index
HOMEにもどる 教室の紹介
スタッフの紹介
前期・後期研修 研究活動 研究会のご案内 関連病院 関連学会
患者の皆様へ医師・医学生の皆様へ
スタッフの紹介・循環器内科スタッフの紹介
平田健一:教授、診療科長

Dr.Hirata <専門分野>
虚血性心疾患、動脈硬化疾患、生活習慣病

<プロフィール>
1984年
神戸大学医学部卒業
1996年~
バンダービルト大学、スタンフォード大学に留学
2007年7月~
神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野教授

日本内科学会専門医・指導医、日本循環器学会専門医・理事、日本動脈硬化学会専門医・理事、神戸大学医学部附属病院・副病院長、医学博士


このページの先頭へ
石田 達郎:特命教授、地域社会医学・健康科学講座 地域医療ネットワーク学分野兼任

Dr.Ishida <専門分野>
循環器内科全般、脂質代謝、生活習慣病、動脈硬化

<プロフィール>
1990年
神戸大学医学部卒業
1999~2002年
米国スタンフォード大学医学部循環器内科
2005年
神戸大学循環器内科 助手
2009年
神戸大学循環器内科 講師
2010年
神戸大学循環器内科 准教授
2014年
神戸大学大学院医学研究科 特命教授
地域社会医学・健康科学講座 地域医療ネットワーク学分野
内科学講座 循環器内科学分野
内科学講座 総合内科学分野(兼任)

脂質異常症、高血圧、糖尿病性血管障害などを中心に循環器疾患全般に関する診療と、臨床・基礎的研究を行っている。

日本循環器学会専門医、日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本動脈硬化学会専門医、医学博士


このページの先頭へ
新家 俊郎:准教授

Dr.Shinke <専門分野>
循環器内科、虚血性心疾患、心不全、心血管カテーテルインターベンション、心機能、冠動脈画像診断

<プロフィール>
1992年
神戸大学医学部卒業
内科循環器の研修後、心臓カテーテル法、心機能評価法の研究を行った
1999年~
当院冠動脈疾患治療部に勤務し、急性心筋梗塞、重症心不全などの循環器救急疾患の診療に従事する
2006年~
助教となり、冠動脈、末梢動脈に対するカテーテルインターベンションを数多く手がける
2007年~
米国Saint Joseph’s Translational Research Instituteに留学から帰国後、2008年7月に助教に復帰
2010年~
講師
2012年~
現職

冠動脈インターベンション治療や画像診断法は日進月歩であり、最先端の知見を日常臨床に反映すべく診療と研究を行っています。

日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医・指導医、日本心血管インターベンション学会
指導医、医学博士
このページの先頭へ
山下 智也:准教授、外来医長

Dr.Yamashita <専門分野>
専門分野:循環器内科、動脈硬化、血管医学

<プロフィール>
1993年
神戸大学医学部卒業
大学病院などにて3年間の臨床研修
1996年
大学院に進学 血管内皮機能、動脈硬化に関連する基礎研究に従事
2003年~
米国サンディエゴ(UCSD)に留学 動脈硬化の基礎的研究に従事
2006年~
帰国後、特定助教 研究指導と病棟指導医として臨床に従事
2008年~
助教 循環器内科学生教育責任者として学生教育に従事
2011年~
病棟医長 診療ならびに研修医教育に従事
2012年~
神戸大学大学院医学研究科 講師
2014年~
神戸大学医学部附属病院 准教授  現在に至る

研究テーマは、免疫制御による動脈硬化性疾患の新規予防法の開発。最近、腸内細菌叢にも注目して臨床・基礎研究を進めており、冠動脈疾患発症に関連する腸内細菌のパターンを明らかにした。

日本循環器学会認定循環器専門医、日本内科学会認定医・指導医、日本動脈硬化学会動脈硬化専門医・指導医

■履歴についてはこちらもご参照ください。→山下智也・履歴(pdfファイル 193KB)

