神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
  故岡本彰祐名誉教授が開発したトラネキサム酸が救急医療における外 傷止血に有効
   故岡本彰祐神戸大名誉教授が開発された止血剤トラネキサム酸(tranexamic acid) が救急医療時の外傷止血に有効とする論文が英国医学雑誌 Lancet に掲載されました(掲載論文をみる)。論文の著者の1人であるRoberts教授(ロンドン大学熱帯衛生医学大学院)は、昨年末に来日し、故岡本博士の妻で共同研究者の岡本歌子さんに研究成果を報告されました。

   故岡本彰祐名誉教授は、大正6年1月生まれ。昭和16年に慶應義塾大学医学部卒業後、同大学助手・講師・助教授を経て、昭和34年に神戸医科大学教授(生理学第一講座)に就任されました。昭和50年11月 より神戸大学医学部長(2期4年)を経て、昭和55年に定年退官。神戸大学名誉教授。平成16年11月に呼吸不全のためご逝去なされました。専門は血液凝固学。


【関連サイト】   岡本彰祐先生のご略歴(HIT情報センター)
     
【掲載記事】   神戸新聞(2011年1月14日 朝刊12面)
(※無断での記事の転載は禁じられております。)
クリックすると拡大
クリックすると拡大
 
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.