神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
  GCOE研究員Deng Lin氏(微生物学)が日本肝臓学会第10回MSD Awardを受賞しました。

グローバルCOE研究員であるDeng Lin(ケ琳)博士研究員(微生物学)が、2011年10月20日〜21日に福岡で開催された第15回日本肝臓学会大会において、社団法人日本肝臓学会第10回MSD Awardを受賞しました。今年6月の第47回日本肝臓学会総会優秀演題賞受賞に続く栄誉です。

Deng Lin研究員はC型肝炎ウイルス(HCV)の病原性発現機構の研究を行っており、HCVによる糖新生亢進の分子機序に関する新知見を見出しました。HCV感染は酸化ストレスの誘導を介してJNKを活性化し、糖新生制御に重要な転写因子FoxO1のリン酸化を抑制することによってその転写活性を亢進させ、糖新生律速酵素遺伝子群の転写を促進して、肝細胞のグルコース産生を亢進させることを明らかにしました。また、このFoxO1機能の脱制御(強制持続的活性化)には、通常の糖新生制御経路であるインスリンレセプター−PI3キナーゼ−Akt/PKBシグナル経路以外の未同定のFoxO1リン酸化・脱リン酸化機序が重要な役割を果たしていること、及びこのHCV感染による糖新生亢進は主にウイルス非構造タンパク質 NS5Aによって担われていることも明らかにしました。


  Deng Lin(ケ琳)博士研究員
Deng Lin(ケ琳)博士研究員

Deng Lin(ケ琳)博士研究員
受賞式
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.