■循環器内科医になりたいと考えている学生・研修医は、遠慮なく研修のことや将来のことなども相談してください。
(初めてでも、e-mailで連絡していただいて構いません。自分の将来は、自分で決めないといけませんが、一人で悩みすぎずに連絡して、相談してください。)

mailto

ブログに循環器内科の近況やメッセージを更新しています。


このページの先頭へ
小林 成美:助教

Dr.Kobayashi <専門分野>
循環器内科、心不全・動脈石灰化に関する基礎研究、心臓リハビリテーション

<プロフィール>
1996年
神戸大学医学部卒業
1996~1999年
神戸大学医学部附属病院、市立加西病院において3年間の内科研修を行った
1999~2004年
大学院において心不全・心肥大の分子機序に関する研究を行った
2008年
神戸大学グローバルCOE研究員、動脈硬化における血管石灰化の成因についての研究を行った
2013年
特定助教、日本循環器学会女性研究者奨励賞を受賞
2016年
助教 現在に至る

心血管病の治療に役立つ基礎研究&臨床研究を行いたいと考えています。心臓リハビリテーションの多面的効果についての科学的エビデンスの構築を目指しています。
プライベートでは、保育園児の娘と10代の息子、2人の子どものお母さんです。若い医師、学生の皆さんを応援しています。進路や人生、なんでもご相談に乗りますので、いつでも気軽に声をかけてくださいね。

日本内科学会総合内科専門医・認定医、日本循環器学会専門医、医学博士


このページの先頭へ
福沢 公二:特命准教授

Dr.Fukuzawa <専門分野>
循環器内科、不整脈、カテーテルアブレーション、ペースメーカー治療、埋め込み型除細動器治療、心不全、心臓再同期療法(両心室ペーシング)

<プロフィール>
1998~1999年
神戸大学医学部卒業後、神戸大学で内科研修。 
1999~2009年
姫路循環器病センター/神戸大学循環器内科で循環器/不整脈の診療と研究に従事
2010~2011年
イタリア パドバ大学で不整脈源性右室心筋症に関する臨床研究に従事
2011~2012年
姫路循環器病センターで循環器/不整脈の診療と研究に従事
2012年7月~
特命助教
2015年4月~
現職

我々の武器(治療手段)である薬物治療、カテーテルアブレーション、ペースメーカー治療、心臓再同期療法、埋め込み型除細動器治療を駆使し心疾患患者の集学的治療を目指します。日々の診療から湧いてくる疑問/問題点を臨床研究で明らかにしていきたいと思います。

日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、医学博士
このページの先頭へ
田中 秀和:講師、病棟医長

Dr.Tanaka <専門分野>
心不全、心筋症、弁膜症、
Structural Heart Disease、心臓超音波法

<プロフィール>
1999年
近畿大学医学部卒業
1999~2002年
神戸医療センター 内科
2006年
神戸大学大学院医学研究科 循環呼吸器病態学 修了
2007~2010年
米国ピッツバーグ大学 循環器内科
2010年〜
助教
2014年〜
講師

“世界”で勝負できるよう臨床、研究に日々精進しております。

日本内科学会認定医、指導医、日本循環器学会専門医、日本心臓病学会特別正会員(FJCC)、日本超音波医学会超音専門医、日本超音波医学会超音波指導医、SHD心エコー図認証医、心臓リハビリテーション指導士、Fellow of the American College of Cardiology(FACC),Fellow of the American Society of Echocardiography(FASE), Fellow of the American Heart Association(FAHA), 医学博士

日本心エコー図学会代議員、日本超音波医学会代議員、日本心不全学会代議員、日本内科学会近畿支部評議員、日本循環器学会近畿支部評議員


このページの先頭へ
    大竹 寛雅:助教

Dr.Otake <専門分野>
循環器内科、虚血性心疾患、心臓カテーテル法、冠動脈画像診断

<プロフィール>
1999年
神戸大学医学部卒業。3年間の研修の後、当院循環器内科に勤務し、急性心筋梗塞、重症心不全などの循環器救急疾患の診療に従事する一方、心臓カテーテル法,冠動脈イメージングの研究にも従事
2007年
カリフォルニア州スタンフォード大学に留学し、血管内エコーを用いて次世代の薬剤溶出性ステントに関する研究を行った
2010年9月~
特定助教
2012年9月~
現職

