神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
  戸田達史教授らがパーキンソン病の発症に関わる遺伝子の一つを解明し、新聞報道されました。
   手足の震えなどを引き起こす難病(特定疾患)の一つ、パーキンソン病の発症にかかわる新たな遺伝子の変異について、戸田達史教授(神戸大・医学研究科・神経内科学分野)と辻省次教授(東大・医学系研究科)の共同研究チームが発見しました。パーキンソン病は国内にはおよそ15万人の患者さんがいると推定されています。その9割は「孤発性」(患者さんの家族・親族に同じ病気の患者さんがいない)であり、どの遺伝子の変異がパーキンソン病の発症につながるのかなどは、これまであまり解明されていませんでした。
  戸田達史教授
戸田達史教授
   研究チームは、別の難病であるゴーシェ病の原因遺伝子で、古くなった細胞の処理にかかわる酵素「グルコセレブロシダーゼ(GBA)」の遺伝子に着目して研究を進めました。これまでGBA遺伝子の2本のうち1本に変異があると、パーキンソン病が発症しやすいと指摘されていました。そこで日本人の孤発性パーキンソン病患者534人、病気でない人544人のGBAの遺伝子解析を行いました。
   その結果、GBA遺伝子の配列が通常と異なると発症率が28倍高いことがわかりました。具体的には、GBA遺伝子に変異があった人は患者で50人(9・4%)でしたが、非患者では2人(0・4%)で、パーキンソン病のかかりやすさは変異のある人の方が28倍高いということになります。また、患者でGBAに変異がある人は、ない人に比べ発症が約6年早いということもわかりました。

   この研究の成果は、米国医師会の医学専門誌に発表されました。
   また、この成果発表は2009年5月12日に、毎日新聞・日本経済新聞・読売新聞などで報道されました。

戸田教授からのコメント:
「本研究の成果はGBA遺伝子の変異がパーキンソン病の重要な遺伝的危険因子であることを確立するとともに、原因不明の神経難病であるパーキンソン病の発症メカニズム解明の大きな一歩となり、新たな視点からの治療薬の開発の進展に期待が高まります。」
 
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.