HOMEにもどる 教室の紹介 スタッフの紹介 前期・後期研修
研究活動
基礎研究 循環代謝グループ 炎症免疫グループ 臨床研究 心臓カテーテルグループ 心不全グループ 画像診断グループ 不整脈グループ 心臓リハビリテーショングループ 肺高血圧グループ
研究会のご案内 関連病院 関連学会
患者の皆様へ医師・医学生の皆様へ
研究活動・臨床研究

心不全(心エコー図)グループ

 心エコー図検査は、超音波を利用することによって心臓の形態、機能を評価する画像診断法です。現在、心エコー図検査法は循環器診療において欠くことのできない検査法となり、あらゆる心疾患の診断に重要な情報を提供しています。また、病態の解明や治療法の選択にも寄与しており、臨床現場で最も活躍している診療技術の一つです。我々心不全グループは、心エコー図検査を熟知し、通常の診断、病態把握、治療選択のための経胸壁心エコー図検査を行うとともに、経食道心エコー図、負荷心エコー図、組織ドプラならびにストレイン画像法、3次元心エコー図など、多種類の特殊検査を行っています。我々はこれらの技術を駆使して、心不全の病態解明を行い、弁膜症、心筋症、先天性心疾患、Structural Heart Disease、重症心不全の診断と治療方針決定に関しては、臨床現場において中心的な役割を担っております。さらに心エコー図技術の開発や新しい臨床応用法に関する臨床研究を積極的に進めています。

心筋ストレイン”で心筋機能に迫る

 心機能を評価する一般的な方法として、左心室の内腔径の短縮率をみる%FSや内腔容積の変化率でみる駆出率(EF)があります。これらの指標は左心室全体の収縮機能をみる簡便な方法ですが、様々な心疾患の中にはそのような従来の評価法では病態評価が難しいことがあります。そこで我々は心筋そのものに焦点をあて、局所心筋機能を評価できる心筋ストレイン法に注目しております。心筋ストレインは局所心筋の“伸び縮み”を数値化した指標で、2次元ならびに3次元スペックルトラッキング法という超音波スペックルを利用した手法を用いて算出できます。我々のグループでも様々な病態に本法を用い、臨床に直結する研究成果を報告しています(下記業績参照)。現在もさらに多様な病態に対し、局所心筋機能評価に関する研究を進めています。

女性医師も活躍しています

 当グループには、以前より女性医師が多く在籍しております。女性医師の中には出産や子育てなどのブランクを経て仕事を再開する先生がおられますが、一旦臨床を離れても、心エコー図の技術と知識があれば自信を持って様々な心疾患の診断と治療方針が立てられます。また、グループ員の理解と協力により、妊娠、出産、子育てを経て心エコー図の検査や臨床研究をする環境が整っており、女性医師も学会発表や論文作成も積極的に行っています。

研究業績

心不全グループの研究業績などはこちらをご覧下さい。→achievements2017.pdf




<スタッフ>
田中 秀和   H11卒、講師、病棟医長
松本 賢亮   H12卒、助教
松添 弘樹   H20卒、医員
久松 恵理子  H18卒、大学院4年生
畑澤 圭子   H20卒、大学院4年生
羽渓 優    H21卒、大学院4年生
堂國 久美子  H22卒、大学院4年生
曽我 文隆   H22卒、大学院3年生
高田 裕基   H21卒、大学院2年生
須藤 麻貴子  H23卒、大学院2年生
向井 淳    H23卒、大学院1年生
横田 駿    H24卒、大学院1年生
柴田 奈緒   H24卒、大学院1年生
  海外留学中
元地 由樹   H18卒、Free University of Brussels
三好 達也   H18卒、MedStar Washington Hospital Center
  非常勤医師
辰巳 和宏   H13卒、辰巳内科医院
望月 泰秀   H17卒、大阪府済生会中津病院
佐野 浩之   H20卒、愛仁会高槻病院
大岡 順一   H20卒、宝塚市立病院
神戸大学循環器内科、心エコー図グループ2015 このページの先頭へ
活動状況>基礎研究 活動状況>臨床研究

HOMEご挨拶スタッフの紹介初期・後期研修研究活動学会・研究会のご案内関連病院関連学会