様々なImaging modalityを用いて冠動脈疾患の研究を行うとともに、日々冠動脈インターベンションの研鑽を積んでいます。

日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、医学博士


このページの先頭へ
木内邦彦:特命助教(不整脈先端治療学部門

Dr.Kiuchi <専門分野>
循環器内科、不整脈、カテーテルアブレーション、ペースメーカー治療、埋め込み型除細動器治療、心臓再同期療法(両心室ペーシング)

<プロフィール>
1999年~
愛媛大学医学部卒業後、神戸大学で内科研修
2000年~
神鋼病院、神鋼加古川病院にて内科/循環器内科研修
2003年~
神戸大学循環器内科にて循環器/不整脈の診療と研究に従事
2006年~
三田市民病院にて循環器/不整脈の診療と研究に従事
2008年~
ドイツ ライプチヒ大学 ハートセンター電気生理学部門 クリニカルフェロー
2011年~
神戸大学循環器内科にて循環器/不整脈の診療と研究に従事
2012年~
姫路循環器病センターにて循環器/不整脈の診療と研究に従事
2015年4月~
現職

最先端の3Dマッピングシステム、イメージングモダリティーを積極的に導入し安全でかつ有効な不整脈治療を提供してまいります。

日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、日本不整脈心電学会認定不整脈専門医、Fellow of the Heart Rhythm Society(FHRS)、医学博士


このページの先頭へ
松本賢亮:特定助教

Dr.Matsumoto <専門分野>
心臓超音波、成人先天性心疾患、心不全、心筋症、弁膜症

<プロフィール>
2000年
弘前大学医学部医学科卒業
2000~2005年
宮城厚生協会坂総合病院
2005~2009年
兵庫県立姫路循環器病センター
2009~2012年
神戸大学大学院医学研究科循環器内科学分野 医員
2012年10月
~2013年1月
兵庫県立こども病院 循環器科
2013年
~2014年4月
神戸大学大学院医学研究科循環器内科学分野 医員
2014年5月~
現職

心臓超音波を用いて日々の循環器診療をリードするとともに、患者さんのためになるような臨床研究を行っています。

医学博士、日本内科学会(内科認定医、総合内科専門医)、日本循環器学会(循環器専門医)、日本超音波医学会(超音波専門医、評議員)、日本心エコー図学会(評議員)、日本心臓病学会、日本成人先天性心疾患学会、日本心エコー図学会SHD認証医、European Association of Cardiovascular Imaging(EACVI)


このページの先頭へ
中山和彦:特命助教

Dr.Nakayama <専門分野>
循環器内科、肺高血圧、血管分子生物学

<プロフィール>
2000年
広島大学医学部卒業
神戸大学循環器内科入局後、済生会中津病院で4年間臨床研修
2005年~
神戸大学大学院医学研究科博士課程で血管作動性ペプチドに関する研究に従事
2010年~
神戸薬科大学 臨床薬学研究室 助手として肺高血圧の基礎研究に従事
2012年~
同大学 助教
2014年~
現職

基礎研究に従事した経験を生かして、肺高血圧に関する臨床研究を進めてゆきたいと思います。リスク規定因子、重症度評価法、新規バイオマーカー探索、新規病態解明といった臨床的ニーズの高い課題に向けて取り組みます。

日本内科学会、日本循環器学会、日本肺高血圧学会(評議員)、医学博士


このページの先頭へ
森 俊平:特定助教

Dr.Mori <専門分野>
臨床心臓構造解剖、カテーテルインターベンション、カテーテルアブレーション、デバイス治療

<プロフィール>
2001年
新潟大学医学部医学科卒業
2001年~
宮城県古川市立病院
2004年~
国立循環器病センター心臓血管内科
2007年~
仙台厚生病院心臓血管センター循環器内科
2013年4月
神戸大学大学院医学研究科循環器内科学分野 入学
2013年5月
神戸大学大学院医学研究科循環器内科学分野 医員
2015年4月
神戸大学医学部附属病院冠動脈疾患治療部 特定助教
2017年7月
神戸大学大学院医学研究科循環器内科学分野 特定助教(現職)

