神戸大学 医学研究科・医学部
楠キャンパス紹介
大学院医学研究科
バイオメディカルサイエンス専攻
医学部
国際交流
入学案内
お知らせ・募集
  公開講座
  オープンキャンパス
  教員公募・採用情報
附属施設・関連組織
学内情報
TOP
  TOPお知らせ・募集
お知らせ
 ジャワ島中部地震への災害支援としてガジャマダ大学医学部に義援金目録を贈呈しました。  
   神戸大学医学部・附属病院は、5月27日に発生したインドネシア・ジャワ島中部地震への災害支援のために教職員から義援金を募り、8月1日、ガジャマダ大学(ジョクジャカル タ特別州)に義援金目録を贈呈しました。
   義援金目録は、第三次として派遣した大学院医学系研究科精神神経科分野前田潔教授に付託し、神戸女子大学(河上誓作学長)から付託された義援金目録も併せて前田教授からガジャマダ大学医学部Suhardjo 副学部長に手渡しました。
     
 
         前田教授は、地震発生後、間もない時期からガジャマダ大学医学部精神科から被災者の心のケアに対する支援要請を受けていました。7月31日夜に現地入り、8月1日義援金目録を贈呈した後、同大学にて講義を行い阪神淡路大震災の体験やノウハウを伝えました。フィールドでは、被害の大きかったBantul地区の病院や避難所を視察し、現地スタッフ等と意見交換し、8月3日に帰国しました。

 
   前田教授は、ガジャマダ大学医学部Suhardjo副学部長に、医学部ならびに附属病院職員からの救援金6700ドル、精神神経科学分野からの2000ドル、神戸女子大学からの30万円の義援金目録を贈呈し、Suhardjo副学部長から“大変ありがたい、被災者のために使い道を検討したい。神戸大学医学部職員の方々の暖かい気持ちに感謝します。”と謝辞を頂きました。帰国後、感謝状ならびに記念品をいただいたことを報告し、「現地はもともと経済的に豊かな地域ではないため、まだまだ復興は十分ではありません。今後もガジャマダ大学との連絡を密にし、少しでも役に立つ医療支援ができればと考えます。」と述べました。

   神戸大学大学院医学系研究科・医学部とガジャマダ大学医学部は、教員及び研究者の交流、学生の交流、共同研究の実施、講演・シンポジウムの実施などを目的として、2002年3月5日に学術交流協定を締結しています。これまで、多分野にわたって多くの研究者や学生の交流が行われおり、強い協力関係が築かれています。今回の復興に対し、ガジャマダ大学は、インドネシア政府からリハビリテーションと建築物・インフラなどの再建を任されています。神戸大学医学部は、今後もガジャマダ大学医学部と連携を図り、心のケアやリハビリ医療、人材育成を中心に継続した支援に取り組んでまいります。
 
PageTop  
 
アクセスマップ  お問い合わせ  
Copyright (C) 2005 Kobe University Graduate School of Medicine / School of Medicine. All Rights Reserved.