神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
  的崎尚教授らの研究グループが貪食細胞を活性化する新たながん治療法を発見

神戸大学大学院医学研究科シグナル統合学分野の的崎尚教授らの研究グループは、がん細胞を食べる(貪食)能力を持つマクロファージ上のSIRPαという特殊なタンパク質に対する抗体を用いることで、マクロファージが活性化され、がん細胞を効率よく排除することが出来ることを見つけました。この発見は、がん免疫療法における新たな治療薬の開発に繋がることが期待されます。

この研究成果は、米国医学誌JCI Insightに1月12日付けで掲載されました。


記者会見の模様
クリックで拡大
クリックで拡大 
(※無断での記事の転載は禁じられております。)
クリックで拡大
プレスリリース 
 
【論文タイトル】    Anti-SIRPα antibodies as a potential new tool for cancer immunotherapy
【著者】   Tadahiko Yanagita, Yoji Murata, Daisuke Tanaka, Sei-ichiro Motegi, Eri Arai, Edwin Widyanto Daniwijaya, Daisuke Hazama, Ken Washio, Yasuyuki Saito, Takenori Kotani, Hiroshi Ohnishi, Per-Arne Oldenborg, Noel Verjan Garcia, Masayuki Miyasaka, Osamu Ishikawa, Yae Kanai, Takahide Komori, and Takashi Matozaki
【関連サイト】   本学サイト
    JCI Insight
【報道関連】   神戸新聞(2017年1月13日朝刊25面)
     
     
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.