HOMEにもどる 教室の紹介 スタッフの紹介 前期・後期研修
研究活動
基礎研究 循環代謝グループ 炎症免疫グループ 臨床研究 心臓カテーテルグループ 心不全グループ 画像診断グループ 不整脈グループ 心臓リハビリテーショングループ 肺高血圧グループ
研究会のご案内 関連病菌 関連学会
患者の皆様へ医師・医学生の皆様へ
研究活動・臨床研究

不整脈グループ (不整脈先端治療部門、不整脈センター)

 不整脈グループでは頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション(心房細動、心房粗動、心房頻拍、発作性上室性頻拍、心室頻拍、etc)、重症心不全患者に対する両心室ペースメーカー(CRTP/D)、心臓突然死予防のための埋め込み型除細動器(ICD)や徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療を担当しています。

 大学院生は4年間でこれらに関する基礎知識と実技習得を目標に臨床業務にあたっています。また、大学院では学位論文作成が重要な目標となります。臨床業務を行う中から生まれた疑問を解決するべく、主に以下の臨床研究を積極的に行い、学会発表・論文作成に力を注いでいます。

  1. 難治性心房細動に対するカテーテルアブレーションストラテジーの検討
  2. 心房粗動のリエントリー回路に関する研究
  3. 房室結節回帰性頻拍(通常型・非通常型)のリエントリー回路に関する研究
  4. 器質的心疾患に合併した心室頻拍に対するアブレーションストラテジーと効果判定に関する研究
  5. 心臓再同期療法の抗・催不整脈作用に関する研究
  6. 心臓再同期療法の不応例を減じるための研究
  7. ICDの除細動閾値とUpper Limit of Vulnerability (ULV)に関する研究
  8. 糖尿病と心房細動発症に関する研究
  9. 心房細動による脳塞栓症予防に関する研究
  10. 心房細動と認知症に関する研究

不整脈に興味のある先生方、もしくは不整脈は苦手だが勉強したい先生方、下記までご連絡下さい。




<スタッフ>
福沢 公二  特命准教授  E-mail
木内 邦彦  特命助教
市堀 博俊  大学院生(4年)
小西 弘樹  大学院生(4年)
今田 宙志  大学院生(3年)
兵庫 聖大  大学院生(3年)
黒瀬 潤   大学院生(2年)
永松 裕一  医員
秋田 朋己  大学院生(1年)
末廣 英也  大学院生(1年)
このページの先頭へ
活動状況>基礎研究 活動状況>臨床研究

HOMEご挨拶スタッフの紹介初期・後期研修研究活動学会・研究会のご案内関連病院関連学会