神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
 分子病理学分野 北澤荘平特命教授他4名が日本組織細胞化学会論文賞を受賞しました。
  2009年9月26日、医学研究科分子病理学分野のAgus Darwanto、北澤理子、森清、近藤武史、北澤荘平(敬称略)の5名による共著論文が日本組織細胞化学会論文賞を受賞しました(受賞者一覧をみる)。この論文で、北澤教授とその共同研究者は、メチル化シトシンの付加とメチル化シトシン結合タンパク質の発現が協調的に細胞周期関連遺伝子の発現調節をしていることを組織化学的手法と生化学的手法を用いて証明しました(論文をみる)。

  筆頭著者のAgus Darwantoさんは、インドネシア共和国出身の留学生で、神戸大学大学院医学研究科博士課程を終了後、現在米国ラマリンダ大学にて研究インストラクターとして活躍しています。Agus Darwantoさんは、論文賞受賞に際して「寒さやラマダン中も頑張りました。私は、日本国と日本人が大変好きです。神戸での5年間はとてもいい思い出でばかりです。この間の仕事で賞がもらえたことは大変うれしいことで、神戸大学の関係者に心より感謝いたします(北澤荘平訳)。」とコメントされています。

【写真の説明】 エモリー大学Roberto Pacific教授を囲んで。
前列右より北澤荘平、藤本昌代、森C、北澤理子。後列右よりRoberto Pacific、近藤武史、Agus Darwanto、岸本健太。

 
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.