診療内容・医師のご案内

診療内容

附属病院緩和支持治療科の概要

 生命の危機に直面する疾患にかかった時、人はどのような苦痛を持つでしょうか。想像してみてください。体の痛みやつらさ、気持ちのつらさ、生活の危機、金銭面での心配、家族の負担に対する心配、様々なことが頭に浮かぶだろうと思います。また、自分の人生が終わってしまうかもしれないという危機にあたり、人生や生き方についても様々な苦悩がわきあがることがよく見られます。現代医学は素晴らしい進歩を遂げ、多くの難治性疾患の治療法が開発され、平均余命は延長しております。その一方で、疾患を持って療養する患者の数は高齢化・多死社会を迎え、さらに増加しつつあり、その数は年間300万人以上であろうと推計されています。特にがん医療においては、療養生活の質を向上させることの重要性が重点的に取り組む課題として取り上げられ、早期から終末期に至るまで緩和ケアを切れ目なく提供する体制を整備することが求められています。緩和支持治療科では、以下の5項目をモットーとして診療を行ってまいります。:1)外来・入院治療においてがん患者さんのもつこころとからだの苦痛をスクリーニングし、対応が必要な苦痛に早期から終末期に至るまで継続的に対処すること、2)腫瘍医の外来・入院診療を苦痛の緩和と治療・療養に関する決定支援(患者家族が望んだ場所で適切な療養生活をおくることができること)の両面からサポートすること、3)がんの治療と並行して苦痛の緩和を行い、治療によって生じる苦痛にも対応すること、4)年齢と性別を問わずに診療を行うこと、5)非がん疾患の緩和ケアにも積極的に取り組むこと。
 詳細については附属病院緩和ケアチームのホームページもご参照ください。
 http://www.hosp.kobe-u.ac.jp/oncol/effort/ease/index.html

医師・スタッフ紹介

木澤 義之 特命教授

神戸大学医学部附属病院 緩和支持治療科
特命教授

経歴

1991年
筑波大学医学専門学群卒業
1991年
医療法人財団 河北総合病院 内科研修医
1994年
筑波大学附属病院総合医コースレジデント
1997年
国立がんセンター東病院研修医(緩和ケア病棟)
1998年
筑波メディカルセンター病院医師(総合診療科)
2000年
筑波メディカルセンター病院診療科長(総合診療科)、緩和ケア病棟担当医師
2003年
筑波大学臨床医学系講師、筑波大学附属病院医療福祉支援センター副センター長
2005年
筑波大学附属病院緩和ケアセンター副センター長併任
2013年3月
神戸大学大学院医学研究科内科系講座先端緩和医療学分野特命教授
2017年4月
神戸大学医学部附属病院 緩和支持治療科特命教授

資格

日本内科学会総合内科専門医
日本緩和医療学会暫定指導医

一言

生活者の視点を持って、困難に直面する患者と家族のQOLを少しでも高められるよう、ともに学びあい、実践してゆける仲間を募集しています。


坂下明大特定助教 写真

坂下 明大 特定助教

神戸大学医学部附属病院 腫瘍センター
緩和ケアチーム 特定助教

経歴

 
2000年3月
神戸大学医学部卒業
2000年6月
神戸大学医学部附属病院 研修医
2001年6月
神戸労災病院 内科研修医
2003年6月
兵庫県立成人病センター呼吸器内科 専攻医
2004年6月
神戸大学医学部附属病院呼吸器内科 非常勤医師
2009年4月
神戸大学医学部附属病院 腫瘍センター 特定助教
2015年4月
兵庫県立加古川医療センター緩和ケア内科 医長 
先端緩和医療学分野 非常勤講師 
2017年4月
神戸大学医学部附属病院 腫瘍センター緩和ケアチーム特定助教(現職)

資格

日本内科学会認定内科医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本緩和医療学会緩和医療専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
日本内科学会 総合内科専門医

一言

緩和医療はチーム医療です。多職種・患者・家族でのコミュニケーションが重要です。多様な価値観を共有しながら、一緒に学びましょう。チーム医療に興味がある方を求めています。チームメンバーとして一緒に学び、働きませんか?


西島 薫 特定助教

神戸大学医学部附属病院 腫瘍センター
緩和ケアチーム 特定助教

経歴

2000年3月
東京女子医科大学医学部卒業
2001年4月
東京女子医科大学付属第二病院 初期研修医
2003年4月
東京女子医科大学付属病院 麻酔科 専攻医
2009年1月
市立池田病院 麻酔科 医長
2015年4月
国立がん研究センター中央病院 緩和医療科
2017年4月
神戸大学医学部附属病院 腫瘍センター緩和ケアチーム特定助教(現職)

資格

日本麻酔科学会 専門医・指導医
日本緩和医療学会緩和医療専門医

一言

麻酔科・ペインクリニック出身を生かして患者さんの疼痛緩和に携わるとともに、緩和ケアに必要な内科的管理、コミニュケーション技術、医療倫理など日々勉強中です。治癒困難な患者さんと介護者のかたの気持ちに寄り添い支援するケアの実践を心がけています。


島田 麻美

神戸大学医学部附属病院
緩和支持治療科 医員

経歴

2009年3月
宮崎大学医学部医学科卒業
2009年4月
順天堂大学医学部付属浦安病院 研修医
2011年4月
順天堂大学医学部付属浦安病院 血液内科 専攻生
2013年10月
順天堂大学医学部付属浦安病院 血液内科 助手
2015年4月
神戸大学医学部附属病院 緩和支持治療科 医員 (現職)

