国で活動をしています。
・神戸医療センター中央市民病院でのエレクティブを行えます。中央市民は神戸市のフラッグシップ病院で、大学病院ではあまりみない市中感染、救急症例を経験することもできますし、一類感染症もここにやってきます。また、ここでは感染管理をたくさん学べます。
・教科書や雑誌の総説などの執筆、翻訳のチャンスは多く、ものを書いたり、上手に説明をする訓練になります。
・職場環境整備も積極的に行なっています。不要な残業の禁止。週最低24時間の連続オフ。当直明けの業務禁止を行なっており、育児、共働き、介護なども積極的に支援します。ハンディキャップのある方の労務調整も行なっています。

 関心のある方はぜひ一度どんな感じか具体的にご覧になってください。ご不明な点、見学希望などお問い合わせはkobeidアットマークmed.kobe-u.ac.jpまでお願いします。

BACKNUMBER

IMG_0285.JPG岩田健太郎ブログ「楽園はこちら側」
ここで頭をひっくり返そう


index.jpg神戸大学病院感染症内科オフィシャルFacebook
イベント情報や飲み会の報告など!


rehasetsumei.gif外来受診など
受診希望の方は、こちらから


51AC9A2Z66L._SL500_AA300_.jpg青木眞先生ブログ「感染症診療の原則」
感染症の勉強をしたかったら、ここ!


Moraxella catarrharis sputum.jpgグラム染色道場
兵庫は検査技師さんのレベル高し


gene.jpg週刊医学界新聞「ジェネシャリスト宣言」
新しい医者のスタイルを