神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
  谷村講師(産科婦人科)らのグループが抗リン脂質抗体症候群の発症の仕組みを解明しました。

大阪大学免疫学フロンティアセンターの荒瀬尚教授と神戸大学大学院医学研究科の谷村憲司講師らの研究グループが、抗リン脂質抗体症候群の原因となる自己抗体の標的分子と発症の仕組みを解明しました。

抗リン資質抗体症候群とは、抗リン脂質抗体という抗体を持つ人が血管内に血の塊が出来て血流をふさぐ血栓症や流産・死産を繰り返す不育症などを引き起こす自己免疫疾患です。発症の仕組みはこれまで詳しく分かっていませんでした。しかし、同研究グループは、自己抗体が作られるのに重要な働きをする主要組織適合遺伝子複合体(MHC)という分子が、炎症によって細胞の表面に出てくる際、細胞内で作られた正常ではない構造のタンパク質を一緒に細胞外に運び出し、このMHCと異常タンパク質のペア(複合体)を持った血管の細胞を自己抗体が攻撃することで病気が起こることを明らかにしました。

今回、この病気が起こる原因が解明されたことにより、不育症や血栓症・自己免疫疾患向けの薬剤の開発が期待されます。また、この成果は、米科学誌「BLOOD」Web版に掲載されています。

クリックで拡大
クリックで拡大 
 
【論文タイトル】    β2-glycoprotein I / HLA class II complexes are novel autoantigens in antiphospholipid syndrome.
【著者】   Kenji Tanimura1, Hui Jin, Tadahiro Suenaga, Satoko Morikami, Noriko Arase, Kazuki Kishida, Kouyuki Hirayasu, Masako Kohyama, Yasuhiko Ebina, Shinsuke Yasuda, Tetsuya Horita, Kiyoshi Takasugi, Koichiro Ohmura, Ken Yamamoto, Ichiro Katayama, Takehiko Sasazuki, Lewis L. Lanier, Tatsuya Atsumi, Hideto Yamada, and Hisashi Arase
【関連サイト】   BLOOD
【掲載記事】   日刊工業新聞(2015年03月03日)
 
 
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.