神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
  薬剤部の活動が雑誌「大人組」に紹介されました。
   雑誌「大人組」の2009年9月号、連載コーナー「立原啓裕が聞く! 医診伝心」の第5回 「進化する抗がん剤」 (90−91ページ)で、神戸大学医学部附属病薬剤部の活動が紹介されました。

   以下、薬剤部平井みどり教授からの薬剤部の活動に関するコメントを掲載します。
   病気に対する治療法は数多くありますが、現代医療は薬なくして成り立たないのが実状です。
   神戸大学医学部附属病院は、ベッド数920の巨大病院で、入院中の患者さんに加え、日々1800人近い外来患者さんを受け入れています。この患者さん達の治療に欠かせない「薬」にまつわる諸々の仕事を、一手に引き受けるのが薬剤師です。
薬剤師の仕事は、病院の各部署と密接に繋がっており、特に抗がん剤を使う「がん化学療法」では薬剤調整や安全性の確保、患者さんへのくすりの説明などに、薬剤師が大きく貢献しています。くすりを安全で効果的に使うための細々した仕事は、体力とともに神経がすり減るようなものもあります。患者の皆様に対して最新の医療を安全かつ有効に提供できるよう、薬剤部のメンバーが日々頑張っていることをご理解下さい。
 

(クリックで拡大 
(謝辞:記事の転載を許可下さいました(株)プラネットアース様に感謝いたします。)
 
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.