神戸大学医学部附属病院 肝胆膵外科

研究紹介

ホーム > 研究紹介 > 論文

論文

2012年 英文論文

  • Surg Today
    Repeating regional acute pancreatitis in the head of the pancreas caused by intraductal papillary mucinous neoplasms in the tail:report of a case
    42:398-402
    Asari S,Matsumoto I,Toyama H,Shinzeki M,Goto T,Shirakawa S,Yamada I,Ajiki T,Fukumoto T,Ito T,Ku Y
  • Hepatology Reserch
    The Japan Society of Hepatology Distinctive expression of CD133 between intraductal papillary neoplasms of the bile duct and bile duct adenocarcinomas.
    42:574-582
    Ohtsubo I,Ajiki T,Hori Y,Murakami S,Shimizu K,Itoh T,Shimizu M,Fukumoto T,Ku Y
  • Magnatic Resonance Imaging ELSEVIER
    HCC-to-liver contrast on arterial-dominant phase images of EOB-enhanced MRI : comparison with dynamic CT
    Kanata N,Yoshikawa,T Ohno Y,Kanda T,Uchida K,Izaki K,Fukumoto T,Ku Y,Itoh T,Kitajima K,Takahashi S,Sugimura K
  • World Journal of Surgery
    Springer
    Role of Intraoperative Cholangiography in Patients Whose Biliary Tree Was Evaluated Preoperatively by Magnetic Resonance Cholangiopancreatography 36(11):2661-2665
    Ueno K,Ajiki T,Sawa H,Matsumoto I,Fukumoto T,Ku Y
  • Shirakawa S Journal of Gastrointestinal Surgery
    Springer
    Pancreatic Volumetric Assessment as a Predictor of New-Onset Diabetes Following Distal Pancreatectomy
    16 (12):2212-2219
    Shirakawa S,Matsumoto I,Toyama H,Shinzeki M,Ajiki T,Fukumoto T,Ku Y
  • Surgery
    Epub ahead of print
    Gallbladder calcificatication leads to discovery of carcinosarcoma of the gallbladder
    152(5):934-935
    Ishida J,Ajiki T,Hara S,Ku Y
  • Digestive Endoscopy
    WILEY
    Duodenal protrusion by carcinosarcoma of the extrahepatic bile duct
    24(6)484
    Tanaka M,Ajiki T,Matsumoto I,Asari S,Fukumoto T,Masuda A,Shiomi H,Hayakumo T,Ku Y
  • Clin J Gastroenterol
    Wolters Kluwer
    A case of Iymphoepithelial cyst of pancreas with unique "cheerios-like"appearance in EUS
    5:388-392
    Gao W,Masuda A,Matsumoto I,Shinzeki M,Shiomi H,Takenaka M,Matsuki N,Funatsu E,Fujita T,Arisaka Y,Hayakumo T,Hara S,Ku Y,Azuma T,Kutsumi H
  • Journal of Hepatology
    EUROPEAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF THE LIVER (EASL)
    Superselective transarterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma.Validation of treatment algorithm proposed by Japanese guidelines
    1-7
    Takayasu K,Arii S,Kudo M,Ichida T,Matsui O,Izumi N,Matsuyama Y,Sakamoto M,Nakashima O,Ku Y,Kokudo N,Makuuchi M
  • Radiother Oncol
    A phase Ⅰ/Ⅱ study of gemcitabine-concurrent proton radiotherapy for locally advanced pancreatic cancer without distant metastasis
    103(1):25-31
    Terashima K,Demizu Y,Hashimoto N,Jin D,Mima M,Fujii O,Niwa Y,Takatori K,Kitajima N,Shirakawa S,Ku Y,Hishikawa Y,Abe M,Sasaki R,Sugimura K,Murakami M
  • Anticancer Research
    Feasibility of 18F-Fluorodeoxyglucose Positron-emission Tomography for Preoperative Evaluation of Biliary Tract Cancer
    32(11):5105-5110
    Yamada I,Ajiki T,Ueno K,Sawa H Otsubo I,Yoshida Y,Shinzeki M,Toyama H,Matsumoto I,Fukumoto T,Nakao A,Kotani J,Ku Y
  • Cancer Chemother Pharmacol
    Phase I trial of oral S-1 combined with gemcitabine and cisplatin for advanced biliary tract cancer (KHBO1002)
    69(5)1181-1188
    Kanai M,Hatano E,Kobayashi S,Fujiwara Y,Sakai D,Kodama Y,Ajiki T,Nagano H,Ioka T
  • J Hepatol
    The therapeutic effect of histone deacetylase inhibitor PCI-24781 on gallbladder carcinoma in BK5.erb B2 mice.
    57(1):84-91
    Kitamura T,Connolly,K Ruffino L,Ajiki T,Lueckgen A,DiGiovanni J,Kiguchi K
  • INTERNAL MEDICINE
    Successful Management of Obstructive Jaundice due to Gallstones with Eculizumab in a Patient with Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria
    51:2613-2616
    Kawano H,Minagawa K,Wakahashi K,Kawano Y,Sada A,Matsui T,Hirano H,Shiomi H,Ku Y,Katayama Y
  • Digestive Diseases
    Karger
    Novel Non-Trocar Technique for Laparoscopic Radiofrequency Ablation
    30:588-591
    Tsuchida S,Fukumoto T,Toyokawa A,Awazu M,Kusunoki N ,Kido M,Takahashi M,Tanaka M,Kuramitsu K,Kim S R,Ku Y,Kudo M

