神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
 
  麻疹緊急事態への対応について
 
2008年8月8日
医学部医学科1年、2年、3年学生
大学院医学研究科学生
研究生・大学院特別研究学生
医学研究員 各位
麻疹緊急事態への対応について
研究科長・学部長     高井 義美
病院長   杉村 和朗
感染制御部長   荒川 創一
 
   7月に本学で研究に従事していた大学院生2例で麻疹発症を見ました。
   医学研究科・医学部・病院としまして、麻疹緊急事態と考えます。
   病院で患者様に麻疹が伝播することを絶対に防ぐ必要があります。
   また、成人麻疹は、健常者が罹患しても麻疹脳炎など重篤化することがあります。10歳代、20歳代では、血中麻疹抗体(麻疹に対する免疫)を有さない人が相当数あり、本年も4月〜7月に、全国の高等学校、大学などで、流行があり休校措置がとられています。
   医学研究科・医学部・病院にあっては特に、学生を含め全構成員が、麻疹抗体を獲得しておくことが必須です。
   以下@Aのどちらにも当てはまらないかたは、麻疹ワクチン接種対象者ですので、麻疹ワクチンを別紙の期日(9月中)に忘れずに受けてください。

    血中麻疹抗体価測定を受けており、十分に高い抗体価を有する方。
(具体的な数値を伝票等のコピーで提出できる)
  A 過去に麻疹ワクチン接種を2回受けていることの証明ができる方。
(母子手帳等の表紙と当該欄のコピーを提出できる)
 
   なお、医学部医学科1年生および大学院医学研究科1年生については、入学時に麻疹抗体価を測定しており、低抗体価のためワクチン接種の対象となる方にはすでに連絡しています。

◎本年9月末日の時点で、血中抗体価が十分に高い(学外で測定の場合は要証明書)か、2007年以降に麻疹ワクチンを少なくとも1回接種した証明書があるか、過去に2回麻疹ワクチンを接種した証明書(母子手帳の当該欄コピーなど)があるか、のいずれかを満たしていないと、10月6日(月)からの2学期の受講ができないこともありますので、そのかたは事前に下記にご連絡ください。

麻疹緊急事態における抗体価測定及びワクチン接種の実施計画について

*本件に関する問い合わせ先:学務課(内線5191または5193)
 
 
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.