神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
 文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム」に採択されました。
  
   平成19年度文部科学省の「特色ある大学教育支援プログラム」に本学医学部が申請していました「協働の知を創造する体系的IPW教育の展開」が採択されました。
 
   今回申請したプログラムは、神戸大学医学部において、現代の医療問題に対応できるチーム医療を念頭におき、保健学科と医学科の学生を対象とする新たな「多職種」「医療人」「協働」、いわゆる「IPW」のカリキュラムを開発し、IPW教育の展開を目指すものです。

   患者の方を中心にした医療を推進するには、多職種の医療専門職の協働が不可欠であり、その人材養成が喫緊の課題となっています。
   神戸大学医学部では、従来より、多職種医療人協働(IPW:Interprofessional Work)の観点で、保健学科(看護学・検査技術科学・理学療法学・作業療法学専攻)、さらには医学科の学生に教育を行ってきました。
   
 
   しかし、現代の様々な医療問題に対処するには、特に協働の知を持った患者中心型医療を実践できる優れた医療専門職が求められていることから、本取組では、両学科学生を対象として、チーム医療に重点を置いた新たなIPWのカリキュラム開発を行うものです。
   本取組は、1年次から4年次又は6年次までを体系的に、かつ、正課の講義、演習、実習と正課外の活動を有機的に組み合わせ、
1) 附属病院や学外の医療施設の活用
  2) 患者主体型講義の実施
  3) 卒業生を含む医療職者及び海外のIPW実践研究者を招聘し,IPWについて討論するIPWデイの実施
  4) 学生を海外や地域に派遣し,国際社会及び地域での協働を考える IPWウイークの実施
などを特色としています。

   このように、保健学科の学生と医学科の学生が正課の科目と正課外の活動を通して、体系的・有機的に学習するなど教育効果を高めるよう工夫しており、他大学の参考となることが期待されます。
 
 
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.