ページの先頭へ

2012年 邦文論文

  • がんサポート
    膵がんの粒子線治療 患者さんにとって治療の選択肢に?!膵がんの粒子線治療の可能性 難治の局所進行膵がん治療に効果を発揮
    106(1):36-39
    外山 博近
  • 臨床外科
    特集「切除困難例」への化学療法後の手術根治療切除はどこまで可能か 肝癌に対する術前化学療法
    67(1):54-58
    津川 大介、福本 巧、具 英成
  • 外科
    特集 肝細胞がん update2012 1.肝細胞癌の疫学
    74(2):115-120
    蔵満 薫、福本 巧、具 英成
  • 日本消化器外科学会雑誌
    肝外胆管原発のいわゆる癌肉腫の1例
    45(3):282-289
    篠崎 健太、味木 徹夫、岡崎 太郎、沢 秀博、上野 公彦、木戸 正浩、松本 逸平、福本 巧 、伊藤 智雄、具 英成
  • 膵・胆道癌 FRONTIER
    ゲムシタビン併用陽子線治療を行い3年以上の生存が得られている局所進行切除不能膵癌の1例
    2(1):46-47
    松本 逸平、新関 亮、外山 博近、浅利 貞毅 、後藤 直大、白川 幸代、田中 正樹、山下 博成、味木 徹夫、福本 巧、具 英成、寺嶋 千貴、村上 昌雄
  • 胆と膵 特集
    十二指腸乳頭部癌ー診断・治療の最前線ー早期乳頭部癌の臨床的特徴と治療
    33(3):249-254
    大坪 出、味木 徹夫、上野 公彦、沢 秀博、松本 逸平、福本 巧 塩見 英之、増田 充弘、久津見 弘、具 英成
  • 外科
    特集:膵癌Update2012 Ⅲ 治療 最新の膵癌粒子線治療
    74(5):530-534
    新関 亮、松本 逸平、寺嶋 千貴、白川 幸代、外山 博近、浅利 貞毅、味木 徹夫、福本 巧 村上 昌雄、具 英成
  • 胆と膵
    特集:膵癌に対する陽子線治療効果判定におけるFDG-PETの有用性
    33(5):427-432
    白川 幸代、松本 逸平、寺嶋 千貴、外山 博近、新関 亮、味木 徹夫、福本 巧、村上 昌雄、具 英成
  • 腫瘍内科
    特集 肝・胆・膵腫瘍の薬物療法ー最新の進歩 胆道がん(3)術後補助療法の現状と課題
    9(6):688-691
    味木 徹夫、上野 公彦、岡﨑 太郎、松本 逸平、福本 巧、 具 英成
  • 消化器外科学レビュー
    1.肝細胞癌
    73-79
    蔵満 薫、福本 巧、具 英成
  • 膵・胆道癌 FRONTIER
    胆道癌化学療法はこう変わる、こう変える
    2(2):4-11
    味木 徹夫
  • 癌の臨床
    特集:化学療法の進歩に伴う進行膵胆道癌の手術適応
    非切除胆道癌に対し化学療法施行後に切除に至った症例の検討
    58(5):273-279
    味木 徹夫、岡﨑 太郎、村上 冴、吉田 優子、篠崎 健太、大坪 出、松本 逸平、福本 巧、具 英成
  • Science of Kampo Medicine
    門脈・下大静脈腫瘍栓,多発肺転移を伴う肝細胞癌に対し十全大補湯が有効であった1例
    36(4):303-307
