神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
  森康子教授が第53回小島三郎記念文化賞の受賞者に決定

神戸大学大学院医学研究科臨床ウイルス学分野の森 康子教授が、平成29年度「第53回小島三郎記念文化賞」受賞者に決定しました。

「小島三郎記念文化賞」は昭和40年に設置された小島三郎記念会の記念事業として創設され、病原微生物学、感染症学、公衆衛生学、その他これらに関連した領域において学問的に顕著な業績を挙げ、かつ我が国の文化に貢献した研究者に対して贈呈されるものです。贈呈式は昭和40年より挙行され、平成29年度で第53回を迎えます。

森教授の今回の受賞対象研究は「ヒトヘルペスウイルス6B受容体の発見とウイルス侵入機構の解明」です。
なお、贈呈式は平成29年10月27日(金)に執り行われました。

【受賞理由 (黒住医学研究振興財団webサイトより) 】
受賞のテーマは「ヒトヘルペスウイルス6B受容体の発見とウイルス侵入機構の解明」で、これまで不明であったHHV-6Bの受容体が、活性化したヒトT細胞に発現するCD134であることを世界に先駆けて発見され、その受容体CD134への結合にはgH/gL/gQ1/gQ2糖タンパク質複合体による四量体の形成とその立体構造が重要であることも明らかにされました。また、HHV-6の組換えウイルス作成システムの確立を世界に先駆けて成功されたことで、ウイルス関連遺伝子の機能解明に大いに貢献し、HHV-6研究を飛躍的に発展させ、これらの業績が高く評価され受賞の対象になりました。


森 康子 教授
 
【関連サイト】   公益財団法人黒住医学研究振興財団
     
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.