神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
  吉田優准教授らの研究グループが大腸がんを早期に診断できる「バイオマーカー」を発見しました。

大腸がんはがん死因の上位に位置し、日本においても、近年、男女ともに大腸がんの増加が目立っており、大腸がんの完治を目指すため、その早期発見が求められています。しかし、従来の簡便な大腸がん検査法で陰性であっても、大腸がんの発症を否定することはできず、大腸がんを早期に、かつ、より精確に発見できる血液マーカーは存在しないのが現状でした(図1)。そこで、吉田優准教授らの研究グループは、ガスクロマトグラフィー質量分析(GC/MS)を用いた血清メタボローム解析により、早期診断可能な大腸がんバイオマーカーの探索を実施しました。

血清代謝物データの分析の結果、大腸がん診断に利用できる4種類のマルチバイオマーカー(2-ヒドロキシ酪酸、アスパラギン酸、キヌレニン、シスタミン)を発見し、これら4種類の代謝物データに基づいた感度、特異度の高い大腸がん診断予測式を作成しました(図2)。検証試験の分析結果をこの予測式に当てはめた場合においても、高い数値を維持したことから、信頼性の高い診断予測式の構築に成功したと考えられます。さらに、構築した診断予測式は、ステージ0やステージ1といった早期大腸がん患者においても、高い感度を保つことも確認できました。

現在、臨床で使用されている腫瘍マーカーであるCEAやCA19-9は、特に、早期大腸がん患者に対しての感度が低いことが問題とされています。血清メタボローム解析に基づき構築できた予測式は、有用性の高いものであると考えられ、鋭敏な大腸がんスクリーニング検査法としてのメタボローム解析の可能性を見出すことができ、近い将来の実用化が期待されます。

クリックで拡大
クリックで拡大

クリックで拡大
クリックで拡大
 
【論文タイトル】    A Novel Serum Metabolomics-Based Diagnostic Approach for Colorectal Cancer
【著者】   Shin Nishiumi, Takashi Kobayashi, Atsuki Ikeda, Tomoo Yoshie, Megumi Kibi, Yoshihiro Izumi, Tatsuya Okuno, Nobuhide Hayashi, Seiji Kawano, Tadaomi Takenawa, Takeshi Azuma, Masaru Yoshida
【掲載記事】   PLoS ONE誌
    神戸新聞 (7月13日朝刊3面)
    産経新聞 (7月13日朝刊24面)
    毎日新聞 (7月13日朝刊28面)
    読売新聞 (7月13日朝刊33面)
    日刊工業新聞 (7月13日朝刊21面)
 
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.