神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
  森教授らの研究グループがヒトヘルペスウイルス6Bの感染時に働く受容体を世界で初めて発見

神戸大学大学院医学研究科臨床ウイルス学分野の森康子教授らの研究グループはヒトヘルペスウイルス6B (human herpesvirus-6B: HHV-6B)、(以下HHV-6Bと略)の感染に必須である宿主(ヒトの)受容体CD134を世界に先駆けて発見することに成功しました。5月14日付で米国科学アカデミー紀要電子版に掲載されました。

HHV-6Bは、ヘルペスウイルス科に属するヒトにのみ感染するウイルスで、生後6か月から1歳ぐらいまでの乳幼児期に初感染します。HHV-6Bが乳幼児に初感染することによって乳幼児は40度近い高熱を伴った突発性発疹症を発症し、ほとんどは治癒しますが、時にはけいれんや脳炎、脳症を発症し、重篤な後遺症を残します。

その後HHV-6Bは、宿主(ヒト)の体内に生涯にわたって潜伏感染し、その後、骨髄移植や臓器移植後の免疫抑制状態の患者において再活性化し、脳炎、脳症を引き起こします。また、薬剤過敏症症候群においてもHHV-6Bは再活性化し、薬剤過敏症症候群の重篤化との関連性が重要視されています。

しかし、HHV-6Bに対する効果的な予防法や治療法は見つかっておらず、その開発は急務となっていました。

この受容体発見の成果は、HHV-6Bが引き起こす病気の解明のみならずHHV-6Bに対する抗ウイルス剤や抗体の開発すなわち予防法や治療法の開発にも大きく貢献するものと考えられます。


記者会見の模様
クリックで拡大
クリックで拡大 

クリックで拡大
クリックで拡大 
 
【論文タイトル】    CD134 is a cellular receptor specific for human herpesvirus-6B entry
【著者】   Huamin Tang, Satoshi Serada, Akiko Kawabata, Megumi Ota, Emi Hayashi, Tetsuji Naka, Koichi Yamanishi, and Yasuko Mori
【掲載記事】   PNAS 電子版(PNAS Early Edition)
    神戸新聞 (5月14日朝刊29面)
    (※無断での記事の転載は禁じられております。)
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.