資格

日本内科学会 認定内科医
日本血液学会 血液専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

一言

内科医としてこれまで学んできたことを生かしながら、緩和医療を専門的に勉強 したいと思い神戸に来ました。 がん患者さんやそのまわりの方々が、より良い時間を、より長く持てるようにサ ポートできたらと思います。


大前 隆仁

神戸大学医学附属病院
緩和支持治療科 医員

経歴

2008年
京都府立医科大学医学部医学科卒業
2008年
兵庫県立尼崎病院 初期臨床研修医
2010年
兵庫県立尼崎病院 ER総合診療科 専攻医
2013年
兵庫県立塚口病院 内科・ER総合診療科 医員
2014年
兵庫県立尼崎病院 ER総合診療科 医長
2015年
兵庫県立加古川医療センター 緩和ケア内科 医長
2017年
神戸大学医学附属病院 緩和支持治療科 医員(現職)

資格

日本内科学会認定内科医
日本東洋医学会漢方専門医
日本救急医学会ICLS認定インストラクター・ディレクター

一言

それぞれの患者さんおよびご家族の生活を支援・応援できるような医療を実践できるよう心掛けて診療にあたりたいと考えております。 非がんの緩和ケアや、高齢者医療のACPに興味があります。 好きな漢方薬は通導散です。


山口 崇

兵庫県立加古川医療センター 緩和ケア内科医長

経歴

2004年3月
岡山大学医学部医学科卒業
2014年3月
筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程卒業
2004年4月
手稲渓仁会病院 臨床研修医
2007年4月
  同    総合内科
2008年4月
筑波メディカルセンター病院 総合診療科・緩和医療科
(緩和ケア病棟・診療所 研修など)
2011年4月
手稲渓仁会病院 総合内科・感染症科/緩和ケアチーム 医長
2013年10月
神戸大学医学部附属病院緩和支持治療科 特定助教
2017年4月
兵庫県立加古川医療センター 緩和ケア内科 医長(現職)

資格

日本内科学会 認定内科医
日本内科学会 総合内科専門医
日本緩和医療学会 緩和医療専門医

一言

”緩和ケア”というコンセプトはすべての医療者にとってfundamentalなものと思います。そして、すべての患者さんに対して適切に提供されるべきだと思います。我々と一緒に、学術的な基盤に立ちつつ(Science)、患者さんの視点に立ち、寄り添っていける(Art)緩和ケアを学びませんか?


松沼先生 写真

松沼 亮

兵庫県立加古川医療センター 緩和ケア内科医長

経歴

2007年3月
島根大学卒業
2007年4月
千葉西総合病院 初期研修医
2009年4月
亀田総合病院 呼吸器内科 後期研修医
2011年10月
金沢大学附属病院 呼吸器内科 医員
2012年4月
小松市民病院 内科 医員
2016年4月
恵寿総合病院 内科 医長
2017年4月
兵庫県立加古川医療センター 緩和ケア内科 医長(現職)

資格

日本内科学会 認定内科医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医

一言

これまで主に呼吸器内科医として診療してきましたが、より専門的に緩和ケアを学ぶために入局させて頂きました。 臨床だけでなく研究を通して、皆様に少しでもお役に立てるよう研鑽していきたいと思います。 宜しくお願い致します。


伊藤 まどか

兵庫県立加古川医療センター 緩和ケア内科

経歴

2013年3月
徳島大学医学部卒業
2013年4月
社会保険京都病院 研修医
2014年4月
地域医療機能推進機構京都鞍馬口医療センター(経営統合により) 研修医
2015年4月
明石医療センター 後期研修医
2017年10月
兵庫県立加古川医療センター 緩和ケア内科(現職)

資格

医師会認定産業医 申請中

一言

一人一人にとって本当に良い医療のかたちとは何なのか、考えながら働いております。日々勉強と話し合いを積み重ねて、少しずつ成長できるよう頑張ります。


鷹津 英

清水メディカルクリニック

経歴

2013年3月
佐賀大学医学部医学科 卒業
2013年4月
神戸大学医学部附属病院 初期研修医
2015年4月
明石医療センター 総合内科
2017年4月
兵庫県立加古川医療センター 緩和ケア内科 後期研修医
2017年10月
清水メディカルクリニック(現職)

一言

「緩和ケアをサブスペシャルティーとした神戸・明石・家庭医養成プログラム」の1期生です。 充実したプログラムの中で緩和ケア医、総合内科医として幅広く患者様の対応ができるよう日々研鑽を積んでおります。よろしくお願いします。


八木 佑加子

国立がん研究センター東病院 緩和医療科レジデント

経歴

2012年3月
近畿大学医学部 卒業
2012年4月
神戸大学医学部附属病院 初期研修医
2014年4月
明石医療センター 後期研修医
2016年4月
加古川医療センター 緩和ケア内科
2017年4月
清水メディカルクリニック
2017年10月
国立がん研究センター東病院 緩和医療科レジデント(現職)

一言

患者さんが少しでも穏やかに良い時間を過ごせるようお手伝いができればと思います。よろしくお願いします。

PAGE TOP