神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
 肥満から糖尿病が発症する仕組みを神戸大・大阪大などの共同研究チームが特定しました。
   神戸大学保健学研究科木戸良明准教授(神戸大学医学研究科糖尿病・代謝・内分泌内科学分野総合臨床教育・育成学兼務教授)、春日雅人名誉教授(前神戸大学・医学研究科糖尿病・代謝・内分泌内科学分野教授、現国立国際医療センター研究所長)、審良静男教授(大阪大・微生物研究所)などの共同研究チームが、肥満や高脂血症から糖尿病が発症するときに、膵β細胞において「C/EBPβ」というタンパク質の異常な働きが関わっていることを明らかにしました。

   この研究の成果は、米国の医学専門誌(JCI)に発表されました。
また、この成果発表は2010年2月25日に、読売新聞で報道されました。
木戸准教授
木戸良明 准教授
 
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.