神戸大学 神戸大学大学院医学研究科 糖尿病・代謝・内分泌学分野
私たちの仲間に 女性医師支援 メッセージ 留学体験記
教授のあいさつ
小川教授
糖尿病・内分泌内科学部門 教授   小川 渉  Wataru Ogawa




神戸大学糖尿病・内分泌内科は2007年4月、内科学講座の再編に伴い、糖尿病内科と内分泌内科が発展的に融合し、新たに発足した内科です。

糖尿病内科は、旧第2内科の流れを汲み、第2内科の初代竹田正次教授より、辻昇三教授、馬場茂明教授、春日雅人教授(現国立国際医療研究センター総長)へと受継がれ、発展してきました。また、内分泌内科は、旧第3内科の流れを汲み、初代井村裕夫教授(元京都大学総長、現先端医療財団理事長)に始まり、藤田拓男教授、千原和夫教授(現兵庫県立加古川医療センター名誉院長)によって主宰され、業績を積み重ねてきました。両内科ともに、約半世紀に亘ってわが国を代表する糖尿病学、内分泌学の診療、研究、教育の拠点として発展を続け、優れた業績を残すとともに、多くの人材を育んできました。

このような日本を代表する糖尿病内科と内分泌内科が、2007年4月に春日雅人教授の基で融合し、神戸大学糖尿病・内分泌内科が発足しました。2008年4月からは2代目の教授として清野進教授が着任され、2014年5月より糖尿病・内分泌内科第3代教授として私、小川渉が担当することになりました。

神戸大学糖尿病・内分泌内科は、旧第2内科、旧第3内科の伝統にのっとり、関連病院や関連診療科との密接な連携のもと、内科医としての幅広い診療能力を基礎に持ち、その上で高度で専門的な診療を行える医師を育ててきました。また、糖尿病についても内分泌疾患についても、大学病院ならではの先進的な医療を追及・実践するとともに、地域のニーズに合致したより幅広く良質な医療の提供にも力を注いできました。また、研究については、世界を視野に入れた活発な研究活動を展開し、数多くの革新的な研究成果を残してきました。

今後も当科は、このような伝統にのっとり、幅広い人材育成、良質な診療の提供、優れた研究成果の発信に力を注いでいきます。

神戸大学糖尿病・内分泌内科は、高度な知識・技量を持つ専門医、幅広い臨床能力を持つ内科医、世界トップレベルの研究者など、様々なキャリアパスを心に抱く若い医師の未来を積極的にサポートします。多くの若い皆さんが私たちの仲間になって頂き、皆さんとともに神戸大学糖尿病・内分泌内科がますます発展してゆくことを心から望んでいます。


このページの先頭へ