神戸大学 神戸大学大学院医学研究科 糖尿病・代謝・内分泌学分野
診療案内

糖尿病・内分泌内科が主に対象とする疾患

糖尿病は非常に一般的な疾患であるにもかかわらず、その成因や病態に関しては未だ不明な部分を多く残しています。

また、糖尿病は眼や腎臓や神経に特有の合併症を生じるのみならず、脳硬塞や心筋梗塞といった動脈硬化症をも促進させると考えられています。

当科では糖尿病を中心とした代謝性疾患のほか、先端巨大症、クッシング病、尿崩症、下垂体機能低下症等の間脳下垂体疾患、バセドウ病、橋本病等の甲状腺疾患、副甲状腺機能亢進症等のカルシウム代謝異常症、褐色細胞腫、アルドステロン症、クッシング症候群等の副腎疾患やこれらの異常から生じる内分泌性高血圧症や二次性糖尿病、また、骨粗鬆症をはじめとする骨代謝異常症等の代謝疾患に対して専門的な診療を行うと同時に、より良い医療を目指して基礎研究から臨床研究まで精力的に取り組んでおります。

どのような時に糖尿病・内分泌疾患を疑うか

糖尿病を疑わせる症状

のどの渇き、尿量が多い、疲れ易い、目が見えにくい、黒いものがチラチラ見える、やせ、肥満、手足のしびれ、むくみなどのいずれかひとつまたは複数の症状。

しかし、これらの症状を欠く糖尿病患者さんが実は非常に多いことも重要です.

内分泌疾患を疑わせる症状

やせ、肥満、食欲不振、発熱、意識障害、下顎がでてきたり、口唇が厚くなってきたり、手足が大きくなる、背が高すぎる、血圧が高い、授乳中でないのに乳汁がでる、生理が不規則になったり止まる、顔が丸く赤くなる、手足は細いのに身体の中心が太くなる、妊娠中でもないのに妊娠線のような赤紫色の太い線がおなかの皮膚にでてくる、のどが渇く、尿量が多い、寒がり、便秘が続く、不活発になる、髮や皮膚が乾燥し易い、疲れ易い、足がむくむ、暑がり、首の前が腫れる、目がでてくる、胸がドキドキする、汗をかきやすい、手がふるえる、下痢が続く、冷汗がでる、よく食べるのにやせる、背が低い、二次性徴がでてこない、血圧が低い、体毛が薄くなる、歯肉や手のひらなどを中心に色黒になる、性欲が低下する、脱力発作が起こる、体毛が濃くなる、などのいずれかひとつまたは複数の症状

カルシウム骨代謝疾患を疑わせる症状

血液検査を受けてカルシウムが高い(または低い)といわれた、腰の痛みがあり身長が急に短くなった、ちょっとしたことで骨を折りやすい、腎結石が繰り返してできやすい、など。

他に無症状でも骨粗鬆症が心配で骨密度測定を希望される方もご来院ください。

このページの先頭へ

神戸大学糖尿病・内分泌内科の特徴

当科では糖尿病、内分泌代謝に関連した疾患をお持ちの患者さんを広く受け入れています。

糖尿病患者さんの病態はさまざまであり、その病態に応じた治療を行うことが重要です。
病態の把握にはインスリン分泌能・インスリン感受性の評価が必要で、当科においてはグルコースクランプ法(高血糖クランプ・正常血糖高インスリンクランプ)や放射線部の協力の下に実施しているMRSによる体内脂肪分布分析などにより、詳細な解析を実施しています。

また連続血糖モニタリング装置(CGM)の導入により、従来の血糖自己測定だけでは見逃されがちであった血糖変動をとらえることも可能になりました。
また1型糖尿病患者さんに対する持続皮下インスリン注入療法(CSII)の導入も積極的に行っています。また、糖尿病の治療においては食事療法や運動療法など患者さん自らの療養が大きな役割を担っています。

良好な血糖コントロールを長期に維持していくためには心理的負担の軽減も重要な要因です。
当科では入院の患者さんに対し、個々の糖尿病患者さんの病態を詳細に検討して治療方針を決定し、医師・看護師・栄養士・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士・臨床心理士などによるチーム医療を実践することにより糖尿病患者さんをトータルにサポートしています。

内分泌疾患はまれという印象があるかもしれませんが、むしろ見過ごされていることが多いと考えられています。
例えば原発性アルドステロン症はいわゆる高血圧の約10%を占めることが明らかになり、初診の高血圧患者さんを見れば必ず除外診断が必要です。
また高血圧だけではなく、糖尿病の基礎疾患として内分泌疾患が存在することもまれではありません。

私たちはこのような高血圧、甲状腺疾患や骨粗鬆症など非常に頻度の高い疾患から、比較的まれな間脳下垂体疾患、性腺疾患などまで幅広く対応しています。

最近では画像診断の発展に伴っていわゆる副腎偶発腫から早期に機能性副腎腫瘍が診断されるようになりました。私たちはこのような内分泌疾患の専門的な診断、治療を進めています。

内分泌疾患の診断は症状だけからは難しい場合も多いので、もし内分泌異常を心配されている患者さんには、まず近医を受診され血液検査などを受けられた上で紹介状を持って受診されることをお勧めいたします。

このページの先頭へ

病診連携の重要性

医療資源の有効な活用、大学病院の社会的使命などを考え、当科においては病診連携をすすめております。

当科で診察を希望される方はかかりつけの医師にご相談の上、紹介状を持参されることをお勧めいたします。(ただし紹介状の入手が不可能な場合は、直接外来に来ていただいても結構です。)

神戸大学付属病院への交通機関は案内地図をご参照下さい。

診断の難しい患者さんや治療方針の決まらない患者さんに関して、当科において十分な検討をさせていただきます。また、動機づけが重要な早期の糖尿病患者様の教育入院にも対応しております。

一方で糖尿病・内分泌疾患は生涯にわたり治療や管理の必要な場合が多いため、退院の際にはもとのかかりつけ医の先生に逆紹介させていただくか、かかりつけ医をお持ちでない方には新たに紹介させていただき、当科も協力して診療にあたらせていただくようにしております。
ご理解のほどお願い申し上げます。

このページの先頭へ

外来担当表

診療日・担当一覧  2016年 4月現在
小川井口坂口岡田廣田
野村医員医員木戸髙橋
高橋岡田医員井口細岡
福岡西澤福岡  
 坂上/前田
【麻酔科外来】
   
来院される場合は各診療科に診察日等をご確認ください。
このページの先頭へ