神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
  青井特命教授らがiPS細胞誘導技術を応用し人工的に大腸がん幹細胞を作製することに成功

神戸大学大学院医学研究科内科系講座iPS細胞応用医学分野・青井貴之(あおい たかし)特命教授と、京都大学大学院医学研究科消化管外科学講座/同iPS細胞研究所所属の大嶋野歩(おおしま のぶ)研究員らの共同研究グループは、iPS細胞誘導技術をがん研究に応用することで、人工的に大腸がん幹細胞を作製することに成功し、この研究成果は、米科学誌「PLOS ONE」に7月10日(木)に掲載されました。

この研究成果によって、これまで採取が困難であったがん幹細胞と同様の特徴をもつ細胞を豊富に入手することが可能になり、がん幹細胞がもつ性質について、より詳細な研究が可能となり、がん幹細胞を標的とした新しい診断技術・治療薬の開発に役立つことが期待されます。

クリックで拡大
クリックで拡大 


記者会見の模様
クリックで拡大
クリックで拡大 

クリックで拡大
プレスリリース 

 
 
【論文タイトル】    Induction of Cancer Stem Cell Properties in Colon Cancer Cells by Defined Factors
【著者】   Nobu Oshima, Yasuhiro Yamada, Satoshi Nagayama, Kenji Kawada, Suguru Hasegawa, Hiroshi Okabe, Yoshiharu Sakai, Takashi Aoi
【関連サイト】   PLOS ONE
【掲載記事】   神戸新聞(7月10日朝刊1面)
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.