神戸大学 神戸大学大学院医学研究科 糖尿病・代謝・内分泌学分野
臨床研修について

臨床研修と専門医制度

初期研修医の先生へ

卒後の新臨床研修制度が始まり、進路について悩んでいる方も多いと思います。モラトリアム期間が伸びた分だけ悩みも深いかもしれません。
内科医になりたいけれど、卒後三年目あるいはそれ以降の進路について悩んでおられる先生にとって少しでも参考になればと思い本文を書きます。
▶Read it All...

卒後研修について

卒後臨床研修およびその後の進路について

専門医そして学位取得を目指す場合には卒後3年から5年目に大学院に入学あるいは医員として帰局し、さらに大学で研修します。大学院生として、あるいは医員として、大学病院での臨床に触れながら、研究生活を送ってもいいですし、一旦臨床を離れて基礎研究に没頭するのもよいと思います。研究者として大学病院で研究活動を行うことは、単に学位を取得するためだけでなく、より完成された臨床医になるためにも不可欠なステップです。

大学では1年目には主に糖尿病内分泌内科病棟を中心に専門的な疾患についての研修を行います。この研修は日本内分泌学会専門医および日本糖尿病学会専門医資格を得るためにも重要な内容となります。同時に医科学研究の最先端に触れることにより、すぐれた洞察力や論理性を身に付ける訓練を行います。2年目以降は研究を中心にさらに研修を発展させることができます。大学院では研究の実践的な技術を学ぶだけではなく、科学的なものの考え方、論理的思考、海外文献を検索し実践する力の養成、問題解決能力、さらには自ら本質を見極め問題を明らかにする能力の養成を目指します。また内科認定医取得後これらの研修を経て、日本内分泌学会専門医および日本糖尿病学会専門医の受験資格を得ることができます。

これらの専門医の資格は内科医として発展するためにも重要なものです。学位を取得した後は、医長となってそれぞれの関連病院でGeneral physicianとしてまた専門医として中核的な役割を果たす臨床医となる、Physician Scientist となり大学教員として後進の指導にあたる、さらに研究を発展、視野を広げるための留学などのコースがあります。私たちは皆さんが自分に合った道を見いだし、更に自分を発展させることができるよう出来る限りの応援をいたします。

糖尿病・代謝・内分泌内科への参加(入局)の時期

医師免許取得後いつの時期でもその意思表明を受付いたします。所属後は様々な有益な情報の提供、進路相談、個々人の抱える問題の解決など万のことをお手伝いいたします。本講座では、本人の意思を尊重し互助会的性格を伝承しています。皆様のご参加、ご相談を歓迎いたします。

卒後臨床研修後の進路

卒後臨床研修終了後の専門教育として、まずgeneralに内科を診ることの出来る医師を目指すと同時に専門医資格の取得を目指します。2年間の研修期間を修了しても、通常内科医として十分な技量を身に付けたとは言えないので、関連病院においてさらに1-2年間内科医としての臨床研修を続けます。この場合、広く内科を知るために、初めの研修病院とは異なる病院へ移動することをお勧めします。またこの研修中に一般内科医として必要なあらゆる疾患を経験できるようにプログラムを配慮しています。そして内科医として学んでおいた方が良い腹部エコー、胃カメラといった基本的な手技をマスターすることができます。また希望に応じて、大腸ファイバー、ERCPといったさらに高度な技術を研修するプログラムもあります。

その後の専門教育

専門医そして学位取得を目指す場合には通常卒後3年以降に大学院入学、あるいは医員として大学で研修することを勧めます。研究に興味のある人は卒後3年目から研究に携わることも可能です。大学での専門教育は、1年目には、主に病棟を中心に専門的な疾患を研修します。この研修は日本内分泌学会専門医および日本糖尿病学会専門医資格を得るためにも重要です。大学院では研究の実践的な技術を学ぶだけではなく、科学的なものの考え方、論理的思考、海外文献検索法、問題の自己解決能力の養成を目指します。内分泌領域では臨床に直結した研究でブレークスルーを目指すことも可能です。学位を取得した後は、大学教員として後進の指導にあたる、留学して研究を発展させる、あるいは医長となってそれぞれの関連病院で中核的な役割を果たす臨床医となります。

このページの先頭へ
日本糖尿病学会専門医・内分泌代謝専門医を取得するために

ここでは後期研修を行う際に専門医を取得するためにどのように皆さんをお手伝いできるかをお知らせしたいと思います。重要なことは遅くとも後期研修開始時に内科学会に入会し、まず卒後3年目以降できるだけはやく認定内科医を取得しておくことです。
▶Read it All...


このページの先頭へ