神戸大学 神戸大学大学院医学研究科 糖尿病・代謝・内分泌学分野
研究グループ紹介
糖尿病臨床研究グループ

私たちのグループでは,2型糖尿病におけるインスリン分泌障害・インスリン抵抗性などのメカニズムを解明するとともに、個々の患者様の病態を把握し、病態に応じた治療が可能となることを目指しています.すなわち糖尿病臨床に直結した問題を研究するとともに、新しく得られた知見を臨床の場へ還元することが私たちの目標です.

■ 現在進行中の研究プロジェクト

・インスリン抵抗性の解明 
グルコースクランプ法(正常血糖高インスリンクランプ法)は,インスリン抵抗性を測定するゴールデンスタンダードといえる検査法であり,当科ではこれまで多くの患者さんのご理解をえてこれを実施し,データを蓄積してきました.また,放射線部の協力の下で実施しているMagnetic Resonance Spectroscopyを用いることで,生体内の異所性脂肪蓄積(骨格筋細胞内や肝臓細胞内などの脂肪組織以外の部位への脂肪蓄積量)を検討する方法も確立しています.さらに,近年,インスリン抵抗性とミトコンドリア機能の異常が報告されていますが,当科では骨格筋内のリン酸化クレアチニンの運動後回復を測定することでこれを非侵襲的に測定する方法も確立し,検討を進めています.
・インスリン分泌障害の解明
これまでにもブドウ糖負荷試験のみならず,グルカゴン負荷試験・アルギニン負荷試験などで,インスリン分泌能を評価しデータを蓄積してきましたが,これに加え,高血糖クランプ法によるインスリン分泌能の評価を開始しています.
・臨床薬剤や臨床器材を用いた介入研究
上述のインスリン抵抗性・分泌能を詳細に評価できるシステムを用いて,今後臨床で使用されるDPP-IV阻害剤・GLP-1製剤などにつき,介入研究を行います.
また,糖尿病患者のモチベーションや心理面の問題にも注目し,血糖自己測定器を用いた介入試験も行います.
・日本人における2型糖尿病感受性遺伝子の同定とその解析
インスリン抵抗性・インスリン分泌などに関わる候補遺伝子の疾患感受性および病態との関連を解析しています。

<メンバー>

教 員坂口一彦
廣田勇士
岡田裕子
医学研究員駒田久子
中村友昭
大学院宗杏奈
末松那都
松岡敦子
浜口哲矢
竹内健人
中川靖
三浦洋
山田倫子
研究補助員小室可能子
勝村智子
髙田綾子

<問い合わせ>

詳細の問い合わせは次のメールアドレスまで。
坂口 一彦

<多施設共同研究へのリンク>

このページの先頭へ