神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
 インドネシアのアイルランガ大学と大学間学術交流協定・共同研究覚書を締結し、
新興・再興感染症の海外研究拠点形成プロジェクトがスタートしました。
  
   神戸大学は4月23日、インドネシアのアイルランガ大学と大学間学術交流協定及び共同研究覚書を締結しました。

   アイルランガ大学から学長のFasich教授、学術担当理事・評議員のSam Soeharto教授、 第一副学長のMuhammad Zainuddin教授、医学部長のMuhammad Amin教授、 熱帯病センター長のYoes Prijatna Dachlan教授らを迎え、神戸大学学長室において調印式を行いました。
   調印式には、神戸大学からは野上智行学長、太田博史理事・副学長(国際交流担当)、千原和夫医学系研究科長、堀田博医学部附属医学医療国際交流センター長が出席しました。
     
         学長室での調印式の後、医学系研究科・医学部に移動し、アイルランガ大学長他と千原和夫研究科長、 堀田博センター長、川端眞人教授、林祥剛教授、白川利朗准教授とで、今後の共同研究・学術交流について打合せを行いました。
 
   医学系研究科・医学部では、文部科学省の「新興・再興感染症海外拠点形成プログラム」において、「インドネシアにおける新興・再興感染症の国際共同研究拠点形成」プロジェクトが採択されています。本年度は、アイルランガ大学熱帯病センターに海外研究拠点を形成し、H5N1高病原性鳥インフルエンザウイルスや肝炎ウイルス(B型、C型及びE型など)、その他の新興・再興感染症の研究を実施します。

   今回の大学間学術交流協定締結及び研究拠点形成プロジェクトを通して、神戸大学から多くの研究成果を発信し、我が国を含むアジア地域さらには世界の感染症対策に貢献することが期待できます。

(学務課国際交流支援係)
 
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.