神戸大学 神戸大学大学院医学研究科 糖尿病・代謝・内分泌学分野
メッセージ

糖尿病・内分泌内科を目指す医師、医学生の方々へのメッセージです。

当科を目指す方へのメッセージ

高橋先生 准教授  高橋裕

皆さん、こんにちは。糖尿病内分泌内科のホームページへようこそ。私は当科講師の高橋と申します。ここでは、糖尿病内分泌内科を志す若い先生へのメッセージをお伝えしたいと思います。

糖尿病、高血圧、脂質異常症、骨粗鬆症などの患者様の数は高齢化に伴い2,000万人を超え、糖尿病内分泌代謝領域の疾病に造詣が深い専門医のニーズは高まる一方です。私たちはこれらの状況に応えるために質の高い診療を目指して日々研鑽を積んでいます。内分泌領域では、甲状腺疾患や原発性アルドステロン症はコモンディジーズでありながら見落とされていることも多く、下垂体、副腎、性腺疾患といった専門性の高い領域についても潜在的にたくさんの患者様が存在します。私たちはコモンディーズのたくさんの患者様を診ると同時に専門性の高い疾患をきちんと診ることができることを目指しています。

私たちの分野は横断的にさまざまな患者様を診ます。おそらく皆さんがどの科をローテートしているときにも血糖のコントロールで困ったり、甲状腺機能異常やステロイド投与にともなう骨粗鬆症にどうしたらよいかなど悩んだことがあるのではないかと思います。またインスリンや成長ホルモンをはじめとするホルモンは、分泌臓器はひとつでも作用するのは全身ですから、全身をきちんと診ることが必要であり、臓器にこだわるよりも全身をシステムとして理解するという点で最も内科らしい科のひとつです。

内科に興味があり全身を診たい、一般内科医を目指しているが何かスペシャリティを持ちたい、病態やメカニズムを理解しながら治療をしたいという先生は是非来てください。

また疾患の性質上、じっくり考えながら治療に取り組みたいという先生、結婚、妊娠、出産、子育てと仕事を両立させたいという女医さんも歓迎です。実際私たちの病棟ではたくさんの女医さんが活躍しています。

私たちの講座では、内科認定医、専門医(総合内科専門医)、糖尿病専門医、内分泌代謝専門医の取得が可能です。これらの専門医は将来どのようなキャリアパスにおいても生かすことができます。さらに消化器や内視鏡の専門医など希望があればとれるような研修をアレンジすることも可能です。いずれにせよまず皆さんには一人前の内科医になっていただき、その上で糖尿病および内分泌の専門性を身につけていただき、どこに出ても通用する内科医に成長するための研修を全力で応援いたします。

私たちの研究は、旧糖尿病内科の春日雅人先生、旧内分泌内科の千原和夫先生の流れが合流し、現在は新たに来られた清野進教授のもとで、糖尿病、内分泌に関連した臨床研究、基礎研究に精力的に取り組んでいます。

春日先生はインスリン作用の、千原先生は成長ホルモンをはじめとする神経内分泌学の、そして清野先生は膵β細胞研究の世界的権威であり、その伝統を生かして一流の研究を行いながら世界に通用するphysician scientist育成を目指しています。私たちの分野は臨床と研究の距離が大変近く、bed to bench, bench to bedをモットーに大学院生は日々研究に頑張っています。

学位取得後、海外留学を行うことによってさらに見識を深めていただくことも推奨しています。昨今の医療事情から、医学研究や学位の意義が理解しにくいかもしれません。しかし、臨床だけで研修を進めるだけではなく、一時期に医学研究にコミットすることは、科学的知識、技術を身につけるだけではなく、サイエンスの概念の会得、日常診療で何気なく使っている検査や治療がどのように発見開発されたかを理解することによって、さらに深く日常診療に生かしていけると考えています。リサーチマインドを持った先生の参加をお待ちしています。

私たちの講座では連携病院を含めて多様な先生が活躍されています。その中にきっとあなたが目指すべき方向性が見つかると思います。医局に属することの損得という小さな観点ではなくより大局的に考えたときに、成長すべき重要な時期に尊敬し目指すことのできる師にめぐり会えるかどうかはあなたの将来を決めるでしょう。私も医局長として全力で皆さんをサポートします。志とやる気のある皆さんを心よりお待ちしています。

このページの先頭へ
病棟医員からのメッセージ

糖尿病や内分泌疾患に興味をおもちの方、じっくり患者さんと向き合いたい方、内科を目指したいけどQOLもしっかり保ちたい方、大募集!!
▶Read it All...

病棟後期研修医からのメッセージ

内分泌疾患や糖尿病を専門とした内科医になりたいという方にはたいへん勉強になる病棟です。
教科書的な疾患から、市中病院では経験できないまれな疾患まで内分泌疾患患者さんを担当できます。
▶Read it All...

先輩医師からのメッセージ ▶Read it All...