誠実で説明可能な医療を心掛けています。臨床心臓解剖を追究しています。

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本循環器学会循環器専門医、日本不整脈学会不整脈専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医、植え込み型除細動器/ペーシングによる心不全研修修了、心電図検定1級、医学博士


このページの先頭へ
川森裕之:特定助教

Dr.Kawamori <専門分野>
循環器内科・虚血性心疾患、心臓カテーテルインターベンション、経皮的大動脈弁置換術(TAVI)における心臓CT

<プロフィール>
2001年
和歌山県立医科大学医学部卒業
2001年
神戸大学病院内科研修医
2002年
兵庫県立柏原病院内科研修医/専攻医
2004年
市立加西病院循環器内科専攻医
2006年
神戸大学病院循環器内科医員
2011年
兵庫県立柏原病院内科医長
2014年11月
米国ロサンゼルス Cedars Sinai Medical Centerに留学し、TAVI診療における心臓CTを学ぶ
2017年 4月
現職

米国で学んだ知識を活かし、当院におけるTAVI診療の貢献に努めます。また質の高い循環器診療を提供できるよう、取り組んで参ります。

日本内科学会総合内科専門医、日本循環器病学会専門医、医学博士


このページの先頭へ
原 哲也:特命助教

Dr.Hara <専門分野>
循環器イメージング(侵襲的+非侵襲的 分子イメージング)、動脈硬化、血栓症

<プロフィール>
2002年
神戸大学医学部医学科 卒業
2002年~
神戸大学医学部附属病院 研修医
2003年~
兵庫県立姫路循環器病センター 循環器科 専攻医
2005年~
神戸大学大学院 医学研究科(基礎研究)
2010年~
ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院 循環器科 リサーチフェロー(循環器疾患の分子イメージング研究に従事)
2015年~
現職

Physician-Scientistとして、臨床応用を見据えた基礎的研究を進めています。

日本内科学会 認定医、日本循環器学会 専門医、医学博士


このページの先頭へ
杜 隆嗣:内科学講座立証検査医学分野特命准教授

Dr.Toh <専門分野>
循環器内科、生活習慣病、動脈硬化、心不全

<プロフィール>
1997年
三重大学医学部卒業
兵庫県立淡路病院にて3年間臨床研修
2004年
神戸大学大学院医学研究科博士課程修了
心不全の病態解明および治療をテーマに研究に従事
2007年
神戸大学大学院医学研究科助教
各種降圧薬や脂質異常症治療薬の薬効評価を中心とした臨床研究を行う
2010年
スタンフォード大学医学部循環器内科研究員
2012年
現職

医療の発展には臨床検査の進歩が不可欠ですが、特にきめ細やかなテーラーメイド医療が求められる現在において、疾患リスクを迅速に見出し、層別化できる検査方法やバイオマーカーの確立は疾病対策のみならず医療経済の観点からも非常にニーズが高い課題です。
2012年より新たに設立された立証検査医学分野において新規バイオマーカーの開拓や新しい臨床検査の開発に取り組んでいます。一方、臨床検査に関する疫学的エビデンスを集積し、臨床の現場に還元することを目的に研究しています。

日本循環器学会専門医、日本内科学会総合内科専門医・指導医、医学博士


このページの先頭へ
川合宏哉:循環器高度医療探索学部門 客員教授、姫路循環器病センター 循環器内科 副院長 江本 憲昭:戦略的客員教授、神戸薬科大学教授 高谷 具史:客員准教授(循環器高度医療探索学部門)姫路循環器病センター 循環器内科医長 佐々木 直人:客員准教授 神戸薬科大准教授 全体写真2017 このページの先頭へ

HOMEご挨拶スタッフの紹介初期・後期研修研究活動学会・研究会のご案内関連病院関連学会