    浦出 剛史、音羽 泰則、蝶野 晃弘、横山 邦雄、森本 大樹、平田 建朗、河村 史朗、島田 悦司、五木 麻里、福本 毅、池垣 なつ
  • 消化器内科
    胆道癌に対するR2手術十化学療法
    55(3):371-375
    味木 徹夫、岡﨑 太郎、上野 公彦、村上 冴、吉田 優子、松本 逸平、福本 巧、具 英成
  • 癌と化学療法
    術前経皮的肝灌流化学療法と肝切除にて完全奏効した両葉多発肝細胞癌の1例
    39(12):1825-1827
    浦出 剛史、田中 基文、福本 巧、木戸 正浩、土田 忍、高橋 応典、武部 敦志、蔵満 薫、粟津 正英、中馬 正志、福島 健司、宗 慎一、田井 謙太郎、藤本 将人、外山 博近、新関 亮、松本 逸平、味木 徹夫、具 英成
  • 癌と化学療法
    ダブルバルーン内視鏡で確定診断し治療した術後再発胆管癌の3例
    39(12):1877-1879
    篠崎 健太、味木 徹夫、岡崎 太郎、吉田 優子、村上 冴、大坪 出、白川 幸代、田中 正樹、沢 秀博、後藤 直大、浅利 貞毅、上野 公彦、外山 博近、新関 亮、木戸 正浩、松本 逸平、福本 巧、早雲 孝信、具 英成
  • 癌と化学療法
    膵癌術後肝転移に対する経皮的肝灌流化学療法(PHIP)の治療経験
    39(12):1886-1888
    外山 博近、松本 逸平、新関 亮、白川 幸代、田中 正樹、山下 博成、味木 徹夫、上野 公彦、沢 秀博、大坪 出、村上 冴、木戸 正浩、福本 巧、具 英成
  • 癌と化学療法
    膵癌Gemcitabine併用陽子線療法後に発症した間質性肺炎の1例
    39(12):2158-2160
    田中 正樹、松本 逸平、新関 亮、外山 博近、浅利 貞毅、後藤 直大、白川 幸代、山下 博成、沢 秀博、高橋 応典、上野 公彦、土田 忍、木戸 正浩、味木 徹夫、福本 巧、具 英成
  • 癌と化学療法
    硬化性胆管炎合併胆管癌に化学療法を行い長期生存した2例
    391(2):2122-2124
    大坪 出、味木 徹夫、岡﨑 太郎、篠崎 健太、吉田 優子、村上 冴、新関 亮 、木戸 正浩、松本 逸平、福本 巧、具 英成
  • 肝臓
    腹腔鏡下ラジオ波焼灼術におけるNon-Trocar Technique の有用性
    53(7):432-433
    土田 忍、福本 巧、味木 徹夫、楠 信也、木戸 正浩、高橋 応典、田中 基文、蔵満 薫、金 守良、具 英成
  • 胆道
    リンパ節・卵巣転移を伴った若年助成のIntraductal Papillary Neoplasm of Bile Duct (IPMB)の1例
    26(2):231-236
    吉田 優子、味木 徹夫、上野 公彦、大坪 出、村上 冴、篠崎 健太、松本 逸平、福本 巧、具 英成、神澤 真紀、伊藤 智雄
  • 外科
    胆嚢癌手術に必要な局所解剖
    74(12):1386-1389
    味木 徹夫、岡﨑 太郎、松本 逸平、福本 巧、具 英成

ページの先頭へ

Copyright (C) 2009 神戸大学医学部附属病院 肝胆膵外科 All Rights Reserved.